ゴールデンウイーク

ゴールデンウィークがおわって

ゴールデンウィークがおわって、いつもの電車やバスは、通勤や通学の人が戻ってきました

職場の高齢者施設は、ゴールデンウィークの間、お年寄りにとっては、
孫やひ孫、玄孫まで、普段会えない家族の訪問があって、にぎやかでした

わたしはと言うと、前半にお休みを使って長野でリフレッシュしたのですが、
帰り道、高熱が出て救急外来へ受診することになりました

家に帰ってからは、おでこを夫がタオルで冷やしてくれて…ポッ(#^^#)

ところが、意識もうろう、熱にうなされながら、キャベツの帽子をかぶりたいから、キャベツ買ってきてと頼んでいた

今は、夜中だから、明日の朝、買ってくるよと諭されながら眠りました

一般的な熱さまシートも、おでこに貼ってみたけれど、熱が出たときわたしはキャベツの帽子をかぶりたい
かぶってみると、ひんやり気持ち良くて、こっちが好きなのです

頭に1枚、2枚とかぶり、体の熱くて辛い場所へ、キャベツをちぎってくっつけて、食欲なく、ひたすら眠りました

2日寝込んで、3日目には熱も下がって、元気になりました

熱が出て大変だったよと、実家へ電話で話していたら、
あら、知恵熱かしらねと母は言っていた大袈裟にされないところが、ちょうど良いのです
電話をしたのは、熱が出たけれど、わたしは元気だよ、元気になったよと伝えたかったのかなと思う

こんな時、ひとりでないことが、心強かった
夫が居てくれて、弱い自分をさらけ出していることが、ありがたかった

熱の原因は長野で蕎麦を食べ過ぎたこと
普段のまない日本酒を飲んで、酔っ払ったこと

しかしながら、楽しい旅だったので、これも良しとしたい
 
 

キャベツ帽子 

GW開けるとアトピーが噴き出す人が多い訳

ゴールデンウイークいかがお過ごしですか?

 

ゴールデンウイークが終わると季節は夏へまっしぐら

 

するとアトピーも噴き出す方が多いです

 

 

なぜかって

 

暑くなると代謝が上がるからです

 

間違わないでいただきたいのは悪化したのではないということです
(悪化の人もいますが…)

 

元々あったものが体外に押し出されるのです

 

その理論を知っていても慌てるので知らないと大慌てです

 

だからちゃんと知りましょう

 

アトピーとは本当にやっかいな病気です

 

世間には痒いだけでしょうなんて軽んじられ
皮膚に症状が出るから皮膚に原因がないのに皮膚科の扱いになる

 

 

 

 

病院で薬をもらうと収束してしまう
しかも保険がきくので安い

 

民間療法はすぐには落ち着かない
保険がきかないので高い

 

だから親は病院を進める

そこに解決策はない

 

最近では皮膚科医もステロイドを出さない人がチラホラ

 

それはありがたいようなありがたくないような

 

なぜなら他の薬を出したり、へんてこりんな手当て法を進めたりするから

 

まぁ

 

それは主観なのでれのあ式をへんてこりんと言われても言い返せないが(笑)

 

とにかくれのあはGW開けると忙しくなる

 

皆さん真っ赤になっても太陽を嫌いにならない様に

 

原因を知らないと改善は難しいので
もし今年のGW開けも真っ赤になって不安なら学びにいらしてください

 

 

アトピーは知識を積んだ方が早く改善しますから

 

 


↑笛木紀子のアトピー改善のための知識と情報をまるごと収録↑

 


5月13日 13時~16時  町田店   満員御礼

 


※「食のセミナー」から名称変更しました
6月10日 11時~14時  町田店  NEW

 

「黒豆煮」を基本に、フムス、ガーリッククオイルマリネ等を作ります♥

5月20日 11時~13時半  町田店  ※残席2名

 

アトピー改善のプロになりたい方はこちら
https://renoa.co.jp/pro-course/