たくわん作り

発酵食品の代表であるたくわん
たくわんは、余分な添加物を入れないで作ると、陽性の保存食となります。
途中、発酵して水分が上がってくると、とても匂いがして、都市部ではなかなか作りにくいかもしれません。
それでも、チャンスがあればぜひ、お勧めしたい食材ですね。

20170227-2

たくわん作りは、大根を干すことから始まります。
2週間ほど干すと程よく水分が抜け、「し」の字に曲がるようになります。
そのようになれば、たくわん漬け作業に入れます。

 

<材料>

干し大根: 2週間ほど干したもの(10本程度)

以下、干し大根の重さに対し、
: 3~5%
米ぬか: 10~20%
トウガラシ: 2~3本
てんさい糖: 1~4%

 

<作り方>

01 大根の葉を切り離す

02 大根の重さを測る

03 米ぬか、塩、てんさい糖、トウガラシをボールで混ぜる
    ※ひとつかみは最後に上部に振りかけるために残しておく

20170227-3

 

04 漬物樽の底に米ぬかを振る

20170227-4

 

05 干し大根を樽の形に合わせながら、隙間を作らないように入れる

06 一段ごとにぬかを入れ、最後に大根の葉を敷き詰める

 

07 中蓋をして重石をのせて冷暗所に置きます
    ※重石は大根の2~3倍の重さにします

20170227-5

 

08 7~10日ほどして水が上がってきたら重石を半分にします

09 さらに水が上がってきて、2週間もすれば食べられます
    ※空気に触れさせないことが一番の保存法です

20170227-6

 

※時間が経つほど熟成した味になります

20170227-1

 

 

The following two tabs change content below.
恋々パパ

恋々パパ

家族4人全員がアトピーでした。 医療従事者でしたが薬では改善できないことに気づき、模索していた時、れのあHPを見つけ、相談室を利用しながら改善していきました。 また、無我夢中で、二人の子どものアトピーを改善するために切磋琢磨していた時、無農薬の野菜を食べさせたいと家庭菜園をはじめ、自然農に出逢いました。    自然農を知ったからと言ってすぐに作物ができる訳ではありません。肥料を止め、土に本来の力がよみがえるまで、土の断食が必要です。 また、ゆっくり育つ自然農の野菜を見ていると、あせらずに信じて待とうと思えました。 子どものこともあせらずに待つことが出来たら、アトピーが次第に良くなってきました。 人間も畑も、自然の状態に近づくことが大事だと、気づかされました。 アトピーが、自然農のすばらしさを日本中に広めるという、 これからの私の役割を与えてくれたような気がして、感謝してやみません。
恋々パパ

最新記事 by 恋々パパ (全て見る)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
アトピーくらぶ れのあ