【レシピ】絹さやと桜エビのガーリック炒め

料理の色どりに使われることの多い絹さや
今が旬の時期なので、自然農法の農家さんからたくさん送られてきました。

この旬の時期にしかできない、絹さやメインのレシピです。

れのあでは「一物全体食」をおすすめしています。
丸ごといただくからバランスよく栄養を摂ることができます。

野菜なら、皮もむかない。
魚なら、頭からしっぽまで食べられる大きさのもの。

桜エビも、エビを丸ごと一尾そのまま食べるので「一物全体食」ですね。
特にカルシウムやミネラルが豊富なので、おススメです。

 

材料

●絹さや ……… 200g
●乾燥桜エビ … 大さじ3
●ニンニク …… 1片
●オリーブオイル…大さじ1
●塩     … 小さじ1/2
 

つくり方

【1】絹さやは筋を取り、水にさらしておく。

【2】フライパンにオリーブオイル、みじん切りにしたニンニク、桜エビを加えて、弱火で香りが出るまで炒める。

【3】水けを切った【1】を加えて、蓋をして1~2分蒸し焼きにする。

【4】蓋を取り塩を加えて、少し火を強めて、水分を飛ばしたら出来上がり。

 

The following two tabs change content below.
妙ちゃん

妙ちゃん

料理担当。Instagram(れのあキッチン@renoa_kitchen )担当。   スイーツ作りやお料理が大好きです。重度のアトピーだった私ですが、19歳の時に薬に頼らないことを決意しました。 皮膚の調子に一喜一憂しながらも、周りの方たちに励まされながら体質改善をがんばり、 だんだん楽になってきました。 傷んだ皮膚を強くするためにたくさん出かけた海は、今でも大好きです。 夏がいつも待ち遠しいです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
アトピーくらぶ れのあ