レタスサラダ

 
レタスにはいろいろな種類があります。

「レタス」と呼ばれている物はキク科で、「チシャ」の分類に入り、その葉を野菜として食べます。
「チシャ」には、一般的な玉レタスサニーレタスをはじめ、サラダ菜など色々な種類があり、
それらを総称してレタスまたはチシャと呼んでいます。

日本では古くから、レタスの部類を「チシャ」と呼びます。
どの国でもほとんど生のままサラダとして食べる野菜として親しまれています。

20170627-1
 

恋々農園でも、玉レタスサニーレタスちりめんレタスサラダ菜リーフレタスなどなど
たくさんの種類が現在、育っており、最盛期に入っていますので、収穫も忙しくなっています。

 

<材料>

レタス各種: 適量
お好みで他の野菜: 恋々家では、キャベツ、きゅうりなどが入ります。紫玉ねぎも合います。
ドレッシング: 恋々家では、ごま油少々・醤油少々・野菜ブイヨン少々

 

<作り方>

01 野菜をよく洗い、レタスは一口大にちぎる。

20170627-2

 
02 きゅうりは食べやすい大きさに切る。

 
03 よく水分をきり、盛りつけて完成。

 
04 ドレッシングはお好みで。

20170627-3

*レタスは意外にも、火を通しても、シャキシャキしていて、しゃぶしゃぶにしても美味しいですよ。

 
 

The following two tabs change content below.
恋々パパ

恋々パパ

家族4人全員がアトピーでした。 医療従事者でしたが薬では改善できないことに気づき、模索していた時、れのあHPを見つけ、相談室を利用しながら改善していきました。 また、無我夢中で、二人の子どものアトピーを改善するために切磋琢磨していた時、無農薬の野菜を食べさせたいと家庭菜園をはじめ、自然農に出逢いました。    自然農を知ったからと言ってすぐに作物ができる訳ではありません。肥料を止め、土に本来の力がよみがえるまで、土の断食が必要です。 また、ゆっくり育つ自然農の野菜を見ていると、あせらずに信じて待とうと思えました。 子どものこともあせらずに待つことが出来たら、アトピーが次第に良くなってきました。 人間も畑も、自然の状態に近づくことが大事だと、気づかされました。 アトピーが、自然農のすばらしさを日本中に広めるという、 これからの私の役割を与えてくれたような気がして、感謝してやみません。
恋々パパ

最新記事 by 恋々パパ (全て見る)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
アトピーくらぶ れのあ