ミーホの動画で学ぼう

今までの記事

 

    アトピーさんに多い亜鉛不足。2つの注意点。

    ミネラルバランス測定をすると、

    アトピーさんの大多数が亜鉛不足です。

    亜鉛不足と聞くと

    「貧血に関係するかな?」

    「でも、貧血じゃないから私は問題ない」

    と思われてしまう方もいますが、

    自覚症状のない亜鉛不足が深刻です。

     

     

    まず亜鉛とは何をしているミネラルでしょうか?

    あげるときりがないのですが、

    免疫やホルモン、生殖機能、インスリン合成貯蔵をしています。

    呼吸や細胞分裂にも関係しています。

    また、00種類の酵素の働きにも関係があります。

     

     

    この亜鉛が不足するとどうなるのでしょうか?

    アトピーさんの身体の状態で心配な状態2つをご紹介します。

     

     

    『食べものの消化吸収不良』

    アトピーさんは食べても食べても太れない方がいますが、

    消化吸収が上手にできていないのも要因しています。

    また、亜鉛不足が続いていくと、

    腸内フローラが乱れ

    →腸のバリア機能低下

    →リーキーガット症候群

    (本来腸で排除されるべき有害物質が腸壁が傷んでいることにより体内に入り込んでしまう)

    →悪化するとさらに腸の大病の要因に

    腸は免疫細胞の70%が作られるといいますから、

    免疫アップの要といえます。

     

     

    『傷が治りにくい』

    お肌の掻き壊し傷が塞がりにくい、ケガのかさぶたができにくいなど、

    細胞の修復が上手くできません。

    細胞の修復が進まないという事は・・・お肌の代謝も進まないので

    お肌が綺麗になりにくいという事です。

     

    アトピーさんは特にこの2つの状態に注意したいですね。

     

     

    ではその改善方法です!

    亜鉛を摂取しましょう!

    牡蠣やレバー、カツオなど、血を作る食品を食べます。

    ですが、ただ毎日食べてもそれがすべて栄養となるわけではありません。

    亜鉛不足の方は、消化吸収が上手にできませんので、

    「糖鎖」のサプリメントも摂ることによって、

    栄養の吸収を助けてあげると、より効果的に亜鉛を摂ることが出来ます。

     

     

    体の状態がわからないと、どのようにアプローチしてよいかが分かりません。

    まずは、ミネラルバランス測定で今の体の状態を調べてみましょう!

    ミネラルバランス測定(体内のミネラル&有害金属検査)

    消化が苦手なアトピーさんへ。消化を助ける食べ物3つ!

    「食べると胃が重く、消化出来ていない気がする。」

    「消化吸収が出来ないから栄養になっていない気がする。」

    「たくさん食べても太らない。」

    「お通じが良い状態ではない。」

    など、消化吸収にお悩みを持っている方は少なくないと思います。

    どうやらアトピーさんは、消化吸収が苦手な方が多いです。

     

     

    そんな消化吸収がお悩みの方へ、

    今日からすぐにできる消化をお助けするポイント3つご紹介します。

    私も最近実践していますので、

    試してみてください。

     

     

    その1「梅干し」

    まずは食事直前に、梅干しを一口かじります。

    丸ごと1個食べると多いので、一かじりです。

    梅干しをかじると唾液が出ます。

    消化器系の準備運動になります。

    「これから食べ物がいくよ~」と消化器系にお知らせをしてくれます。

    梅干しが苦手な方は、写真を見たり、想像するだけでも

    口の中に唾液が広がりますよ。

     

     

    その2「大根おろし」

    私の最近の食事メニューには、

    必ず大根おろしが登場します。

     

    大根はお味噌汁や煮物などの加熱調理では頻繁に食べるという方も、

    生で、しかも、おろして食べるとなると、

    あまりしないのではないのでしょうか?

    生のすりおろした大根は、酵素が効率良く摂れます。

    定食屋さんで焼魚を注文すると、

    焼き魚の横に大根おろしがついていますよね。

    それは魚のたんぱく質の消化を助けているんです。

    ただの薬味だけの役割ではないんです。

    私もお夕飯にはいつも大根おろしを食べています。

    お魚の日だけではなく、お肉の日も食べています!

     

     

    その3「酢の物」

    酢のものも消化を助けてくれます。

    すっぱさが唾液や胃酸の分泌を促してくれます。

    また、日本伝統の製法で作られたお酢は発酵食品です。

    発酵食品が少ないと感じている方にはとてもおすすめです。

    例えば、わかめにお酢をかけたりして、

    私は毎日食べるようにしています!

     

     

    まずはこの3つのポイントから始めてみましょう!

    消化吸収に不安を感じている方、

    健康に食生活をされたい方、

    どなたにもおすすめします(^^)

    是非お試しください!

     

    秋冬シーズンに向けて身体を温めましょう!

     

    今日の東京は過ごしやすい気候です。

    ここ最近では秋雨の影響で豪雨もあったり。

    秋の気配を感じます。

     

     

    まだ、アトピーが辛かった頃。

    秋がくるのが怖かったです。

    気温は下がり、空気も乾燥するため、

    アトピーの体は冷え、肌は乾燥で裂けてしまうからです。

    そして冬になると、もっと代謝は下がり、皮膚はバリバリに・・・

     

     

    秋冬が辛い。

    そうならないために取り組んでいたことがあります。

    それは体を温めると!

    アトピーさんはお腹が冷えています。

    私も以前は、お腹を冷やしている自覚の無いまま過ごしていました。

    れのあに来られる方もやはり冷えています。

    夏場は、特に冷房や冷たい飲み物で、自覚なしに冷えています。

    体を冷やしたままで秋になり、体調を崩してしまう方も・・・

    そうならないために温めましょう!

     

     

    れのあ式を取り組まれている方は、

    毎日の「水素風呂」「1日40分のウォーキング」はすでに実践されていることでしょう。

    それ以外の方法として、体を温める方法を紹介します。

    それは『こんにゃく湿布』です。

    昔からある自然療法です。

     

     

     ~簡単!!『こんにゃく湿布』の作り方~

    ①こんにゃくを摩り下ろした生姜の入った鍋に入れ、熱くなるまで煮ます

    ②温めたこんにゃくをハンドタオルで包みます。その上からさらにハンドタオルで二重に包みます

    ③温めたい箇所に温湿布します。

    ④冷めてきたらハンドタオルを1枚剥がして湿布し、

    又冷めてきたら、もう1枚のハンドタオルも剥がしてこんにゃくをそのまま湿布します。

    こんにゃくは長時間冷めにくいのでご自宅での温めには簡単にできます!

    使ったこんにゃくは冷蔵や冷凍して、小さくなるまで何回も使いまわせます。

     

     

    お腹

    皮膚の黒ずみの箇所に

    肩こりに

    しこりがある所に

    落屑の多い皮膚の所に

    ジクジクした皮膚の所に

    痒みがある所に

    ご自分の体調に合わせて上手にこんにゃく湿布を活用してみてください。

    後で後悔しない様に、今できる事を頑張りましょう♪

     

    保湿もできる!泡の洗顔パックの使い方動画

    皆さん。

    毎日の洗顔はどのようにしていますか?

     

     

    一晩寝て起きた朝のお顔の皮膚は意外と汚れています。

    寝ている間のほこりがついていたり、

    寝ているときに皮膚は最も作られますから、新陳代謝した余分な角質や、

    余分な皮脂も溜まっています。

    お顔にアトピーが辛い方は、ぱりぱりガサガサ乾燥で顔の筋肉が動かせないかもしれませんね。

    朝から洗顔をして清潔にかつしっとりしてあげたいものです。

     

     

    夜も洗顔をしますよね。

    1日の空気中の汚れはお肌に付着しますし、

    メイクをされている方はメイク汚れもあります。

    おでこや小鼻は皮脂も気になります。

    アトピーさんは、1日過ごしたお顔はとくに乾燥しています。

     

     

    毎日の洗顔は大事です。

    清潔に保つためにはもちろんですが、

    アトピーさんの乾燥したお肌をしっとりさせてあげましょう!!

    それには「レノリアパック」が助けてくれます(^^♪

     

     

    「レノリアパック」効果を最大限に引き出すためには、

    正しい洗顔方法をマスターしましょう!

    これであなたも美肌のための洗顔のマスターに!?

    「レノリアパック」の洗顔方法をご紹介します!

     

     

     

    ポイントは、たっぷりの泡です。

    泡が少ないと期待する効果は出ないので、

    泡をケチらずにお使いください!

    私も、泡をケチって洗ったら、

    摩擦されてしまってヒリヒリ感やしっとり感がいまいちだった経験があります。

    適切な泡の量での洗顔をお勧めします。

     

     

    私は、アトピーが辛かったころから今でも毎日愛用しています!

    アトピーが辛かったころは、全身が乾燥していたので、全身に使っていました。

    運動部だった中学生時代でも、一般の洗顔料を使うとバリバリ乾燥するくらいの乾燥肌でしたが、

    アトピーの乾燥が激しい時でも、

    このパックだと、洗い上りがバリバリせずにしっとりします。

    実感してからは、もう「レノリアパック」がないと洗顔できません~(+_+)

    皆さんも洗顔にお困りでしたら、試して実感してみてください。

     

    夏でも冷えていませんか?冷え対策をしましょう!

    れのあに施術にお越しいただくと、

    いつもFBAを測定します。

    FBAとは自律神経を測定する機器で、

    その日の体調を結果から読み取ります。

    そのFBAを計っていると、どうやら体が冷えている方がいます。

     

     

    今は夏です。

    元気なら、1年間でもっとも代謝が高い時期です。

    気温が高いので、必然的に体も暑かくなりますよね。

    なのに、体が冷えているのです!

    これを秋まで持ち越すと、

    秋の気温が涼しくなった頃に体調を崩す方がいるので注意が必要です。

     

     

    暑い日に身体が冷えるというのは、いまいちピンっとこない方もいると思います。

    屋外に出るだけで汗が出てくるほどです。

    そんなに暑いのですから、身体も温まっているはずと思われがちです。

    実は自分でも気づかないうちに、身体を冷やしている可能性がありますよ。

     

     

    例えば冷房

    電車など冷房の効いた所にいる時は、

    ストールや羽織りもので身体を冷やさない工夫がしたいですね。

    お店や電車では既に冷房が入っています・・・

    オフィスでは丈の長い靴下や腹巻きも必要という方もいると思います。

    冷房の温度設定が28度の部屋にいても、長い時間いると冷えてしまう方もいます。

    気づかないうちに手足やお腹が冷たくなってはいませんか?

     

    冷たい飲み物・食べ物も身体を冷やしますね。

     

    お腹が冷えてしまって、

    お腹をこわしたり、

    胃や腸が疲れてしまう方がいます。

    そうすると消化吸収にも影響がでてきてしまいます。

    食べれない。食べたくないといった状態になることも。

     

     

    こうして冷やしてしまった身体を温めてあげたいのですが、

    夏場は温めることを忘れてしまいがちです。

    湯船に浸からずにシャワーのみにしてしまうという方はいませんか?

    シャワーで汗は流せても、

    身体は温まりませんよ。

    身体の芯から温めて、

    季節の変化にも体調を左右されない丈夫な体作りをしていきたいですね。

     

     

    湯船に浸かりましょう!

    水素風呂』だと最高です!

     

     

    体の芯から温まり、血行促進・抗酸化になります。

    3ヶ月は続けてみてください。

    代謝が上がっていくのが実感できると思います。

    お肌も変化していきます。

    ぜひ普通の入浴ではなく、『水素風呂』入浴をされてみてください。

     

     

    さらに、運動しましょう!

    れのあ式では、1日40分以上のウォーキングをお勧めしています!

    FBAの測定では、運動不足かどうかも分かります。

    体の冷えている方はだいたいが運動不足でもあります。

    下半身の冷えやむくみは、ウォーキングをすることで、

    リンパの流れが良くなり解消されやすくなります。

     

     

    もっと変化をしていきたいという方は、

    デトックスコースをどうぞ。

    血行促進はもちろんのこと、

    免疫、自然治癒力アップ。

    有害重金属の排泄もできます。

     

     

    「結構の良い所に病気はありません。

    血行の悪い所に病気は起こります。」

    夏の冷え対策ももちろんですが、

    涼しくなってからも、冷え対策として

    取り入れてください(^^♪