笛木紀子

アトピー改善にサプリや手当ては必要でしょうか?

アトピー改善にサプリは必要でしょうか?

 

 

アトピー改善に手当てに通うことは必要でしょうか?

 

 

長い期間苦しんでいる方には悩ましい事の様です

 

私が携わってきたアトピーさんはみなさんかなり金銭的に疲弊されています

 

身体に優しい食べ物は高額です
皮膚に優しい繊維も高額です
スキンケアの材料も人よりたくさん必要だったり
入浴にひと手間かかりそこに費用が発生したり

 

これが長年続いているのがアトピーさんの現実です

 

そしてアトピーが酷い時は休職せざるを得なくなります

 

悪循環です

 

だから常に大変なのです

 

もしも

 

もしもですよ

 

もしも金銭的になんの心配もないなら

 

 

もちろん通って頂くことが改善への最善の近道です

 

だってそこにはその道のプロがいるのですから

 

回り道をしなくてすみます

 

サプリももちろん必要です

 

食だけでは改善しずらい世の中になってきました

 

 

入浴だけでも温まりきらないアトピーさんが増えてきました
私がアトピー改善を始めた30年前とは全く状況が違います

 

だから
食べ物だけとか
入浴だけとか
単体で考えるのではなく

 

もっともっと自分の生活の中で関わること全般を見治してください

 

そして原因を掴むために来店してください

 

敵を知らなくて何かを施していることは

 

ながぁぁぁぁぁぁぁい回り道と思います

 

もったいないです

 

 

音声講座・アトピー改善の基礎セミナー
↑笛木紀子のアトピー改善のための知識と情報をまるごと収録↑

 


11月4日(日)13:00~16:00 町田店 残席3名

 


11月25日(日)13:00~15:30 町田店 NEW

 

アトピー改善のプロになりたい方はこちら↓
http://www.renoa.co.jp/pro-course/

アトピーの3つの原因に電磁波が加わるとアトピー悪化は加速する?

3ヶ月ぶりにセミナーを開催しました

 

アトピー改善の実践セミナーです

 

 

アトピーは生活習慣病ですから

 

自分の生活習慣を見直していただく必要があります

 

自覚が必要です

 

例えばシャワーよりお風呂

 

これくらいはわかりやすいのですが

 

電磁波

 

どれくらい帯電しているか日本人は自覚がないので改善しようとしません

 

これがすごくアトピーの原因になっているのに

 

でも自覚ができたら改善をはじめますよね

 

だって治りたいですものね

 

という訳で皆さんの電磁波を計ったり

 

 

皮膚の水分量を計ったり

 

そして改善するためには何をすればよいかをお伝えするセミナーです

 

ちなみにこの日山口から来店されていた方が
帯電数1200mvでしたが

 

デトックスルームに30分入られて200mvに下がってお帰りになられました

 

 

自宅で少しずつ抗酸化をする方法もお伝えします

 

アトピーの原因はドイツでは

 

潜在感染
アレルゲン
重金属

 

と言われています

 

ここに電磁波が加わると素晴らしい勢いでアトピーは悪化します

 

ドイツの電磁波の基準は10mv以下です

 

日本は野放しです

 

アトピーさんは増えるはずです

 

皆さん国がやってくれない日本に住む以上自分で対策しましょう!!

 

 

音声講座・アトピー改善の基礎セミナー
↑笛木紀子のアトピー改善のための知識と情報をまるごと収録↑

 


11月4日(日)13:00~16:00 町田店 残席4名

 


10月21日(日)13:00~15:00 町田店 満員御礼

 

アトピー改善のプロになりたい方はこちら↓
http://www.renoa.co.jp/pro-course/

ポロポロ落ちる皮膚をむしっていませんか?

秋になると皮膚がささくれてきます

 

これはアトピーさん特有の症状です

 

 

触るとガサガサしていてとても気になりますね

 

お風呂に入るとそれが浮いてきたりして

 

お風呂がすごく汚れると家族からクレームが来る方もいる様です

 

悲しいですね

 

みなさんそのささくれた皮膚をどうしていますか?

 

もしかしたら剥いてませんか?

 

剥いたらツルツルになると思っていませんか?

 

実はそんなことはないのですよ

 

剥けば剥くほどささくれます

 

 

皮膚とはある一定の時間
あるべき場所に存在しなければならないというルールがあります

 

そして体内を守っているのです

 

私たちが手で触れることができる皮膚は角質層です

 

 

その角質層に水分が少なくなると皮膚はめくれてきます

 

その時そのガサガサが嫌でめくりたくなる気持ちはよくわかりますが

 

イメージとしては

 

接着してほしいのです

 

だってある一定期間そこに必要なのですから

 

その接着剤が保湿剤です

 

人によっては化粧水だったり
美容液だったりクリームだったり
オイルだったりします

 

塗っても塗ってもガサガサは終わらないと思っている方も多いはず

 

実は剥いた方が危険な皮膚になります

 

だって薄くなりすぎていますから

 

異物やら紫外線が侵入してしまいます

 

 

ぜひここは思いとどまり

 

きとんとしたケアをしてください

 

保湿は皮膚の生命線です

 

根気よく根気よく保湿してささくれを止めて下さい

 

保湿は絶対なのです

 

音声講座・アトピー改善の基礎セミナー
↑笛木紀子のアトピー改善のための知識と情報をまるごと収録↑

 


11月4日(日)13:00~16:00 町田店 new

 


10/21(日)13:00~15:00 町田店 残席1名

 

アトピー改善のプロになりたい方はこちら↓
http://www.renoa.co.jp/pro-course/

3年前の自分のアトピーの顔を見て唖然としましたが今は幸せ

大変な時期があったね

 

妙ちゃん

 

 

 

妙ちゃんはリッキーガット症候群でしたから

 

改善の道のりは困難だったけれど

 

でもそれも良くなってきて

 

それからどんどんきれいになっていきました

 

先日

 

3年前の自分の写真を見つけて

 

一瞬誰だか解らなかったと言って笑いながら私に見せてくれました

 

本当は酷い写真を公開するのは嫌なんだけど

 

でも今がんばっている人の励みになれば・・・・

 

↑今の妙ちゃん

 

きれいですね

 

ローマは一日にしてならないのですね

 

信じてコツコツ励む

 

すると大きなお駄賃がいただけるのですね

 

神はタイミングを逃さないそうです

 

あなたもきれいになる時がきっと最高のタイミングでやってきます

 

音声講座・アトピー改善の基礎セミナー
↑笛木紀子のアトピー改善のための知識と情報をまるごと収録↑



10/21(日)13:00~15:00 町田店 残席4名

 

アトピー改善のプロになりたい方はこちら↓
http://www.renoa.co.jp/pro-course/

便秘や肩こりや冷えや頭痛や生理痛を放置していませんか?

アトピーの改善は癌より難しい

 

そう知人の医者は言いました

 

身体的にはそんな事はないはずである

 

ではどうして医師はそのように言うのか?

 

 

 

 

私なりに考えてみました

 

もしかしたら覚悟の違いかもしれませんね

 

癌の人は後がないと思って取り組みます

 

実際私も犬の時そうでした

 

でも一部のアトピーさんは
人が何とかしてくれると思っているかもしれません

 

医者が治すもの
治療家が治すもの
温泉が治すもの
サプリが治すもの

 

果たしてそうでしょうか?

 

自分で作った病気は自分で治すものなのかもしれません

 

現代の病気は生活習慣に関係することが多々あるし
ストレスとも多いに関係しているのは確かです

 

愛犬のことでかなりのストレスを受けた私の肉体は実際衰えました

 

だから何を言いたいかというと

 

常日頃健康のために取り組んでいくことが大事です

 

小さな芽のうちに摘み取っていくことは大事です

 

便秘
肩こり
頭痛
冷え
生理痛

 

放置していませんか?

 

薬でごまかしていませんか?

 

自分で思うよりごまかしの積み重ねは大きなことになって返ってきます

 

 

 

 

体重20キロ台の32歳
ヘモグロビン数字2.8

 

6で輸血ですよ
通常は11くらいです

 

アトピーと喘息をずっと根本的に改善しないできた結果です

 

クローン病と潰瘍性大腸炎になっていました

 

もちろん滅多にないケースですが

 

増えていることも事実です

 

どんなこともはじめは小さなことから始まるのではないでしょうか?

 

音声講座・アトピー改善の基礎セミナー
↑笛木紀子のアトピー改善のための知識と情報をまるごと収録↑

 


9/30(日)13:00~16:00 町田店 残席1名

 


10/21(日)13:00~15:00 町田店 残席4名

 

アトピー改善のプロになりたい方はこちら↓
http://www.renoa.co.jp/pro-course/