恋々農園さんの畑ごはん

今までの記事

 

    かき菜のおひたし

    春は芽吹きの季節です。

    あちこちでいろいろな芽が出始め、見た目にも楽しくなります。

    芽吹いたものを頂くと、甘くて苦みのあるものがあります。

    かき菜は芽吹いた芯を手で折って収穫します。

    ですので、それは柔らかく、おひたしにするととてもおいしくいただけます。

    新鮮な青菜菜の花かき菜を手に入れましたら、ぜひおひたしをお勧めします(^^)/

    新鮮な青菜、菜の花、かき菜を手に入れましたら、ぜひおひたしをお勧めします(^^)/

     

    材料

    かき菜:一束ぐらい

    作り方

    01かき菜を洗う

    かき菜を洗う

     

    02お湯でさっとゆでます

    お湯でさっとゆでます

     

    03柔らかくなっらお湯から出します

    柔らかくなっらお湯から出します

     

    04水気をしぼり、切ります

    水気をしぼり、切ります

     

    05お醤油をかけていただきます

    お醤油をかけていただきます

    プチヴェールサラダ

    最近、青果市場でプチヴェールを見かけるようになりました。

    プチヴェールは、とても甘みがあり、栄養満点です。

    恋々農園では、今年の寒さに負けず、しっかり成長してくれて、

    貴重な新鮮野菜を提供してくれました。

    調理法としては、簡単で1~2分ほどゆでるだけで、いろいろな料理に使えます。

    今回は、もっともシンプルなサラダにしていただきました。

     

    材料

    プリヴェール:           5~6個
    レタスなどのお野菜:        適量

    作り方

    01プチヴェールを洗います。

     

    021~2分ほどゆでます。

     

    03緑色が濃くなったら、お湯から出して、水分をきります。

    04盛り付けして完成です

     

    *お好きなドレッシングをかけてお楽しみください(^^)/

    白菜の本格漬け

    寒さ厳しくお野菜も高いままの市場ですが、
    白菜の本格付けはおすすめの漬物です。

    食物繊維が豊富で乳酸菌もとれる優れものです。

    乳酸菌は腸内環境を整え免疫機能を活性化してくれます

    白菜がまとまって手に入ったときは、ぜひ、おためしあれ(^^)/

     

     

    材料

    白菜:           1株(約2.5㎏)
    あら塩:          75g(白菜の重さの3%)
    おこのみで赤唐辛子、昆布: 適量

     

    作り方

    01白菜を1/8に切り、軽く洗い、水けをきり半日干します。

     

    02容器の底に塩を少し振り、白菜の軸と軸の間に入るようにします。

     

    03切り口を横にして、互い違いになるように入れます。

     

    04手でぎゅっと押して、中ふたをします。

     

    05重しをのせます。白菜の2倍の重さです。

     

    06北側の冷暗所に置きます。

     

    07約3日もすれば水が上がってきます。
    水が上がってきたら、重しを半分にします。

     

    08あと3~4日もすれば食べごろです。

     

    09さっと洗って食べやすい大きさに切り、お皿に盛り付けします。

     

    *冷蔵庫入れて、1週間は保存できます。

    プチヴェールの炒め物

    プチヴェールケール芽キャベツから誕生した新種のお野菜です。

    ビタミンカロテン鉄分カルシウムなどのミネラルを多く含んでいます。

    ピンポン玉ほどの大きさで芽キャベツに似た形で、
    甘みがあり、調理が簡単で利用範囲が広いです。

    熱湯で1分半~2分湯がくだけでフランス料理をはじめ
    洋食和食中華とどんな料理にも利用できます。

    今回は簡単に炒め物にしました。
    スーパーなどで手に入りましたら、いろいろ挑戦してみてください(^^)/

     

     

    材料

    プチヴェール: 20~30g
    キャベツ:   2~3枚
    塩、こしょう: 少々

     

    作り方

    01よく洗い、小さくちぎります

     

    02野菜を炒め、味付けします

     

    03盛り付けして完成です

     

    *湯がいたほうが柔らかく食べられるかもしれません。
    *シチューなどの煮物もおすすめですよ。

    切り干し大根

    今回は料理編ではありません。
    今年の冬はお野菜のお値段が高くなかなか手に入れにくくなっていますが、

    たくさんの大根があるときには、切り干し大根を作るようにしています。
    切り干し大根は、太陽からのエネルギーを吸収していて、ありがたい陽性の食材となります。

    出汁煮物に使えて便利ですよね。

    とても簡単に作れますのでお勧めいたします(^^♪

    <材料>

    ・大根:1本
    ・干し用のかご

    <作り方>

    01大根をよく洗います。無農薬であれば、皮のまま使います。

     

    02包丁で柵状にも切りますが、専用の道具を使います。

     

    03野菜干し用のかごに入れます。

     

    042週間干して完成です。

     

    *雨の日は濡れないように軒下に入れます
    *乾燥材と一緒に袋に入れて、冷暗所で保存すると半年間は持ちますよ(^^)/