穴だらけキャベツの味噌汁

初夏のころ、アブラナ科の野菜には虫さんがたくさん付き、たくさん食べられて穴あきの状態を見ます。

 

一般的には、その予防として、網をかけたり、農薬をまいたりします。恋々農園では、自然に任せていますので、穴だらけのキャベツがよくあるんです。

 

青虫さんがたくさん付いていますが、それは外の葉だけ食べていて問題はないので、決して捕殺はしません。

 

そこで大事なことは、自分で回復できる健康な野菜を育てるようにすること、たくさんのいのちが生息できる畑の環境を維持するように心がけることなんです。

 

整理整頓された畑もいいのですが、草だらけで耕さない畑もたくさんの命があっていいものですよ(^^)/

 

 

材料

・キャベツ:適量
・他の具材:ニンジン、ネギ、豆腐など
・味噌:適量
・水:適量
・出汁:適量

 

作り方

01キャベツなどの野菜を洗い、適量に切って、煮だします。

 

02あとは通常の味噌汁の作り方で完成です。

 

*ゆっくり育った甘いキャベツの味噌汁ができあがりました。

The following two tabs change content below.
恋々パパ

恋々パパ

家族4人全員がアトピーでした。 医療従事者でしたが薬では改善できないことに気づき、模索していた時、れのあHPを見つけ、相談室を利用しながら改善していきました。 また、無我夢中で、二人の子どものアトピーを改善するために切磋琢磨していた時、無農薬の野菜を食べさせたいと家庭菜園をはじめ、自然農に出逢いました。    自然農を知ったからと言ってすぐに作物ができる訳ではありません。肥料を止め、土に本来の力がよみがえるまで、土の断食が必要です。 また、ゆっくり育つ自然農の野菜を見ていると、あせらずに信じて待とうと思えました。 子どものこともあせらずに待つことが出来たら、アトピーが次第に良くなってきました。 人間も畑も、自然の状態に近づくことが大事だと、気づかされました。 アトピーが、自然農のすばらしさを日本中に広めるという、 これからの私の役割を与えてくれたような気がして、感謝してやみません。
恋々パパ

最新記事 by 恋々パパ (全て見る)

アトピーくらぶ れのあ