言葉

言葉にならない声がある

病院から、入院中のお年寄りの退院に向けた相談がありました
食事があまり食べられていないという
看護師さんと話しながら、あるおばぁさんの話になりました

 

昨年12月
入院した病院の医師から

 

点滴を外したら
2、3日のいのちと言われ
施設へ帰ってきたおばぁさんがいます

 

12月のはじめ頃
おばぁさんは
持病の心臓病が悪化して
入院しました

 

年末が近づいて
入院中のおばぁさんの家族は
病院の医師からこう言われたといいます

 

病院で出来ることは何もありません
お口からは食べられません
点滴を外したら、2、3日でしょう
それでも、よければ施設へお帰りください

 

家族が涙をこらえながら、施設へ相談にきました
1日でも長く生きられるならば、点滴を続けられる病院へ入院をしたいと今は思っています

 

ところが、数日後
家族から改めてお話しがありました
家族で、もういちど、おばぁさんが最期に居たい場所は、どこだろうと考えました
聞き慣れた声がそばにある、住み慣れた環境のこちらへ戻ることを選択しました

 

施設へ帰ってきてから二晩
家族が、おばぁさんのそばに居たいのでと、申し出があって泊まりました
母と同じ部屋で寝たのは、久しぶりでしたという、家族の言葉が温かくて印象的でした

 

退院してからおばぁさんは
数口のお水を飲むことができました
家族からは、お汁粉を数口飲ませてもらいました
しばらくすると、ペースト状の果物が食べられました
ヨーグルトが食べられました

 

退院して、もうすぐ3ヶ月
量は少しだけど
お粥とおかずも食べています

 

この頃は
もう少し、食事の量を増やしてあげたい
今のままが、ちょうどいいよ
2つの意見が聞こえるようになりました

 

寝ているはるさん(仮名です)から、教えてもらえたら、いいのにと思う

 

「はるさん、おはよう」
と、今日も話しかけました

 

「もう少し食べたいよ」
「もう少し食べられるよ」
「今のままがいいよ」

 

そんな言葉が聞こえてきたらいいのにと思うけれど
はるさんからは、言葉にならない声があるだけ
でも、しっかりと目を合わせています
声が聞けるだけで、やはりホッとするのです

 

はるさんが、今日を生きている
それが、うれしいです

先輩経験者の言葉

健康であることに
必要なこと

 

・食を大切にしている

・がんばらない

・自分をいちばんにする

 

たまたま、お話しの中で、50代で乳癌を経験して、20年たちましたと言う方とお話しをしました

 

ずっと、顔を知っていて、話す機会もあったけれど、何年間もお互いに経験者であることに気が付きませんでした

 

わたしは乳癌を経験したとき、元気になっている経験者の人達が、こんなにもいることを、考えられないときがありました

 

ひとり閉じこもっていたところから、外へ出てみると、様々な出会いが繋がっていきました

 

先輩経験者の、この方に、気を付けてきたことはありますかと聞きました

 

「いちばん気を付けているのは、食かな

 あとは、がんばらないこと
 当時、親からは、自分をいちばんにしなさいねと、言われたわよ」

 

先輩経験者の方の言葉は、励みになり、ありがたい時間でした

 

「いちばん気を付けているのは、食かな」

 

この言葉、美魔女と言われる年代の健康的で美しい方々も言っていました

 

おいしく、楽しく、美と健康に繋がる食生活をしていきたいもので

心が落ち着いた言葉

~ガンの辞典より引用~

 

ガンという病気になったことは手放しで喜べなくとも、それをきっかけに青空を取り戻し、あなたの本当の人生の物語を進めていくだけで、あなたの周囲を幸せな気持ちにします。

 

もし、親や環境から受けた心の負の遺産があり、ガンがそれに気づかせてくれたなら、負の連鎖を断ち切るチャンスです。あなたで止めることができれば、次世代へのプレゼントになります。

 

より良い社会は、制度を変え環境を整えることだけで実現されるのではありません。ひとり一人が、自分の青空で生きると、世の中はもっと素晴らしくなっていきます。

 

この世は愛に充ちている。
人生は美しい。

 

~引用おわり~

 

ふと、書き留めておいた言葉です

 

昨年末、職場の先輩が乳ガン治療のため、休職することを発表されました

 

先輩を応援する気持ちと、過去の自分を負の思い出として思い出し、どうしようもない気持ちになり、そんな自分にガッカリした

 

そんな時、書き留めていた言葉を読んで、スッーと心のざわざわしたものが治まった

 

そうだ、わたしはわたしを生きているのだ

 

休職前に先輩と話をする機会があって、過去の乳ガン治療の経験を話しました

 

そして、先輩から
とても励まされたよ、話せて良かったと言葉をいただいた

 

あの時、頑張ったこと
あの時、諦めなかったこと
あの時の悔しさ、痛み、恥じた自分の過去が、励ましに変わっていた

 

経験を生かすとは、こういうことなのだろう

 

私事ですが、2度目の結婚記念日を迎え、結婚生活3年目になりました

 

助け合いながら、毎日を暮らしています

 

乳ガンとアトピーを経験し、体質改善に取り組む中で、はじめはずっと隣の人の青空をうらやみ追いかけていました

 

今は、少しずつ自分の青空を見つめ、自分の真上を見上げられるようになりました
隣をうらやむ気持ちも出るけれど、それも良し

 

この世は愛に充ちていて、人生は美しいです

励まされ、心に響く言葉

“体質改善はいまからでも遅くない!”

 

れのあのミホちゃんが、発信している言葉に励まされています

 

この言葉と共に発信している、ミホちゃんの手のひらの動画をみていると、癒しのような、励ましのような、嬉しくもあり、目尻が熱くなります

 

乗り越えたミホちゃんの手のひらは、やさしくて、力強く、生命力があふれているのを感じます

 

誰もが、そうは、なれないと言う言葉が、自分の中から、聞こえるでしょうか?
その言葉以上に、ミホちゃんは、誰もがこうなれる可能性があることを、ずっと伝えていて、その思いを強烈に応援したくなります

 

親戚の叔母ちゃんは、こんな気持ちなのでしょうか…

 

町田のれのあへ施術に行くと、元気な声と明るい表情で、ミホちゃんが迎え入れてくれます

 

今年もお世話になりました
ありがとうございます

 

本当に、いつもありがとう(*^^*)

 

今年が、終わっちゃう様な書きっぷりですが、あと少し、頑張っていきましょう♪