電車

電車や事務所内、冷えてきました

気温が夏並みに上昇する日もあり、冷房が日常生活に必要になってきました

 

散々からだを動かした後、冷房の冷たさを感じるときは爽快感があります
しかし、事務所内でひたすらパソコン業務をしてジッとしているときは、からだは冷えています

 

昨日は、仕事帰りのバス後、からだの冷えから、気持ち悪くなりました

 

電車の駅のベンチで休憩していると、帰宅途中の夫が来てくれました
「大丈夫かー?」

 

ウンチが出て、水素のお風呂で温まると、元気なるよと伝えると、夫は笑っていました

 

外を歩いていると、暑くなるけれど、職場の中、電車やバスは冷房が効いているから、からだを冷やしすぎないように対策が大事ですね

 

梅雨前だからと、油断がありました
羽織り物や、首に巻きものしたり、冷えない対策を見直さなくちゃと
痛感したのでした

通勤をバスから電車へ替えてみたら快適です

今の職場、今年は勤めて8年目になりました

 

最寄り駅から離れた場所に施設があって、最寄りのバス停からは、15分ほど歩くので、9割の職員が車通勤をしています

 

わたしは、数少ない交通機関で、通勤を続けています

 

最寄りのバス停は、バスの終点です
終点には女子大があり、特に今、オリエンテーションが多くある4月は混雑します
始発のバス停から終点まで、満員のバスに揺られての通勤は、毎年辛いものを感じます

 

今週はじめ、電車が止まってしまい、バスの始発駅へ行けませんでした

 

他線へ乗りかえて、職場の最寄り駅へ行き、そこから30分弱、勤めている施設まで歩きました

 

勤めはじめた頃も歩いたことはあったけれど、とてもしんどくて、これなら混んでいるバスに乗った方が全然楽だと思いました

 

しかし、今回は違いました

 

朝の30分弱の歩きは、とても清々しく気持ちが良くて、今週1週間、このコースで通勤を続けました

 

数年前と比べて今は、体力も付いたのだなぁとうれしく思います

 

アトピーと乳がんを経験してから、健康のために歩かなくてはいけない!
自分への義務がありました
出来ていないとき、焦りや不安を感じました
でも、それはそれで、今に繋がっているのなら、良かったと思います

 

あの時の焦りや不安も、今では、歩く方が気持ちが良いなぁと言う喜びの感覚に変化しました

 

昨年の夏は、暑さにバテバテでしたので、今年は少し良くなると良いなぁと思っています

電車で見かけたご老人

電車に乗って帰省中、熱海辺りから、にぎやかに乗車してきた家族連れがありました

 

ふたりの娘さんらしき人の間に、小柄なご老人が、ちょこんと座っていた

 

少し耳の遠いご老人に合わせて、娘さん達が大きな声でお話しをしてくれて、楽しい会話が聞こえてきました

 

ご老人
「長生きしすぎたよ、もう、そんなに長くないなー」

 

娘さん
「なーに言ってるの、ついこの間、108歳まで生きるって、いってたじゃない」

 

「あと、2年よ」

 

えーーーと、わたしは驚いた

 

今、ご老人は、106歳と言うことになる

 

オレンジ色の大きなサングラスは、小さなお顔の3分の2にかかっている

 

お家で食べるようにと、駅弁を買ったらしく、袋をごそごそして、今すぐ食べようとするご老人

 

娘さん達が、家で食べるから、そのまましてねと言われても、ごそごそして気になる様子、そのままよ、ごそごそ…

 

ほっこりする風景、会話が繰りひろげられていました

 

職場の高齢者施設も、娘さん達が、高齢の父親に会いにやって来ます

 

中には、幼い頃から別々に暮らしていたから、父親のこと、よくわからないのよと言う家族もいる

 

ひとりひとりに歴史がある

 

大変な苦労、戦争経験のあるお年寄りもいる

 

命のおわりの少し前の時間に、出逢えた人達

 

その人らしく、穏やかに、好きなように過ごせるように
託されたその時間に、責任を感じる

 

3月になりました
お年寄りを連れて、お庭の桜を見に行くことが、今月の楽しみです