アトピー改善中、ストレスで暴飲暴食をしていました!

私は「れのあ式」でアトピーを改善しました!

でも、順風満帆に改善してきたわけではありません。

時には泣きながら、

やけっぱちになったり、

イライラしたり、

紆余曲折して改善しました。

これらストレスの引き金は、

私の場合には「食事」が多かったと思います。

 

 

アトピー改善には、

「食事改善」がつきものです。

それを知ったのは、れのあと出会ってからです。

皮膚科に通っていた時には、

お医者さんには一度も指摘されませんでした。

 

 

私は

甘いスイーツやお菓子、お肉も、お米も、パンも、麺も食べることが大好きです。

今までは何も気にせず食べてきたのに、

れのあ式を始めた途端、食べない方が良い食品ばかりになりました。

(れのあ式の食事についてはこちらをご覧ください↓)

「アトピー改善のために摂ってほしい食事・摂らない方が良い食事」

 

 

毎日の食べれないストレスの積み重ね。

テレビでは美味しそうな食べ物が登場する。

家族が目の前でケーキを食べている。

アトピーを改善するためとわかってはいても食べたい欲求が募ります。

でも食べたらいけいないという葛藤。

これらの感情が常に脳内を駆け巡ります。

 

 

そうして精神的に我慢の限界を迎えると、

暴飲暴食をしていました!

家中の食品を手当たり次第に食べまくりました。

吐くほどに。

家族の前で(あなたたちが目の前でケーキを食べたからだと言わんばかりに)

 

 

暴飲暴食をした結果、

後悔が襲います。

「また食べちゃった。」

そして身体全身が痒くなるのです・・・

反省して食事を気を付けるようになります。

でもストレスは溜まります。

だからまた暴食暴食をします。

アトピーが悪化するという負のループを繰り返していました。

 

 

食べない方が良い理由はちゃんと理解しているのに、

気持ちがついていけなかったのですね。

 

 

この負のループを止めるためにどうしたかというと、

月に1度、ご褒美の日を設けて、食べたいものを食べるということ。

イチゴのケーキが食べたかったら、

身体によくないからとイチゴだけで我慢するのではなくて、

イチゴのケーキをちゃんと食べることをしました。

そうすると気持ちが安定し、暴飲暴食がなくなりました。

 

 

これは例えなので、

私のように、ご褒美の日を作ってほしいのではありません。

「こんなことをしていても改善できた人がいる」

ということを頭の片隅にでも入れていただけたら嬉しいです。

私のように、いろいろな悩みを抱えながらも改善された方を見てきました。

悩みのない方はいませんでした。

「自分もきっと大丈夫!」と思えてきませんか?

 

 

悩んだり、悲しかったり、

苦しむこともあるかもしれません。

つまずいたら、LINE相談室でお話を聞かせてください(^^♪

 

The following two tabs change content below.
ミーホ
施術スタッフ。LINEアトピー相談室担当。Instagram担当。   アトピーに悩んでいた高校生の時、れのあに出逢いました。 大変だった重度のアトピーからの改善を経て、今は仕事もプライベートも毎日が楽しいです。 アトピーを一緒に乗り越えてくれた両親や兄にとても感謝しています。 そして皮膚が綺麗になって世界が広がりました(^^) アトピーのおかげです。 アトピーが辛く家に引きこもっていた時に、アニメとアニメソングに心救われ元気になりました。今も歌うことが大好きでハマっています。 姪っ子ちゃん(兄の子供)の可愛さにメロメロな日々です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
アトピーくらぶ れのあ