切り干し大根だしのみそ汁

冬の恋々農園では、大根がたくさん採れるので、
食べきれないときは、切り干し大根にします。

20170130-1

 

もちろん無農薬ですので皮ごと一緒に干します。

20170130-2
 

2週間しっかり干すことによって、
天日のありがたい力を吸収した切り干し大根が出来上がります。

それを使っての出し取りが日課となっています。
みそ汁にするのがほとんどですが(^^)/

 

<材料(3~4人分)>

切り干し大根: ひとつかみ
だし用昆布: 10~15cm
干ししいたけ: 3個
無添加だし: 1袋
: 500~600㏄程度
味噌: 大さじ3
お好きな具: 豆腐、ワカメなど

 

<作り方>

01 切り干し大根とだし昆布、干ししいたけを洗い、鍋の中に入れます。

20170130-3

 

02 沸騰させてから中火で約8分煮ます。

20170130-4

 

03 だし用の具材はお好みでそのまま具にもしたりします。
      今回はほとんど入れませんでした。

20170130-5

 

04 味噌をこのだしから適量取ってすります。
      香りが出るまでしっかりするのがポイントです。

20170130-6

 

05 残りのだしと合わせて完成です。

      具はお好みでどうぞ。

20170130-7

 

The following two tabs change content below.
恋々パパ

恋々パパ

家族4人全員がアトピーでした。 医療従事者でしたが薬では改善できないことに気づき、模索していた時、れのあHPを見つけ、相談室を利用しながら改善していきました。 また、無我夢中で、二人の子どものアトピーを改善するために切磋琢磨していた時、無農薬の野菜を食べさせたいと家庭菜園をはじめ、自然農に出逢いました。    自然農を知ったからと言ってすぐに作物ができる訳ではありません。肥料を止め、土に本来の力がよみがえるまで、土の断食が必要です。 また、ゆっくり育つ自然農の野菜を見ていると、あせらずに信じて待とうと思えました。 子どものこともあせらずに待つことが出来たら、アトピーが次第に良くなってきました。 人間も畑も、自然の状態に近づくことが大事だと、気づかされました。 アトピーが、自然農のすばらしさを日本中に広めるという、 これからの私の役割を与えてくれたような気がして、感謝してやみません。
恋々パパ

最新記事 by 恋々パパ (全て見る)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
アトピーくらぶ れのあ