元の皮膚より美しくを目指す「5つのれのあ式」 ~アトピー改善に大切な5つの指針

れのあ

アトピーとは、身体の中に溜まった老廃物が
皮膚から吐き出された状態
です。
この異常な排泄をアトピーと捉え、皮膚からではなく
「尿・便・生理(男性は体毛)」で正しい排泄ができるよう、
身体の仕組みを建て直す方法「れのあ式」です。

5つのれのあ式 ~アトピー改善に大切な5つの指針

1.血流を良くする(抗酸化)

「体温が1度上がると、免疫力は30%UPする」と言われています。
アトピーの方の多くは脇の体温が34~35度台、足の体温は22度の方もいらっしゃいます。
体内が酸化すると血球同士が結びつき、血液は流れにくくなり体温の低下を招きます。
冷えは万病の元です。
毎日水素風呂に入浴することで、水素を体内に取り込み血行を促進します。
毎日40分以上元気よく歩くことも、血行促進のサポートになります。

2.骨を丈夫にする

骨は身体の土台です。骨と免疫には深い関係があります。
2001年から提携医の元でレントゲンを撮ってきましたが、
ステロイドを使われてきた方はもちろん、その他のアトピーの方もみなさん骨に異常がありました。
毎日コツコツとカルシウムを摂取し、丈夫な骨つくりをしていくことが
健康な皮膚つくりをしていく基本です。

3.和食をいただく

私たちの身体は「食べて吸収されたもの」で作られています。
丈夫な体つくりのために、一物全体食(一つ丸ごといただく)や、
身土不二(地元で採れる物)の力のある食べ物をいただきましょう。
昭和30年代の食卓のような和食を心がけます。
無農薬の食品・昔ながらの製法の国産調味料・添加物の少ない食生活をおすすめします。
しっかり噛むことで、栄養は吸収されやすくなります。

4.細胞レベルからのアプローチ

私たちの細胞1つ1つには、糖の鎖(くさり)が無数に付いています。
「糖鎖(とうさ)」と呼ばれ、細胞同士の情報交換を円滑にする働きをしています。
1つの細胞に多いものでは10万個も付いていると言われますが、現代人の糖鎖は減少しています。

糖鎖が減少すると、細胞同士の情報交換が上手くいかず、体内に侵入してきたウイルスやガン細胞などを認識できなくなります。すると免疫細胞は、本来の正常な働きが出来ません。血液型も糖鎖の配列で決まっています。
アトピーなど免疫疾患の方は、糖鎖の減少だけでなく、構造にも変異があると言われています。

糖鎖を増やしましょう。細胞同士が円滑にコミニュケーションを取れるようにすることで、
改善のための全ての努力を底上げし、改善のスピードUPに繋げます。

5.スキンケアで保護する

アトピーの皮膚は乾燥・赤み・ジュクジュク・硬いなど、皮膚本来の状態から離れています。
すると、皮膚の持つ菌の侵入を防ぐ働きや体温調節、水分保湿能力に欠けてきます。
後に黒ずませないためにも、適切なスキンケア方法を身に着け、
「元の皮膚より美しく」
を目指しましょう。

 

▼アトピー改善法についての記事はこちらから → 「32年間アトピーだけを追求。改善に必要な5つのこと
▼スキンケアについての記事はこちらから → 「【スキンケア方法】アトピーの状態によって使い分けよう
▼食事についての記事はこちらから → 「アトピー改善のために摂ってほしい食事・摂ってほしくない食事
▼赤ちゃんについての記事はこちらから → 「赤ちゃんがアトピー。本来のツルピカお肌に戻るためのポイント9つ

 
 

【無料】笛木紀子のアトピー改善・メール講座

8日間で学ぶ、アトピー改善法のメール講座です。
毎日1テーマずつ、アトピー改善に役立つ大切な基本をお伝えします。
32年間のアトピー改善サポート経験を通して得てきた知恵と情報をギュっと込めました。
一度きりの人生です。
本当の自分の皮膚を取り戻すきっかけにしていただけたらと願っております。

第1回 アトピーとは?
第2回 アトピーの根本原因
第3回 アトピーの方に最適な食事
第4回 腸内環境は「便」が教えてくれる
第5回 皮膚とスキンケア
第6回 体温と免疫
第7回 サプリメント(糖鎖)
第8回 学んだ人から改善する

は必須項目です。

【ご登録フォーム】笛木紀子のアトピー改善・メール講座 全8回
  (例)日本
名  (例)花子
メールアドレス  (例)nihon@example.co.jp

 

【有料】<音声講座>アトピー改善の基礎セミナー

はじめての方からベテランさんまで。アトピー改善に必要な幅広い内容をお伝えします。
どのような食事が良いのか、どのような食事を避けたほうがよいのか。
また、アトピーと骨の関係、酸化、糖鎖の働きなどをお伝えします。
詳しくはこちらから → 笛木紀子の<音声講座>アトピー改善の基礎セミナー(54分 2,000円税別)
笛木紀子のアトピー改善の基礎セミナー

 

The following two tabs change content below.
笛木 紀子
アトピーくらぶ れのあ代表。株式会社レノアコーポレーション代表。  1983年、エステティシャン時代に重度のアトピーの女性と出逢い、技術が至らず深い無力感を感じました。 その後、私自身もアトピーを患った上、長男も乳児性アトピーを発症。ステロイド治療を施すも根本的な改善が見られず、以来アトピーをはじめとする皮膚トラブルは食生活全体と深い関係があると考え、食養家として研究を重ねてまいりました。 現在は、食べ物・血流・カルシウム・細胞の酸化防止・スキンケアから体質改善を行いながら、改善のみられなかった重度のアトピーさんの改善を専門に取り組むと同時に、講演や執筆活動を通して社会的な予防策を呼びかけています。
アトピーくらぶ れのあ