れのあの食材の選び方!これからの季節に食べたい野菜。

暑い日が増えてきましたね~

もう夏は目前です!

我が家では夏野菜を収穫するために、

苗を植える作業をしています。

トマト、キュウリ、ナス、ピーマン、ししとう、

ゴーヤ、ズッキーニ、枝豆、オクラなどなど

毎年の楽しみになっています。

 

 

れのあ式の食材の選び方の一つです。

『季節の旬のものを食べましょう』

昔から東洋で伝わる考え方です。

 

 

れのあと出会って、初めて聞いたとき、

「そうだよね。スーパーで買えば季節に採れた野菜を売ってるよね。」と私は思っていました。

でも違っていました!

スーパーには、春でも夏でも秋でも冬でも、いつも同じ野菜が並んでいました。

現代はハウス栽培などで、季節に関係なくお野菜が採れるようです。

そこで初めて「旬を意識して食べ物を選んでいなかった!」と気づきます。

 

 

例えばトマトは夏のお野菜です。

みずみずしいですよね~

水分たっぷりなので、トマトは暑さで火照った体を冷ましてくれます。

夏に摂れる野菜は、夏に食べるから意味があるんです。

自然ってすごいな~と思うのですが、

夏には、夏に食べるのによい野菜が、

春には、春に食べるのによい野菜が、

それぞれ季節ごとに採れるんですよね。

 

 

トマトは、一年中スーパーにありますが、

冬に食べたらどうでしょう。

アトピーさんは体が冷えている方が多いのに、

なおさら身体を冷やしてしまいます。

夏でも、冷房の効いた部屋にいたらどうでしょう。

身体は暑くないので、冷えてしまうかもしれません。

 

 

夏野菜は苦いのも特徴的です。

ゴーヤはその代表ですね。この苦さも夏には良いとされています。

今のお野菜は品種改良などで食べやすくなっているため苦みを感じにくいですが、

その話を聞いてから「そういえばキュウリも苦いな・・・夏だけにしよう」と考えるようになりました。

私は無類のきゅうり好きで毎日おやつに食べていましたから、そりゃ身体が冷えるわけです(笑)

 

 

でも、どうしてもきゅうりが食べたい時は、

身体を温める「味噌」をつけて食べました。

トマトも味噌味で煮て食べました。

加熱したり身体を温める食材をプラスすることで、

身体を冷やしにくくしたのです。

これは「食の陰陽論」というのですが、

話し出すと長くなってしまうので、

「RenoTube」でご紹介している動画をご覧ください♪

 

 

『季節の旬のものを食べましょう』

身体が冷えるなと感じたら、

もしかしたら夏野菜ばっかり食べているかも??

旬を意識して食材を選んでみてください!

これもアトピー改善のためのれのあ式の考え方です。

 

The following two tabs change content below.
ミーホ
施術スタッフ。LINEアトピー相談室担当。Instagram担当。   アトピーに悩んでいた高校生の時、れのあに出逢いました。 大変だった重度のアトピーからの改善を経て、今は仕事もプライベートも毎日が楽しいです。 アトピーを一緒に乗り越えてくれた両親や兄にとても感謝しています。 そして皮膚が綺麗になって世界が広がりました(^^) アトピーのおかげです。 アトピーが辛く家に引きこもっていた時に、アニメとアニメソングに心救われ元気になりました。今も歌うことが大好きでハマっています。 姪っ子ちゃん(兄の子供)の可愛さにメロメロな日々です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
アトピーくらぶ れのあ