朋子

熱が下がって、さぁ出勤!

ゴールデンウィーク中、高熱出して、2日寝込みました
3日目には熱も下がって、その翌日から、仕事に行くことが出来ました

お休み中の発熱でしたので、欠勤したのは、1日だけで済みました

熱を出しても、復活が早くなりました、ケロッと仕事に行き、週末まで、しっかり働けるようになりました

本当に、身体が強くなったことを、実感しました

数年前は、高い熱も出せずに、体調不良は続いて、ダルい身体で、心も弱くなっていました
1週間とか、よく寝込んでいました

今回、高熱が出ているときは辛かったけれど、熱が下がってからは、身体の感覚が凄くスッキリしています

身体はおもしろいなぁ
こんな風に感じられるようになったのは、体質改善に励んできたおかげです

きっかけは、乳癌だったり、アトピーだったり、闘病当時は、ぜんっぜんいろいろ考える余裕なんてなかったです

でもね、いろんなことを違う角度から見たり聞いたり出来たのは、乳癌とアトピーを経験したおかげです

今、振り返ることが出来るから、全部がありがたい出来事だったと思えます

ゴールデンウィークがおわって

ゴールデンウィークがおわって、いつもの電車やバスは、通勤や通学の人が戻ってきました

職場の高齢者施設は、ゴールデンウィークの間、お年寄りにとっては、
孫やひ孫、玄孫まで、普段会えない家族の訪問があって、にぎやかでした

わたしはと言うと、前半にお休みを使って長野でリフレッシュしたのですが、
帰り道、高熱が出て救急外来へ受診することになりました

家に帰ってからは、おでこを夫がタオルで冷やしてくれて…ポッ(#^^#)

ところが、意識もうろう、熱にうなされながら、キャベツの帽子をかぶりたいから、キャベツ買ってきてと頼んでいた

今は、夜中だから、明日の朝、買ってくるよと諭されながら眠りました

一般的な熱さまシートも、おでこに貼ってみたけれど、熱が出たときわたしはキャベツの帽子をかぶりたい
かぶってみると、ひんやり気持ち良くて、こっちが好きなのです

頭に1枚、2枚とかぶり、体の熱くて辛い場所へ、キャベツをちぎってくっつけて、食欲なく、ひたすら眠りました

2日寝込んで、3日目には熱も下がって、元気になりました

熱が出て大変だったよと、実家へ電話で話していたら、
あら、知恵熱かしらねと母は言っていた大袈裟にされないところが、ちょうど良いのです
電話をしたのは、熱が出たけれど、わたしは元気だよ、元気になったよと伝えたかったのかなと思う

こんな時、ひとりでないことが、心強かった
夫が居てくれて、弱い自分をさらけ出していることが、ありがたかった

熱の原因は長野で蕎麦を食べ過ぎたこと
普段のまない日本酒を飲んで、酔っ払ったこと

しかしながら、楽しい旅だったので、これも良しとしたい
 
 

キャベツ帽子 

遊びに行きました

ゴールデンウィークの前半、夫と長野県へ遊びに行きました

善光寺参りをして、お蕎麦を食べて、道の駅を巡りながら、地元のお野菜を見てまわる

あぁ、ほんと楽しい~

2009年、乳癌治療のあと、からだの回復のためと現実から少し逃避するため、月にいちど、長野に宿をとって、2・3泊した

よく滞在した、穂高養生園では、ガンを経験している、ガンサバイバーの方達と出会って、励まし、癒やし合った
そして、長野の自然が大好きになった

あの頃、何とも言えない不安な気持ちを持って、出掛けていた長野の旅とは違って、今は今を楽しめている

あの頃と、気持ちは変わったけれど、好きな感覚は変わっていない

ゴミゴミしていない空気感
新緑の柔らかい葉っぱ、木々の自然の中での深呼吸は本当に気持ちが良い

長野で過ごした時間は、今も大切な思い出になって、今を支えてくれている

大好きという言葉

少しまえ、施設で看取りを終えたお年寄りの家族が、挨拶にいらした

次々とスタッフが挨拶に行き、思い出話をされていた

わたしも、家族のところへ行った

すると、お年寄りのお嫁さんが、
おばぁちゃん、あなたのこと、大好きだったから、顔見たら涙出て来ちゃった
と声をかけてくださり、わたしも、もらい泣き

わたしも大好きだったから、いつもいた場所に、その方が居ないことを淋しく感じていた

今、居るお年寄りも、いずれは命のおわりを迎えるときが来る
いつも、いつも、そこばかりを考えてはいられないけれど、
そこを感じることで、今の時間を大切にすることが使命になる

おわりが来るのは、お年寄りだけではなくて、私たちも同じ

アトピーと乳癌の闘病当時の辛かった経験は、人を大切に感じる心、
時間を大切にする力になって、今に繋がった

大好きという気持ちを感じられる場所で、今日も楽しみたい

旬をいただく

夫が知り合いから、ワラビをいただいた
シャキシャキの食感が心地良く湯がいてあって、一緒に食べるようにとわさび漬けがついていた

山菜を美味しく湯がける奥様に、あこがれ、尊敬する

ちょっと山へ行って、ワラビをとってこよう、という環境でも習慣もなく、新鮮な山菜をいただけてありがたかった

次の週末は、皮付きの筍が届いた
かなり大きいものだ

実家の母へ電話をした
筍は、いつもどうやって、茹でていたの?
皮はどこまで、はがしていいのかな?

実家で母がしていたことを、電話で聞いた
わたしは、いちから筍を茹でたことがなかったから、皮付きの筍を目の前にして、わくわくしていた

糠と湯がぶくぶく沸騰した鍋の中、いつも見かける姿に茹だった筍がみえた
それは、春になると実家の台所でみていた、懐かしい光景とにおいだった

湯がいた筍は、翌日、美味しい筍ご飯になった
自分でつくると、更に美味しく感じる

旬をいただける生活は、楽しくて、とてもありがたい気持ちになる