黒豆甘酒

黒豆甘酒

朝晩涼しくなり、ほっこりとした温かい飲み物がおいしい季節となりました。

恋々家では、黒豆を煮た後の煮汁を使って、甘酒を飲んでいます
黒豆の風味が何とも言えず、おいしいですよ。

黒豆も大豆も葉が枯れて、カラカラに乾いたものが硬い豆となります。
カラカラになる前に若どりしたものが枝豆としてビールのお供になりますね。

黒豆の枝豆は、少し黒いですが、味は普通の枝豆と同じなんですね。
黒豆にはアントシアニンが豊富に含まれており、抗酸化作用や疲労回復作用があり、ぜひ頂きたい栄養素ですね。

黒豆甘酒

<材料>

・黒豆の煮汁: 適量
・甘酒: 適量

<作り方>

01 黒豆を煮た時の煮汁を温めます

黒豆を煮た時の煮汁を温めます

 

02 甘酒を加えます

甘酒を加えます

 

03 温まりましたら、カップに注ぎます(完成)

温まりましたら、カップに注ぎます(完成)

黒豆甘酒

The following two tabs change content below.
恋々パパ

恋々パパ

家族4人全員がアトピーでした。 医療従事者でしたが薬では改善できないことに気づき、模索していた時、れのあHPを見つけ、相談室を利用しながら改善していきました。 また、無我夢中で、二人の子どものアトピーを改善するために切磋琢磨していた時、無農薬の野菜を食べさせたいと家庭菜園をはじめ、自然農に出逢いました。    自然農を知ったからと言ってすぐに作物ができる訳ではありません。肥料を止め、土に本来の力がよみがえるまで、土の断食が必要です。 また、ゆっくり育つ自然農の野菜を見ていると、あせらずに信じて待とうと思えました。 子どものこともあせらずに待つことが出来たら、アトピーが次第に良くなってきました。 人間も畑も、自然の状態に近づくことが大事だと、気づかされました。 アトピーが、自然農のすばらしさを日本中に広めるという、 これからの私の役割を与えてくれたような気がして、感謝してやみません。
恋々パパ

最新記事 by 恋々パパ (全て見る)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
アトピーくらぶ れのあ