通勤

通勤をバスから電車へ替えてみたら快適です

今の職場、今年は勤めて8年目になりました

 

最寄り駅から離れた場所に施設があって、最寄りのバス停からは、15分ほど歩くので、9割の職員が車通勤をしています

 

わたしは、数少ない交通機関で、通勤を続けています

 

最寄りのバス停は、バスの終点です
終点には女子大があり、特に今、オリエンテーションが多くある4月は混雑します
始発のバス停から終点まで、満員のバスに揺られての通勤は、毎年辛いものを感じます

 

今週はじめ、電車が止まってしまい、バスの始発駅へ行けませんでした

 

他線へ乗りかえて、職場の最寄り駅へ行き、そこから30分弱、勤めている施設まで歩きました

 

勤めはじめた頃も歩いたことはあったけれど、とてもしんどくて、これなら混んでいるバスに乗った方が全然楽だと思いました

 

しかし、今回は違いました

 

朝の30分弱の歩きは、とても清々しく気持ちが良くて、今週1週間、このコースで通勤を続けました

 

数年前と比べて今は、体力も付いたのだなぁとうれしく思います

 

アトピーと乳がんを経験してから、健康のために歩かなくてはいけない!
自分への義務がありました
出来ていないとき、焦りや不安を感じました
でも、それはそれで、今に繋がっているのなら、良かったと思います

 

あの時の焦りや不安も、今では、歩く方が気持ちが良いなぁと言う喜びの感覚に変化しました

 

昨年の夏は、暑さにバテバテでしたので、今年は少し良くなると良いなぁと思っています

少し早く起きる

あと少し 早く起きて
あと少し 早く電車に乗って
あと少し 早く職場に着いて
余裕のある人になりたい

ひとつふたつ前の電車は、今より空いていて、快適な通勤が出来るのかもしれない

でも…
あと少し、と言うよりは
出来るだけ、時間ギリギリまで寝ていたい
だって、眠いのだもの

そして、今日も、時間ギリギリまで、うつらうつらと眠って、布団から飛び出していく
通勤の電車やバスが定刻通りに動くか、渋滞しないか、ひやひやしながらの通勤

4月になった
電車やバスは、春休みが終わった学生が増えて、混雑している
通勤で使っている、女子大行きのバスは、先週までの空席が嘘のようだ

バスの座席を埋め尽くしている女子学生は会話を楽しんでいる
甲高い声がこだまして、声が集まると凶器になる

わたし、静かに通勤したいと心から思った
そして、ついに
少し早く起きて通勤するを、実行しなければいけないときが来た
そのために、今より少し早く起きる

やってみたら、やっぱり快適だ

1日、2日、1週間、2週間、継続していくと、ちょっと早くは習慣になってきた
ちょっと早いと感じていた時間が、今は普通になった

季節もちょうど気持ちが良くて、桜の花の後
柔らかそうな、やさしい緑の葉っぱをつけた木々を、眺めている
朝起きて、仕事に行くことが、この頃、気持ち良く感じている