恋々農園さんの畑ごはん

    夏野菜のピーマンわた炒め

    みなさん、ピーマンのわたと種捨てていますか?もちろん、食べられますが、独特な苦みと青臭さがあるので苦手な人もいると思います。恋々家では、最近、わたと種もいただいています。種にはカリウムが豊富に含まれています。また、ピラジンも含まれており、血行促進の効果があります。今年の暑い夏は、ピーマンのわたと種もいただいて元気に乗り切りましょう(^^)/

     

     

    材料

    ピーマントマトナスなど:適量

    ニンニク:適量

    コショウしょう油:適量

     

    作り方

    01野菜をよく洗います

     

    02野菜を切ります。もちろんピーマンのわた、種も使います

     

    03野菜を炒めます

     

    04火が通ったら、味付けをし完成です

    梅酵素

    梅雨は梅の季節でもあります。

    恋々農園でも、今年もたくさんの梅が収穫できています。

    梅の匂いはすがすがしくて癒されます

    その梅を使って、梅酵素を作っています。

    おいしいくて暑い日はつい、飲みすぎてしまいそうになるので注意が必要です。

    国産の無農薬梅が手に入ったら、ぜひ、手作り酵素にチャレンジして、暑い夏を乗り切りましょう(^^)/

     

     

     

     

     材料

    :適量
    黒砂糖:適量

    *梅:黒砂糖=1:0.6の割合で発酵します

     

     作り方

    01梅をよく洗います。青梅であれば、水に漬けて灰汁を抜きます。

     

    023つくらいに切れ込みを入れます。

     

    03保管するビンに梅、黒砂糖の順に交互に入れます。

     

     

    051日経過すると、黒砂糖が溶け出します。
    *毎日、朝晩、よく洗った傷がない手で、かき回します
    すぐ発酵しだすので蓋は軽く閉める程度にします

     

    071週間から10日ぐらいで完成です。

     

    08水で薄めていただきます。

    *梅を除き、濾してから、ビンに入れ替えて、冷蔵庫に保存します。
    *1か月間ぐらい保存できます。

    玉ねぎのサラダ

    梅雨に入りそうな季節となってきました。梅雨に入る前に玉ねぎは掘り出し、天日に干します

    天日に干された玉ねぎは日持ちがし、長期間おいしくいただけます

    掘り出したばかりの玉ねぎは生でも食べられ、特に、赤玉ねぎは血液サラサラに効果的です。

    この時期は、恋々家では玉ねぎのサラダが毎日のように食卓に出ます

    新玉ねぎを手に入れましたら、ぜひ、生のままいただきましょう(^^♪

     

     

     

     材料

    新玉ねぎ(できれば赤玉ねぎで):適量
    レタスなど:適量
    ドレッシング(オニオンドレッシング風):適量
      玉ねぎ、酢、ごま油、アマニ油、醤油

     

     作り方

    01玉ねぎを洗い、皮をむきます
     スライサーでスライスします

     

     

    02洗ってちぎったレタスにスライス玉ねぎをのせます

     

     

    03玉ねぎをおろし金ですります

     

     

    04ごま油大さじ1、アマニ油大さじ1、しょう油大さじ1、酢おおさじ1を入れる
    さらにゴマを加えます

     

     

     

    05オニオンドレッシングをかけて完成

     

    *さっぱりとしたドレッシングで玉ねぎ血液サラサラ効果倍増です

    *蒸し暑い日でもたくさんいただけますよ(^^)/

    そら豆の素焼き

    初夏そら豆の旬の季節です。

    空に向いているそら豆が実を太らせると、地面を向くようになり、その時が食べごろです。

    まるまる太ったそら豆はホクホクしていて、とてもおいしいです。

    塩ゆでもおいしいですが、今回はそのままさやごと素焼きにしてみました。

    豆の風味がおいしくつまみには最高です(^^)/

     

     

     材料

    そら豆:適量
    :適量

     作り方

    01そら豆をよく洗います。

     

    02グリルに並べて焼きます

     

    03しっかり焦げ目がついたら塩をかけて完成です。

    竹の子の煮つけ

    春は筍の季節でもあります。今年は縁があって、筍掘りをさせていただき、たくさんの筍をいただきました。

    ひょっこり顔を出した筍を見つけ、掘りだすのは意外に難しく、思ったように鍬を使えませんでした。

    自然の恵みをおいしくいただき、幸せな気持ちになりました。

    筍が手に入ったときには、ぜひ、煮つけをしてみてください(^^)/

     

     

     

     材料

    :適量
    ぬか:適量(筍1本につき一つかみ)
    醤油、てんさい糖:適量

     作り方

    01筍はよく洗い、穂先を斜めに切り落とします。

    皮を3枚ほどはがし、底の部分を切り取り、赤いブツブツもきれいにします。

    縦に切り込みも入れます。

     

    02鍋にぬかも入れ(唐辛子も入れたりします)、中蓋して沸騰させます。

    沸騰したら、弱火にして50分ぐらい煮ます。

     

     

    03柔らかくなったら、火を止め、一晩そのまま置いておきます。

     

    04筍を取り出し、洗います。

     

    05水に入れ、毎日水を取り替えれば、数日日持ちします。

     

    06筍を一口大に切り、醤油、てんさい糖で味付けします。

     

    07味がついたら完成です。

     

    筍の炊き込みご飯もおすすめですよ(^^♪