ブログ

今までのブログ記事

 
笛木紀子のアメブロ「アトピーの神様」
 
【ブログカテゴリー】
お知らせ
素肌美人になるRenoTube
アトピーさんのRenostagram
乳がんとアトピーを経験した管理栄養士・朋子のブログ
恋々農園さんの畑ごはん
れのあキッチン
 
 

    木綿豆腐VS絹ごし豆腐②

    木綿豆腐と絹ごし豆腐を管理栄養士目線で比べて、数値化してみたら、

     

    マグネシウムは、絹ごし豆腐の約2.5倍含まれていて
    カルシウムは約1.5倍になることが、前回わかりました

     

    今回は特に、マグネシウムについてみていきます

     

    まずは、マグネシウムの栄養量について比べてみます

     

    木綿豆腐(1/2丁150g)195mg
    絹ごし豆腐(1/2丁150g)83mg

     

    玄米飯(お茶碗1杯150g)74mg
    いりごま(大さじ1 9g)32mg

     

    アーモンド(20粒 20g)54mg
    あおさ素干し(小さじ1 3g)96mg

     

    ごま、ナッツを含めた種実類や、あおさ、ひじきなどの藻類、玄米、ココアなどから、マグネシウムは効率よくとることが出来ます

     

    そして、私たち日本の食品には、大豆製品という素晴らしい食品があります

    例にあげましたお豆腐は、効率よくマグネシウムをとれる味方の食品です

     

    そしたらさぁ、毎日、木綿豆腐食べたらいいじゃんみたいになっちゃいますけど

     

    毎日、豆腐食べてたら飽きちゃいますし、お料理や好みによって、木綿豆腐も絹ごし豆腐も使い分けたらいいと思います

     

    私自身、
    「豆腐は、木綿しか食べません!」
    以前は自分をそうやって縛っていたことがありました

     

    今は、もちろんどちらの豆腐も食べますし、木綿豆腐の歯ごたえやザラザラした感じも好きです
    絹ごし豆腐のサラリとしたのどごしも心地良く感じます

     

    お豆腐は、汁もの、炒めもの、煮物、鍋の具などなど、いろんなお料理に登場できます
    これからも日常の食生活に、ちょこっと登場させて、マグネシウムの栄養を確保していきましょう♪

    根本的に痒みのない身体を目指してアトピー改善!

     

     

    気の狂いそうな痒み。

    掻いて掻いてかさぶたは剥がれ、

    それでももっと掻いて血がにじんでも掻き続けます。

     

     

    そして掻き続けた皮膚は強烈な痛みがあります。

    身体を動かすことも億劫になります。

     

     

    何もすることが出来ず、ただ、一日中掻いています。

    そんな痒みから解放されるために体内を整えます。

    痒みのない体!

    痛みのない体を目指して!

     

     

    アトピーくらぶれのあは、そのためのお手伝いをしています。

     

     

    木綿豆腐VS絹ごし豆腐

    豆腐料理は、何が好きですか?
    普段どんな風にお豆腐を食べていますか?

     

    メイン料理ならば
    麻婆豆腐、揚げ出し豆腐、肉豆腐等々
    すき焼きに入れたり、お味噌汁の具としても定番食材です

     

    ただし、豆腐料理はメイン料理じゃないよーという、働き盛りの男性や、職場の元気な男性入居者さんから、言葉が漏れ聞こえてきま

     

    でも、お豆腐料理もたまには良いものですよね

     

    れのあキッチンに
    豆腐を使った、ゴーヤチャンプルのレシピがありました

     

    ~れのあキッチンより~
    「豆腐は木綿を選びましょう
    木綿豆腐は絹ごし豆腐に比べて、たんぱく質やマグネシウムが豊富に含まれています
    マグネシウムは、カルシウムが吸収されるときに必要なミネラルで
    アトピーさんは、カルシウム不足です
    カルシウムといっしょにマグネシウムも気にしてとっていきましょう」

     

    ここからは
    木綿豆腐と絹ごし豆腐を管理栄養士目線で比べて、数値化してみま

     

    木綿豆腐1丁(300g)
    エネルギー 216kcal
    たんぱく質 19.8g
    マグネシウム 390mg
    カルシウム 258mg

     

    絹ごし豆腐1丁(300g)
    エネルギー 168kcal
    たんぱく質 14.7g
    マグネシウム 165mg
    カルシウム 171mg

     

    (日本食品標準成分表2015年版七訂)

     

    木綿豆腐のマグネシウムは、絹ごし豆腐の約2.5倍含まれていて

     

    カルシウムは、絹ごし豆腐の約1.5倍になることが比べてみるとわかります

     

    栄養面からみますと、やっぱり木綿豆腐を選びたいですね

     

    お豆腐について
    次回、更に分析しちゃいます♪

    幼児のアトピー改善の取り組み方は?

     

     

     

     

    幼児のアトピーの体質改善も

    大人のアトピーと同じ取り組みをします。

     

     

    お食事の見直し。

    運動や入浴で血行促進。

    腸内環境を整えること。

    スキンケアで肌を保護すること。

     

     

    大人になって体質改善をスタートするより、

    幼い頃から体質改善される方が、

    改善にかかる期間は短くてすみます。

    早い段階で取り組まれることをおすすめします。

     

     

    お母さんの頑張りで、こんなに綺麗になりました!