腸内環境は赤ちゃんのうんちを見習う!

私には、5歳年上の兄がいて、

兄には奥さんと3歳の娘がいます。

そこに、小さな命が誕生しました!

今は、生後2週間です。

 

 

赤ちゃんは、基本寝ていますが、

1時間おきにママのおっぱいを飲むために起きます。

ママのおっぱいを飲んだら、

すぐうんちをします。

そのうんちは見事な「黄金色」です!

 

 

れのあでは、アトピー改善のために腸内環境を大事にしています。

腸で免疫の70%が作られるといいます。

それだけ腸内環境は免疫に大事ということです。

その腸内環境は便でチェックしています。

便の状態が良いと、

「食べているものが合っていて、腸内環境が良い状態」という目安になります。

そのチェック項目の一つに、便の色があり、

濃い黄色の便が出ていると腸内環境が良いと考えます(食と腸内環境について詳しくはこちら

まさに赤ちゃんの腸内環境は目指したい理想の状態と言えます。

 

 

ですがそれはなかなか難しいことです。

赤ちゃんは母乳しか飲まないので、

この腸内環境を維持できるのですが、

大人は色々なものを食べるので、食べ物の影響を受けるからです。

そのため、口にするものはきちんと選ぶことが大切だと思います。

 

アトピーの赤ちゃんは授乳期間中が改善のチャンスと考えるのもこのためです。

離乳食が始まると腸内環境も変わるのです。(赤ちゃんの体質改善について詳しくはこちら

 

 

私も、赤ちゃんのうんちを見て「立派だな~」と感心しました。

そして自分の最近のお通じを振り返ると「そういえばいまいち・・・」

最近の生活を振り返ると、お祝いと称して食が乱れていたかも(-_-;)

食べ過ぎになっていたかも・・・

食物繊維を食べれていないかも・・・

動物性の食品が多かったかも・・・

 

 

おまけに運動不足でした。

なんせ、姪っ子とおいかっけこをして筋肉痛になってしまうくらいでしたから(-_-;)

 

 

沢山歩いて運動不足を解消するとともに、

食生活の見直しをしようと思います。

そして「飲む乳酸菌」を多めに摂って腸内環境を整えたいと思います。

珈琲や紅茶を飲む頻度が増えていたので、「ヘキサゴン30のコア水」を飲む機会が減っていました。

腸内環境を早く良くするために純粋にコア水だけを飲んでみようと思います。

 

 

皆さんのお通じの様子はいかがですか?

「あれ?」と思ったら、運動や口に入れるものを変えてみて下さい。

 

 

ちなみに、赤ちゃんも起きているときは、

手や足をバタバタ動かしています。

助産師の義姉はその動きを見て「たくさん運動してるね~」といいます。

生まれたばかりの赤ちゃんでさえ運動しているのだから、

「私ももっと運動しないと」と背中を押されました。

 

The following two tabs change content below.
ミーホ
施術スタッフ。LINEアトピー相談室担当。Instagram担当。   アトピーに悩んでいた高校生の時、れのあに出逢いました。 大変だった重度のアトピーからの改善を経て、今は仕事もプライベートも毎日が楽しいです。 アトピーを一緒に乗り越えてくれた両親や兄にとても感謝しています。 そして皮膚が綺麗になって世界が広がりました(^^) アトピーのおかげです。 アトピーが辛く家に引きこもっていた時に、アニメとアニメソングに心救われ元気になりました。今も歌うことが大好きでハマっています。 姪っ子ちゃん(兄の子供)の可愛さにメロメロな日々です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
アトピーくらぶ れのあ