アトピー

お年寄りと喫茶店

職場の老人ホームは、ひと月にいちど、喫茶の日があります

市内のボランティアの方達と、パン屋さんが参加してくださり、その日は、1日にぎやかになります

喫茶の日を、毎月楽しみにしているお年寄りも多いです

しかしながら、多くの認知症のある方達は、忘れています
その日、その場、その時を楽しんでくださいます

今日は喫茶の日ですよ
美味しいコーヒーや甘酒を飲みに行きましょうと、お誘いすると、たいがいの方は、何のことやら、とりあえず行ってみましょうとなります

中には、お誘いが難しいお年寄りもいます

わからないから、行きたくないとか、ここにいるのがいいと言って、かえって不機嫌にさせてしまうこともあります

でも、せっかくだから、と言うよりは、一緒に楽しみたいから、何とか、かんとかお誘いします

今月お誘いしたお年寄りも、お誘いするのが、難しくて、あまり参加されていない方でした

以前、いちど車椅子を押して参加してみたけれど、喫茶店のにぎやかな様子に驚いて、不安そうにさせてしまい、直ぐに元の場所へ帰りました

それから、何日、何ヶ月かの間、信頼関係をつくろうと思いました
ちょくちょく、世間話をしにいきました
覚えてもらえたなぁと言う実感が出て来ていました
今月は良いかもしれないと思って、お出掛けしましょうと尋ねると、嫌がる感じはありませんでした
車椅子を押して、一緒に喫茶店へ行ってみました

前とは違って、穏やかなお顔で、いろいろお話しをしてくれました
窓の外を指さして、山かえ?と言ったり
隣り合わせた、お年寄りへも挨拶したり、良い時間を過ごしました

目を合わせてお話しすると、いつもはスッと目をそらされてしまうけれど、喫茶店では、じっとそのまま、お話しをしてくださいました

97歳になられる方です
今は認知症の診断がありますが、昔は、とても働き者なお母さんだったと聞きます

あなたも、背筋をしゃんとして生きなさいよ、と言われている気がして、お年寄りとの会話が、私は励みになります

暑くなったり、肌寒かったり、気温差が気になる日々ですが、背筋をしゃんとして、体調よく生活したいものです

アトピーを改善するために知っていた方が良いれのあとの関り方

アトピーくらぶれのあのシステムをうまく使っていただき
きれいになっていただくために
今日は少しまとめます

 

 

 

 

 

ホームページや
ブログや
ユーチューブや
ご紹介から
皆さまアトピーくらぶれのあを知ってくださいます

 

 

 

入り口はなんであれまずHPをじっくりご覧ください

 

 

 

 

 

 

ご自身が進みたい方向と合致していると思われたらさらに詳しく知るために

 

 

 

ステップメールをご登録下さい
https://renoa.co.jp/kaizen-hints/merumaga/

 

 

 

 

この内容で自分は理解できたし、使うものも使い方もわかった
と思われたら商品を購入され頑張ってみてください。

 

 

ステップメールを読んで更に知りたいと思われたら
「アトピー改善の基礎知識」を取り寄せて下さい
https://renoa.co.jp/seminar/web-kiso/

 

 

 

 

色々挑戦しているうちに解らないことがでてきたら
ラインの無料相談室をご利用ください
https://renoa.co.jp/soudan/line/

 

 

さらに

 

 

基礎セミナーをご覧になり自分は完治を望む
またはすでに一人ではどうにもならないような状態でしたら

 

 

他のセミナーを受ける
施術に通う
カウンセリングを受ける

 

 

 

 

 

などしてください

 

 

毎週火曜日に配信されるメルマガも必須でございます

 

 

 

アトピーくらぶれのあは常に前進しています
32年間の実績と毎日の研究で常に進化しています
いつも何かの形で情報を取り入れてください
そのためにはぜひ毎週のメルマガは毎週お読みいただくことをお勧めします

 

 


↑笛木紀子のアトピー改善のための知識と情報をまるごと収録↑

 


しばらくお休みします

 

アトピー改善のプロになりたい方はこちら↓

http://www.renoa.co.jp/pro-course/

相性が良いは、からだに良い

相性が良い、相性が悪い

人との相性だったり、ものとの相性だったり

例えば、コアのお水と私、温熱と私、水素風呂とお塩、等々
相性が良いもの、いろいろ出て来て、きりがない

 

例えば、職場の老人ホームに100人超えるお年寄りが生活している中、相性が良いなぁと思うお年寄りがいます

認知症のある方達が多くて、名前を覚えてもらえることは、ほとんどないのですが、雰囲気で覚えてもらえているみたい

 

朝の挨拶に行ったとき、にこにこ、あんた来たの~なんて言葉をもらうと嬉しくなります

にこっとほぐれたお顔を見られたら、冷たく冷えているお年寄りの手の指を、私の両手の平で挟んで温めます

あったかい!と言ったり、言わなかったり

そしたら、手の指を曲げたり伸ばしたりしていただいて、指の体操をします

 

では、また来ますねと声をかけると

はいはい、また来てくださいと言ってくださる

今日もお話しできて良かったぁと、私は嬉しくなります

 

相性が良いと感じると、楽しくなったり、嬉しくなって、上手くいく感じがします

人も、物も、相性が良い出会いは、大切にしていきたいなぁと思うのです

アトピーくらぶれのあが提案する入院食

アトピーくらぶれのあが提案する入院食

 

 

 

米粉パン
ぬかづけニンジンのラペ
アボガドとキヌアのサラダ
ひじきと黒豆のマリネ
サラダチキンと切り干し大根の豆乳マヨネーズ和え
トマトスープ

 

まさかもまさか

 

病院でれのあ式のレシピをお伝えできる日がくるなんて

 

夢の様です

 

愛媛県伯方島しのざき整形外科

 

 

皆さんとの料理教室が始まりました
事務長
看護師さん
調理師さん
そのサポートをしてくださる方々

 

皆さんそれぞれの立場で興味津々です

 

 

 

アトピーくらぶれのあの井上はいつになく真剣です

 

 

それぞれお手伝いをいただきながら

 

 

ケーキカットさながらの初米粉パンカット

 

 

本日の病院食を横目に

 

 

味見担当の方も交えて

 

 

甘酒バリエーションもお伝えしながら

 

 

職員さんたちに味見していただきました

 

さて

 

これから少しずつアトピーさんの安心できる入院のシステムを構築していきます

 

少しの間お待ちください

 

 


↑笛木紀子のアトピー改善のための知識と情報をまるごと収録↑

 


しばらくお休みします

 

アトピー改善のプロになりたい方はこちら↓

http://www.renoa.co.jp/pro-course/

同級生の新居へ訪問しました

先週末、友人と一緒に電車に乗って、同級生の新居へ訪問しました

この間、会ったときに赤ちゃんだった友人の子は、4歳になっていて、時間の経過に驚きました

卵アレルギーのあるお子さんで、お昼寝から起きるとき、眠い目をこすりすぎて、腫らしていました
お母さんは、直ぐに目薬を持ってきて、お子さんも慣れた感じで目薬をさしてもらっていました

一緒に居た友人も、目が乾くと言って、持参の目薬をさしていました

わたしも目薬を持ち歩いていた習慣があったけれど、使わなくなりました

れのあに通いながら、体質改善に励んできた結果、ここ数年の間に、ドラッグストアへ全く立ち寄らなくなりました

たくさんある目薬の中から、どれがいいのか悩む時間を持たなくなりました

時間の使い方が、変わりました

このことは、生き方を左右する大きな変化です

ドラッグストアで、どちらの鼻炎薬を買おうか、どちらの痛み止めを買おうかとパッケージを隅々まで読み込んでいた時間が、今は必要ないのです

その代わりに、スーパーで食料品のパッケージを読んでいるかもしれませんし、夫と楽しく談笑する時間になっているかもしれません

とにかく、ひとつ習慣が変わることで、次々と繋がって、変わることが出来ました

今、まさに生活習慣、買い物習慣を変化させている方は、ぜひ諦めないで、出来ることを継続してほしいと願います

今日の選択が、少し先の未来を変えてくれていますから

さて、次回は友人宅へ、からだにやさしいおやつや、出来たら頑張って米粉パンを持って遊びに行きたいですね

友人との繋がりは、お子さんの将来を左右するのかもと、勝手に責任を感じて、わくわくしています