ミーホの動画で学ぼう

今までの記事

 

    日本の食品にはアルミニウムが含まれています。

    ミネラルバランス測定をしていると、

    多くの方が有害金属のアルミニウムの蓄積がみられます。

    なぜこんなに蓄積されているのでしょうか?

     

     

    日本ではどのような対策がされているのでしょうか。

    厚生労働省のホームページを調べてみました。

     

     

    厚生労働省のホームページには、

    アルミニウムが含まれる添加物とその添加物が使われている食品が掲載されていました。

    例えば、

    膨脹剤(ベーキングパウダーなど)は

    菓子パン(メロンパンなど)、焼菓子(スポンジケーキなど)、揚げ菓子(ドーナツなど)、蒸し菓子(小麦饅頭など、蒸しパン)に含まれる。

    形状安定剤(煮崩れ等の防止)は魚介類(たこ、いか、くらげ、うになどの魚介類)など

    着色料は食品全般

    これはほんの一部です。

    もっとたくさんのアルミニウムの使用が記載されていました。

    「日本ではこんなに使われているんだ・・・」

    「これを知らず知らずのうちに食べているんだ怖い」と思ってしまいました。

     

     

     

    そして、おどろくべきことに、

    アルミニウムを含む食品 添加物の使用基準(使用量の上限)は定められていないのです。

     

    現時点では、

    「加工食品と野菜などの生鮮食品からアルミニウムをどれくらい摂取しているのか調査」をし、

    その結果から、

    膨張剤を使った食品を多く食べる、1~6歳児のアルミニウム摂取が多く

    その結果をもとに、

    「自主的な低減化の取組み」を呼び掛けているにとどまっています。

    まだまだ、

    このアルミニウムの危険については世界で研究・見直されている段階です。

     

     

    ですから、

    何を選び食べるのか、自分でよく考えていかなければいけないのです。

    知らず知らずのうちに摂取してしまっているアルミニウムですが、

    アルツハイマーの危険なども文献などで発表されています。

     

    知らずに食べていて、知らずに蓄積されているアルミニウムですが、

    後悔しないためにも1食1食をまずは大事にしていきたいですね。

    アルミニウムの蓄積がわかるのはミネラルバランス測定です。

    今の自分の身体を調べてみましょう。

    ミネラルバランス測定(体内のミネラル&有害金属検査)

    朝一番にする免疫アップさせることは?

     

    皆さん、朝起きて1番にすることは何ですか?

    水をのむ?

    顔を洗う?

     

     

    ちょっと待った!

    れのあ式では、朝1番にやって欲しいことがあります。

    それは「歯磨き」です。

    「え、そんなこと?」と思われた方、

    これがと~っても免疫アップには大切なんですよ!

     

     

    「アトピー改善の実践セミナー」でご紹介した、

    免疫アップの方法をお伝えします。

     

     

    わたしたちの身体はカビと共存しています。

    それは誰でもみんな同じです。

    普段は何の支障もありませんが、

    免疫が下がると、カビがはびこりやすくなりますよ。

    そうなると改善しにくくなります。

     

     

    まずは朝1番の「歯磨き」を習慣化していきましょう~♪

    私は、朝に歯を磨かないと

    気持ち悪くてしょうがないくらいに習慣化されていますよ!!

    毎日のお手入れでシミ予防!

    アトピーさんのお肌はシミができやすいのはご存知ですか?

    アトピーさんのお肌は、

    皮膚が薄く、バリアー機能も弱っているためです。

    ですので、紫外線対策は必須となります。

    その紫外線対策以外にも、

    シミ対策を行っているともっと綺麗なお肌になれると思いませんか?

     

     

    お肌は、新陳代謝をしています。

    毎日、新しい細胞が作られ、古くなったお肌の角質(垢)は自然と落ちています。

    そうすることで、シミの元となるメラニンは自然と角質と一緒に落ちていきます。

    ですが、このサイクルが上手くできないのでシミになってしまいます。

     

     

    アトピーさんはというと、

    アトピーさんのお肌は「毎日どこからこんなに出てくるの?」と

    不思議なくらい落屑しますよね。

    次から次にお肌は剥けて落ちていきます。

    この時にメラニンが落ちます。

    この状態は、シミになりにくい!のですが・・・

     

    お肌が楽になると、落屑は止まります。

    そうなるとシミができやすくなります。

    ですから紫外線対策は必要なのです。

    さらに、自然と質が落ちるサイクルを正常に保ってあげる必要があります。

     

     

    そこで、「レノリアパック(明肌逢)」の出番です。

    毎日の洗顔にお使いいただくことで

    お肌の余分な角質を優しく落とします。

    毎日お使いいただくことで、シミになりにくくします。

    アンチエイジングですね!

     

    洗顔後のスキンケアには「エッセンス」をお使いください。

    エッセンスの有効成分でお肌の新陳代謝を促します。

    新陳代謝をすることで、メラニンも落ちていくことができますよ。

     

     

    れのあ所長の笛木は、

    毎日これをしっかりスキンケアしているのでシミができていないです。

    さらに、夏に海へ行ってお日様に沢山当たったら、

    パックやエッセンスなどの化粧品を大量に使ってケアをするそうです。

    その位大量に使ってケアしないと、強い日差しはシミになってしまうのですね。

    実際に背中など手の届かないところはケアがあまりできていないため、

    シミが少しあるそうですよ。

    「正しいスキンケアは大事」なんですね!

     

     

    その正しいスキンケアを行う事で、

    もとの皮膚よりも綺麗なお肌を目指したいですね!

     

    紫外線対策とクリームの使い分け

    皆さんご存知。

    れのあの所長、笛木です。

    シミがありません。

    年齢を言うとビックリされるそうです(◎_◎)

     

     

    毎年夏にガンガン海に行ってガンガン焼いていたのに、

    どうしてシミができていないのでしょうか?

    それには秘訣があります。

    ズバリ、日常から正しいスキンケアをしていたからです!!

     

     

    今日はそんなシミのない肌を作る、

    毎日の紫外線防止をご紹介します。

    これはスキンケアの基本ですね。

     

     

    強い紫外線防止剤はつかいません。

    アトピーさんの中には、強い紫外線防止剤を使ってかぶれてしまった・・・

    というお話を聞くこともあります。

    日常の紫外線防止でしたら、「デイクリーム」をお使いください。

     

     

    「デイクリーム」は、「クリーム#1」に、

    紫外線防止対策をプラスしたクリームです!

    4月に本格発売になります。

    「もう紫外線も強いし、発売まで待てないよ!」という方は、

    現在発売中の「プレミアム デイクリーム」をお使いください。

     

     

    基本的な紫外線防止の成分は鉱物です。

    この鉱物がたくさん入ると、紫外線防止力が高いです。

    ですが、そのぶん、硬いクリームになり伸びが悪く使い心地が良くありません・・・

    その為、一般的な紫外線防止のクリームは、

    ケミカルな材料を使うことで、紫外線防止力があるけれど柔らかいクリームを

    作ることが出来ています。

    そのケミカルな紫外線防止クリームを塗ることはお肌には刺激的ですし、

    リームを落とすときにも、強い洗顔料が必要になります。

    アトピーさんのお肌には負担になったりしますね・・・

     

     

    そこでれのあは、

    伸びの悪くならないギリギリで、紫外線防止の成分を入れたクリームを作りました。

    ケミカルな材料に頼らない、自然派な紫外線防止のクリームです。

    それがデイクリームです。

    アトピーさんも安心してお使いいただけます。

     

     

    そして、皆さんが間違えやすいポイントです。

    れのあにはもうひとつ「クリーム#2」というクリームがあります。

    こちらはデイクリームとは違い、

    紫外線防止成分は入っていません。

    ですので、デイクリームとクリーム#2をきっかり使い分けてほしいのです。

    使う目的が違います。

     

     

    このクリーム#2の使うタイミングは、

    デイクリームやオイルだけでは乾燥してしまう時、

    リンパ液が出ていたり、皮膚がめくれ過ぎて痛い時、

    赤ちゃんのアトピーケアです。

    それ以外の時には、

    基本的にはデイクリームをお使いください(^^)

     

     

    次回は、紫外線防止だけでなく、

    その後の適切なスキンケアの方法をお伝えします。

    所長のお肌の秘訣をもっとご紹介しますよ(^^)/

     

     

    春は植物の芽吹き=アトピーも芽吹きます。

    先日お出かけをしたら、桜が咲いていました!

    もう春だな~と実感した瞬間でした。

     

     

    春は、植物が芽吹くように、

    アトピーさんのアトピーも芽吹きだします。

    今日も「この1週間で急に腕がバッと吹き出しはじめました!」

    というアトピーさんがいらっしゃいました。

    そうなると憂鬱になってしまうものです。

    私も、アトピーがまだ全身出ていた時は、

    春は大嫌いでした。

     

     

    花見をする余裕なんてどこにもありませんでした。

    リンパ液だらだらで、外出さえしたくありませんでした。

    だんだんと気温が温かくなってきても、

    身体は寒いまま。

    致し方なく出掛けるときも、がっつり防寒対策をしていました。

    「本当なら冬が終わり、心も、服も軽やかになる季節なのに・・・」

    顔がパンパンに腫れて、真っ赤になるので、

    気分は憂鬱でした。

    「新学期や新しい1歩を進む人が多いのに・・・」

    自分だけ何もできずにひきこもっていました。

     

     

    同じような思いをしている方、いませんか?

    でも、辛いからといって今行動を起こさないと、

    来年も同じように辛い思いをすることになります。

    春のこのアトピーの芽吹きは、

    秋から冬に溜めた老廃物の排泄です。

     

     

    さて、それがわかればやることは見えてきますね!

    水素風呂・糖鎖を増やす・運動・食の見直し・ファスティング・・・

    出来ることは沢山ありそうです!

    春のこの排泄は、溜まった老廃物を出してくれています。

    辛いけれど、身体は「留めておきたくない、出したい」という証拠です。

    改善のステップアップのチャンスでもあります。

    秋冬に老廃物を溜めない身体にしていきましょう。

    その為には、今から代謝を高めていきませんか?

     

     

    具体的には何をすればいいの?全然わからない!

    という方は、LINE相談室でお話しましょう。

    れのあに通われている方もLINE相談室をご利用くださいね。