赤玉ねぎのサラダ

 
5月から6月は玉ねぎが旬を迎えます。
この時期の玉ねぎは、辛みも少ないのでサラダなどの生食に向いています。

恋々農園でも、黄色や赤色の玉ねぎが色とりどりに、
大きさもまちまちに丸いあたまを出しています。

20170609-2
 

収穫した玉ねぎは、1日天日干しして少しでも保管が出来るようにします。

20170609-3

特に、赤い玉ねぎは、サラダに向いていて、
生で食べるととてもおいしいのでおすすめです。

 

<材料>

赤玉ねぎ: 適量
葉物野菜: レタス、キャベツなどお好みで
ドレッシング: 恋々家では、ごま油少々・醤油少々・野菜ブイヨン少々

 

<作り方>

01 玉ねぎをよく洗い、外皮を剥きます。

20170609-4

 
02 玉ねぎをスライサーで切ります。

20170609-5

 
03 葉物野菜と盛りつけし、ドレッシングをかけます。

20170609-1

 
 

The following two tabs change content below.
恋々パパ

恋々パパ

家族4人全員がアトピーでした。 医療従事者でしたが薬では改善できないことに気づき、模索していた時、れのあHPを見つけ、相談室を利用しながら改善していきました。 また、無我夢中で、二人の子どものアトピーを改善するために切磋琢磨していた時、無農薬の野菜を食べさせたいと家庭菜園をはじめ、自然農に出逢いました。    自然農を知ったからと言ってすぐに作物ができる訳ではありません。肥料を止め、土に本来の力がよみがえるまで、土の断食が必要です。 また、ゆっくり育つ自然農の野菜を見ていると、あせらずに信じて待とうと思えました。 子どものこともあせらずに待つことが出来たら、アトピーが次第に良くなってきました。 人間も畑も、自然の状態に近づくことが大事だと、気づかされました。 アトピーが、自然農のすばらしさを日本中に広めるという、 これからの私の役割を与えてくれたような気がして、感謝してやみません。
恋々パパ

最新記事 by 恋々パパ (全て見る)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
アトピーくらぶ れのあ