ミーホの動画で学ぼう

今までの記事

 

    アトピーは治る?不安をなくすには

    アトピー改善の途中で、

    ときに迷い、立ち止まってしまう方がいます。

    「このまま続けていて治るのかな?」

    不安になって、脱線してしまう方もいます。

     

     

    私はアトピーが辛い時、まだ10代でした。

    母に言われるがまま、初めてれのあに来た日を今も覚えています。

    高校1年生の1月でした。

    その日かられのあ式をスタートしました。

    初めの頃は一生懸命にがんばっていました。

    やる気に満ちていました。

    だけど次第に、順調にいかなくなってきました。

    気持ちを固めて始めたはずなのに何度もブレて、落ち込みました。

    母も不安だったのでしょう。

    知り合いに紹介された病院に連れていかれました。

     

     

    毎週れのあに通っていたのに、2ヶ月行かないでみたりする。

    アトピーに良いとされる薬を使わない治療も受けました。

    やっぱり治らない。と、れのあ式を頑張る。

    しばらくすると「本当に治るのかな?」とまた不安になる。

    無限ループでした。

     

    この無限ループの原因は「治るのか?」という不安です。

     

    なぜ、不安になるのでしょうか?

    なぜ、気持ちがブレてしまうのでしょうか?

    様々な理由があると思います。

    私はその一つに、『知識不足』があると考えます。

     

    例えば・・・

    インターネットで調べると、簡単に膨大な量の情報が手に入ります。

    真実か否か、見極めるのは困難です。

    お友達も良かれと思ってアトピーに良いとされる病院を紹介します。

    アトピー改善をするのが小さいお子さんや赤ちゃんであれば、

    おじいちゃんやおばあちゃんがなんとかしようと沢山の情報をもってくる。

     

    「今やっていることでは治らないのかもしれない・・・」

    沢山の情報や意見に振り回され、決意したはずの気持ちを揺らがせます。不安にさせます。

    でも、自分の中に『正しい知識』さえ持っていたなら、

    不安になることはないのではないでしょうか。

     

    ではその『正しい知識』はどこで手に入るのでしょうか?

    それは、れのあのセミナーです。

    1度参加してみましょう。

    理解できなかった所があれば、また参加してください。

    わかるまで。自分の知識になるまで何度も繰り返し学んでください。

    ホームページのブログや施術中にするスタッフとの話からも情報を得てください。

    新しい知識をどんどんと積み重ねてください

    それが自信になります。

    自信を持っていれば、誰に何を言われても、どんな情報にも、

    ふりまわされません。

    不安なくアトピー改善を進めていけるのです。

     

    アトピー改善を自信をもって行うことができるように

    自分が納得した信頼できる知識を積み

    新しい知識はすぐに自分のものにできるようにいつもアンテナをはっていましょう!

    セミナーは会を増すごとに進化しています。

    皆さんの知識も進化していきましょう!

     

     

    アトピーはいつ治るの?

    「このアトピーはいつ治りますか?」

     

    いつアトピーは治るのだろう・・・

    どのくらいの期間、アトピーでいればいいのだろう・・・

     

    私がアトピーで辛かったとき、

    『この出口の見えないトンネルから早く抜け出したい!!

    出口がどこにあるか知っていれば、諦めずに頑張れるのに・・・』

    アトピーで辛かったときはこんなことばかり考えていました。

     

    「アトピーはいつ治りますか?」

    「通われている方はどのくらいの期間で治っていますか?」

    施術中によく質問を受けます。

    私もよく考えていたことで、聞きたくなる気持ちもとてもよくわかります。

    1番知りたいことだと思います。

    私はいつも

    「わかりません。」

    と答えます。

     

    なぜお答えすることができないのかお話させていただきます。

    お一人お一人、皆さんに個性があります。

    育ってきた環境が違います。

    年齢も違います。

    アトピーがでてきた年齢も違います。

    お薬を使っていなかったり、使っていたりします。

    お薬を使っていたら、

    その使った期間が違います。

    お薬の種類も違います。

    体温。

    毎日の食事。

    運動量。

    さらには、酸化状態。腸の状態・・・目に見えないものまで違います。

    言い切れないほどです。

     

    皆さんのお一人お一人に個性がありますから、

    この期間で良くなるという断言はできません。

    ですが、ひとつ断言できることがあります。

    それは、「頑張れば辛い期間は短くなる!」

     

    アトピーがいつよくなるかお答えは出来ませんが、

    「こんな風に頑張ったお客様がいますよ。」

    というお話をさせていただいています。

    例えば、

    「3ヶ月間、お仕事をお休みして、その間ほぼ毎日れのあに通われました。

    子育てをしながらでとても大変そうでしたが、

    温熱をうけたり、カルシウムなどのサプリメントはしっかり飲んで、

    身体はしんどいけれど毎日1時間ウォーキングされていました。

    3か月後は見事に職場復帰するまでに回復。

    今は1週間に1回、温熱を受けています。」

    毎日の食事に気をつけたり。

    毎日運動したり。

    サプリメントを飲んだり。

    温熱も回数を重ねて。

    水素風呂にも入って。

    れのあでできる施術と自分でやること、

    とにかく今自分がやれるだけのことを頑張る。

    その頑張り次第でアトピーの改善スピードは大きく変わっていくことを知っています。

    『出口の見えないトンネルは短く出来るのです。』

     

    さらに、

    これは私が最近特に感じていることですが。

    「アトピーを治す」を目標にしているより、

    「アトピーを治したその先の未来に」目標を立てている方の改善が早いのです。

    れのあのお客様は女性が多いです。

    お話を聞くと、

    結婚や出産。

    お仕事。

    オシャレ。

    趣味。

    様々に目標を持っている方がいらっしゃいます。

    「アトピーが治ったら〇〇したい!」

    その強い気持ちが頑張りを生むのだと感じています。

    『トンネルの出口』を目標におくより、

    『トンネルを出たその先の目的地』を探して目標にされてはいかがでしょうか。

    きっと素敵なことが待っています(*^-^*)

     

     

    夏も意外と冷えてます!

    常連のお客様。

    今日のアトピー温熱ケアでは、身体の左側がやたらに熱がります。
    手も足の裏も血の気のない色をしています。

    いつもより念入りに熱を入れました。

    終わった後は汗もでてホカホカ(^^)

     

    聞いてみると、会社の席替えをして
    以前より冷房の風が当たるようになったと。

    しかも左側から!!

    20170619-1

     

    あぁ、なるほど、納得。

     

    薄着になるこの季節。

     

    常温で気持ちのいい時期なのに、
    冷房が効きすぎている電車や室内。

    冷たいものをついつい飲んでしまったり。

    20170619-2

     

    夏は意外と冷えている方が多いです(~_~;)

     

    「冷え」はちょっとした不調と思われがちですが、

    実は万病の元!!

     

    冷えると、内臓の働きが低下して免疫力も下がり、
    全身の活動に影響します。

     

    20170619-3

    病気だけでなく、冷えていれば代謝も悪くなり、
    太りやすくなったり肌がくすんだり、
    美容にもいいことはありません(~_~;)

     

    手足がいつも冷たい…そう感じる人は多いですよね。

    それはお腹が冷えてますよ!という身体からのサインです。

    手足が冷えているからといって、手足だけ温めても改善はしません。

     

    全身を温めましょう!

    特にお腹を温めることが大切です。

     

    アトピー温熱ケアは
    海水で蒸したタオルを足先から頭のてっぺんまで温め、
    お腹は特に念入りに温め内臓熱を高めます。

    20170619-4

     

    終わった後はホカホカスッキリ!

    20170619-5

     

    夏の冷え性、そのままにしないでくださいね(^^)

     

     

    アトピー温熱ケア
    /onnetsu/

     

     

    6/25 10:30~12:30
    グルテンフリーパン教室
    /cooking-pan/

    れのあ恵比寿店
    渋谷区恵比寿4-9-11 恵比寿たかむらビル704
    予約電話・問合せ: 070-1050-1107(直通電話)
    営業時間: 月~金/13時~20時 土/10時~16時(日・祝祭日定休)
    /about/tenpo/#ebisu-ten

     

    れのあ恵比寿店、一人で営業中~★
    アトピー七転び八起き

     

    アトピーで黒いTシャツが着れない方へ

    先日、お客様からアトピー温熱ケアの施術中にこんなご相談をうけました。

     

    「黒い服が着れない。好きでたくさん持っているのに着れないんです。」

     

    同じ思いを経験された、または現在されているアトピーさんも多いと思います。

    私もその一人でした。

     

    私もこんな経験をしたことがあります・・・

     

     

    ~高校1年生~

    れのあと出会う少し前の出来事です。

     

    「学校にいる間は掻かない」

    私のなかでの決まり事がありました。

    同級生にボリボリ搔いている姿を見られたくなかったのです。

    それともう一つ、搔くと落屑するからです。

     

    私の通っていた高校の制服は、濃い紺色でした。

    搔いてでた皮膚は制服に落ちます。

    紺色の制服には、落屑は目立つのです。

    特に、顔や首からの落屑は、制服の肩の部分に溜まり目につきやすくなります。

    まるで、「電車でたまにみかける、スーツの肩が頭皮から落ちたフケだらけになっているおやじ」のようだっ

    「そんなの恥ずかしい!絶対に嫌!

    と頻繁に肩に溜まった落屑を払っていました。

    もちろん、周りに気付かれないようにこっそりと。

     

    ある日の授業中、気がつくと制服のスカートの一面には、

    まるできな粉を袋からこぼしたかのように落屑の海が広がっていました。

    席から立ち上がってバサバサ落屑を払いたくても、

    そんなことをしている姿を同級生に見られるわけにはいかず・・・

    ついにその日は席から立ち上がれませんでした。

    1日中気付かれてしまうのではとヒヤヒヤして落ち着かなかったです。

    まるで小さい頃のお漏らしを隠している時の心境に近かったです・・・

     

     

    落屑が目立つから黒っぽい服が着れない」という方はたくさんいらっしゃると思います。

    私の様に、苦い経験をされた方も少なくないと思います。

    着たいお洋服を諦めていませんか?

    お気に入りの服、着たくはありませんか?

     

    諦めなくて大丈夫です!

    捨てないでください!

    着れる日が来るその時まで、大切に持っていてください。

     

    私は先日、紺色のワンピースを買いました。

    あの頃には絶対に選ばなかった色です。

    いつ着ようかな?友達とお出掛けの日にしようかな。

    今からワクワクしています!

    そんなワクワクとココロオドル期待(着たい)を持ってください!

    それが実現できるように、れのあにお手伝いさせてください。

    『諦めなければ叶う』のです(^^♪

     

    ケガもアトピーも肌の手当は一緒

    アトピーの「お肌のケアを難しい、面倒」と感じたことはありますか?

    病院で処方されたステロイドや軟膏、保湿剤をやめたくても、

    代わりに「何を塗ればいいのかわからない」と悩むことはありませんか?

    肌ケアをしているが、「化粧品の使い分けがわからない」と諦めていませんか?

    肌ケアは「どうして必要なのか?」を知っていると、

    実はとても簡単なんです。

     

     

    先日、

    晩御飯支度中に。

    包丁で、キャベツではなく親指を切りました。

    出血と鈍い痛みが・・・(T_T)

    切ってすぐ脳裏によぎった事は「しばらく痛い日が続くのか~嫌だな~」でした。

    だったら「早く治してしまえばいいんだ!」と、

    しっかり手当をすることにしました。

     

     

    ①まずは消毒。

    一般的にはケガの消毒には、消毒液や消毒用エタノールが使われますね。

    今回、それらは使用せずに、「コアの1500回通しの水」を使いました。

    おちょこにコアの1500回通しの水を入れ、そこに親指をちゃぽんと10分程浸しました。

    普通の水道水ならしみて痛かったと思うのですが、

    全く痛くなかったのです!

    コアには殺菌効果がありますので、消毒はこれでバッチリ!

    コアの1500回通しの水は町田店、通販で販売しております。

    お手元にない時には「YMGプラス」を使います。

     

    アトピーの傷や炎症の強い所は消毒をします。

    掻き傷には「ミスト#2」を使います。

    春になり代謝があがるので、アトピーを爆発されてリンパ液が止まらない方がいらっしゃいます。

    そんな緊急の手当の時にもコアの1500回通しの水で湿布して消毒します。

     

     

    ➁傷の修復

    傷の再生に役立つ「エッセンス」をこまめに塗りこみました。

    傷に塗って、エッセンスが馴染んで表面になくなったらまた塗る。

    それを何回も何回も繰り返します。

    しつこいくらいに塗りこみます。

    いかに回数を多く塗れるかが、早く傷を治すポイントだと思っています!

    アトピーでも同じです。

    こまめに塗ってあげると搔き壊しの傷は早く良くなります。

    赤みはひいていきます。

     

    こんなお客様もいます。

    「うっかりして、いつも使う量よりも多く出し過ぎちゃって・・・

    でも思い切ってたっぷり使ってみたら肌がしっとりして、

    次の日にはガサガサが綺麗になってたの(^^♪

    これからはケチケチ使うんじゃなくて、必要だと感じる時にはしっかり量を塗る!」

    エッセンスに感激されていました。

    私も、海で焼き過ぎにより火傷をして痛くて歩けなくなった時、

    エッセンスを大量に塗りこみました。

    期間限定でしか販売されない大容量エッセンス200mlが1週間でなくなるくらいに・・・

     

     

    ➂雑菌からのバリアー

    ケガをすると絆創膏を貼りませんか?

    れのあではお勧めしていません。

    私も勿論使っていません。

    絆創膏のガーゼパット部分に薬用成分が含まれているものがあるからです。

    れのあではお薬を使わずにアトピー改善をしています。

    ですので、薬用成分が含まれている絆創膏は使いません。

    もし傷口から菌が入ってしまったら?と心配なら、

    オイル#1を薄く塗ってみてはいかがでしょうか。

    私も切ったその日の晩はオイル#1を薄く塗って寝ました。

    一晩寝たら傷は塞がっていました!

     

    アトピーさんのお肌は皮脂膜が作れていない状態です。

    皮脂膜が無いとチリ・埃、雑菌から身体を守れません。

    雑菌の侵入を許してしまいます。

    お肌の水分も閉じこめることが出来ないので、

    お肌の水分は蒸発し、乾燥します。

    自力で作られないお肌のバリアーをオイル#1を塗ることで作ってあげます。

    もちろん保湿もします。

     

     

     

    切れたところは、今は跡形もなくキレイに完治しております!!

    アトピーの肌ケアはケガの手当と同じです。

    ケガは放っておかないですよね。

    アトピーの肌もケガと同じく傷ついています。

    同じように、放置せずに手当をしてあげてください。

    体質改善の取り組みとの相乗効果で、変化が早くなります。

    それがキレイなお肌への近道です。

    ケガは治ります。

    同じように、アトピーも治るのです!