笛木紀子からアトピーさんへ

    黒く硬くなった皮膚はたとえ痒みが緩和されていても改善が遅れます。。

    この2~3年

     

    新規でおいでになるお客様の皮膚が黒くて固い

     

     

     

     

    非常に酸化しています

     

    黒く固まっているので強烈な痒みはありません

     

    でもこれは非常によくない状態です

    一様に皆さん脱保湿をされていました

     

    斬新にでも聞こえるのでしょうか

     

    人間の身体の仕組みを知ったら決してできないことです

     

    私たちは元々海から上がってきました
    海の中はチリやほこりの到達が陸上より少ないのです
    そして全身を水に覆われていました
    やがて陸にあがった私たちは身体の各部位に保湿機能を持ちました

     

    目の涙
    鼻の鼻水
    口の唾液
    皮膚の角質層

     

    がそれです

     

    アトピーの方たちは汗腺も皮脂腺も委縮しています

     

    自分で保湿する力が弱いのです

     

    保湿=うるおいです

     

    この潤いがあって菌がきても体内を守れるのです

     

    なのに
    なのに

     

    脱保湿したらどうなります

     

    菌の思うまま
    そして乾燥は黒ずみをうみ皮膚は老化します

     

     

    赤ちゃんの皮膚が瑞々しいのは水分保有能力が高いからです

     

    自分の汗や脂が出る様に体質が作られるまで外からの保湿という援助が必要です

     

    この黒く固まった人たちは一度この状態が壊れないときれいになりません

     

    ナビゲートします

     

    一緒に頑張っていきましょう

     

     


    ↑笛木紀子のアトピー改善のための知識と情報をまるごと収録↑

     


    3月4日 13時~16時  町田店   残席1名
    (4月はこちらのセミナーの予定はございません)

     


    ※「食のセミナー」から名称変更しました
    3月18日 11時~14時  町田店  残席2名
    (4月はこちらのセミナーの予定はございません)

     

    特別レッスン編です。基礎と応用が一緒に学べます♥

    4月10日 11時~14時  町田店  残席1名

     

    アトピー改善のプロになりたい方はこちら
    https://renoa.co.jp/pro-course/

    薬を使わないアトピーのお話し会 IN 整形外科

    2月11日   愛媛のしのざき整形外科でセミナーをさせていただきました

    そちらの事務長さんのブログを紹介させていただきます

    ↓↓

    こんばんわ!
    事務長の馬越です

    先週の日曜日、東京からアトピーを治して31年、れのあの代表である笛木紀子先生が
    講師としてしのざき整形外科に来られました

    主催は非常勤内科医、すぎとこ先生こと杉山晃一先生。


    30周年記念の時の先生。やはりバイオリンがよく似合う

    そして笛木先生にこんな記事を書いていただきました

    実は今回の愛媛のセミナーは内科医が主催者でした!
    2018年02月14日(水)

    いやー、普通に考えて医者の前で講義ってだいぶハードル高いですよね。
    特に整形外科の先生の前でまだそんなアトピーと骨の関係について常識となっていない事を
    堂々と言うのは気がひけますよね。
    プロの芸人の前で漫才するようなもんですよ。

    しかし笛木先生はさすがでした

    31年の汗と涙があったからこそ、笛木先生の熱意と臨床での研究結果のお話は院長もかなり胸を打たれていました

    実は私、長女が超絶不機嫌であまり講義を聞けなかったのですが、

    母がさりげなく前に出て、笛木先生がオススメする五本指ソックスはいてたり、
    鍼灸師の柳田が鼻うがいに挑戦してたりと、楽しそうなのは写真から伝わりました

    講義が終わった後は、助手のみほちゃんが海水温熱療法をやってました🙆

    あっつーい海水の湯気で熱したタオルを載せます。ちなみにこの海水は朝どれの伯方島の新鮮な海水です❤笑

    身体の血行が悪いところはあつーく感じますが、血行が良いところは気持ちがいいそう◎

    背中の中心辺りの血行が悪いようです

    頭の先までピッタリとやります。

    施術者のみほちゃんは元々アトピーでれのあに通っていました。
    アトピーが酷すぎて成人式には出られなかったそうです。
    なので、アトピーを持つ方の気持ちは痛いほどにわかるそう。

    ちなみにうちの子の乳児湿疹はおでことほっぺを見て、
    うんちがちゃんと出ればすぐに治るよーと言ってもらえました

    顔を見ただけで何が問題なのかすぐにわかる笛木先生

    笛木先生によると、アトピーさんは大体骨が弱いそうです。

    そしてそれを証明するかのように、ステロイドによる骨粗鬆症が論文で2003年に発表され、
    2014年にガイドラインも出ています。

    ステロイド性骨粗鬆症

    ステロイドを使ったから骨が弱いのか、骨が元々弱くてアトピーになったからステロイドを使ったのかは分かりません。

    アトピーで皮膚科に連れて行ったら大体ステロイドですよね。
    でもステロイドを長く使った結果、骨粗鬆症になってしまったらなんのこっちゃです。

    ステロイドは今まで神の新薬だともてはやされたそうです。
    何人の人がこのステロイドに助けられたことでしょう。
    そして何人の人が今ステロイドの副作用に困っているのでしょう。

    速効性のある薬にはそれだけのリスクがあるんじゃないかなと感じます。

    本で読みましたが(タイトル忘れてしまいました)、花粉症を劇的に治せる薬が出来た時に、
    その薬を飲むと癌が増える(自己免疫力が弱くなる)ので花粉症は治っても癌で亡くなるというもので、
    結局商品化されなかったという話がありましたが、良いだけのものはこの世にないですね。

    食と病気との関係は切っても切れないです。
    誰かが食べ物で治せない病気は医療でも治せないと言ってましたが、ホントにそうだと思います。
    笛木先生は食に関するレシピ本や講義もされています。
    また笛木先生と杉山先生としのざき整形外科で食の合同企画が出来たら楽しいと思いますので、その時は是非ご参加下さいね❤
    笛木先生のお話はとっても面白いし、ズバッと言ってくれるので痛快爽快です✨
    心で思っていることが顔でバレちゃいますよー😁

    ということで以上、馬越でした

    ゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆

    事務長様、ご紹介ありがとうございましたm(_ _ )m

    骨の専門家、院長先生の前でのお話はとても緊張しましたが
    院長先生の食いつき方に一安心いたしました。
    学ぶ姿勢が素晴らしいですね!

    これから色々ご一緒させてください♥

     

     


    ↑笛木紀子のアトピー改善のための知識と情報をまるごと収録↑

     


    3月4日 13時~16時  町田店   残席3名

     


    ※「食のセミナー」から名称変更しました
    3月18日 11時~14時  町田店  残席3名

     

    アトピー改善のプロになりたい方はこちら
    https://renoa.co.jp/pro-course/

    いつまでもアトピーなのは改善の王道を歩いていないだけ!

    私が骨の理論と出逢ったのは平成13年6月7日のことでした

     

    ある方が
    アトピーの為にレントゲンを撮ろうと誘ってくれました


    2001年6月7日の私の骨カルテです ↑

     

    その頃すでにアトピーは表面的には治っていました

     

    でも私の骨はいつでもアトピーが再発できる様なもろい骨でした

     

    腰椎の3番が左にぐんと偏っていました

     

    腰痛持ちでしたのでなるほどと思いましたが
    それとアトピーが関係するとは驚きました

     

    身体の中でも骨の新陳代謝は一番ゆっくりで7年と言われています

     

    そんなことを知りそれからじっくり骨作りに取り組みました

     

    2006年1月12日

     

    問題の骨は解決していました

     

    お客様も同じようにレントゲンで確認しながら骨作りを勧めました

     

    こうしてれのあの骨理論は確立されていきました

     

    今でこそ
    ステロイド性骨粗鬆症は日本皮膚科学会で発表されたり

     

    東京大学の中に骨免疫学会も発足しています

     

    骨が骨格やカルシウムの貯蔵以外に果たす役割は報告されだしました

     

     

    私が骨とアトピーの関係性を知った頃はそんな情報も機関もなく
    レントゲンで確認しないと
    お客様はカルシウムを飲んでくれませんでした

     

     

    もちろん骨作りだけでアトピーが改善するわけではありません
    でも改善する為の大きな柱になる事は事実です

     

     

    今ではカルシウムがより吸収する為の方法も明らかになってきました

     

    だからアトピーさんどうか諦めないで

     

    改善の道のりを歩いていないなら治らなかったのが当たり前

     

    改善の王道を歩けば良いのです

     

     


    ↑笛木紀子のアトピー改善のための知識と情報をまるごと収録↑

     


    3月4日 13時~16時  町田店   残席5名

     


    ※「食のセミナー」から名称変更しました
    2月18日 11時~14時  町田店  満員御礼
    3月18日 11時~14時  町田店  残席4名

     

    アトピー改善のプロになりたい方はこちら
    https://renoa.co.jp/pro-course/

    身体を冷やしたくない・・でも生の酵素はいただきたいですね。

    食事のことを一生懸命やっているお客様から質問を受けました

     

    生の野菜って冷えますよね?
    でも酵素をいただくために必要ですか?

     

    もちろんです!

     

    ただ私はこの季節や体温が低い人には根菜でお勧めしています

     

    滋養の物が多いからです

     

    ただでなくても野菜の持つ栄養価は減っています

     

    だから少しでも身体を温めてくれる根菜を生で食べたいのです

     

    まずはこれごぼうです
    はじめ見た時びっくり
    自然農って驚きが満載

     

     

    千切りしてあく抜きをします
    (あくをぬかない流派もありますね)

     

    そしてこまいニンジン

    小さいけれど香りがしっかりと主張

    切干大根と根昆布を水で戻します

    醤油+酢+甘酒+塩 に漬ける事一日

     

    しっかり酵素の採れる身体を冷やさない1品でございます

    ここで気を付けることは調味料です

     

    良い調味料は薬いらずと言われてきました
    (醤油・味噌・塩は極上の物をお勧めします)

     

    醤油と味噌は発酵食品です
    私たちのお腹の菌を整えてくれるもの

     

    天日に干した塩はミネラルです

     

     

    出来上がった1品はまさに滋養食

     

    これを質素と思うか思わないかは人それぞれでいいと思います

     

    でも日本人の長い歴史の中での食はこんな感じだったのです

     

    私たちは植物の化身です

     

    力のある植物を食べていたら力のある人になります

     

    生野菜でも身体を冷やさない1品の紹介でした

     


    3月4日 13時~16時  町田店   NEW!

     


    ※「食のセミナー」から名称変更しました
    2月18日 11時~14時  町田店  残席1名
    3月18日 11時~14時  町田店  残席4名

     

    アトピー改善のプロになりたい方はこちら
    https://renoa.co.jp/pro-course/

    花粉の季節ですね・・・あなたは何で対処しますか?

    もうすぐ花粉の季節ですね

     

    花粉症の友達が数人います

     

    みなそろそろ不安を感じる頃の様です

     

    今年はたくさん飛ぶんだろうか・・・・

     

    私はいつも思います

     

    根本的に改善したらいいのにな

     

    でもビールも焼肉もやめれないし
    早く寝れないしコンビニ便利だしサプリは高いし~~

     

    こんな感じでしょうか・・・

     

    まぁ

     

    それらだけが原因ではないですものね

     

    ここでは対処法の紹介をします

     

    れのあ店内にはこんな張り紙が

     

    鼻うがい

     

    ご存知でしょうか?

     

     

    免疫の司令部ともいわれている上記の部分を洗います

     

     

    こんな道具を使ってです

     

    鼻うがいと聞くと逃げる人がいっぱい

     

    でも意外に簡単
    そして全く痛くないの

     

     

    実践セミナーでお教えしています
    空気の悪いセブシティでもお伝えしています

     

    お出かけから帰ったら鼻の中を洗ってみませんか

     

    次に

     

    オイルで鼻の中の粘膜を保護します

     

    日常は風邪予防のため寝る時にやっていただいていますが
    花粉症の人はお出かけ前にもどうぞ

     

    鼻の穴の入り口にオイルを1~2滴たらし
    手で鼻の穴を外から抑えると均等に粘膜にオイルがいきわたります

     

    この時に大事なことは鼻の奥にいれないこと
    あくまでも入り口にオイルを落とし外から鼻を抑えて周辺に広げます

     

    アトピーくらぶれのあではスクワランオイルをお勧めしています

     

     

    以前、馬油をお勧めしていましたがベタベタするのが気になっていました
    スクワランはさらっとしているし、もともと皮脂中にある成分なので良くなじみます

     

    ハンズで50円くらいのボトル

     

    手の平に乗るような小さなボトルに入れ替えて外出先でもできるように

     

    それからマスクをされると花粉の着きがまったく違います

     

    ぜひ試してみてください

     

    今年の花粉症に懲りて
    そろそろ体質からと考えらたらぜひセミナーへお越しください

     


    3月4日 13時~16時  町田店   NEW!

     


    ※「食のセミナー」から名称変更しました
    2月18日 11時~14時  町田店  残席1名
    3月18日 11時~14時  町田店  NEW!

     

    アトピー改善のプロになりたい方はこちら
    https://renoa.co.jp/pro-course/