ミーホ

背中のアトピーも十分にケアしましょう。

 

背中のアトピーは目に見えないので

手当てが不十分になりやすい所です。

 

 

 

長期に渡りケアが足りない状態ですと、

肌の色が紫や黒っぽくなってしまったり、

ゴワゴワとした像のような皮膚のままになってしまう方がいます。

 

 

そうならないためにも、

血行促進するための入浴方法や、

大変でもスキンケアをして跡を残さないための努力をします。

 

 

既に跡がある場合には、

お肌の様子をみながら

より集中的にケアをしていきます。

 

 

紫色のお肌のアトピーになってはいませんか?

 

紫色のお肌のアトピーです。

 

 

個のお肌の状態は、

常在菌のバランスが乱れているのかもしれません。

 

 

お肌の常在菌のバランスはいつも整えておきましょう。

そのためにお肌を清潔に保つ化粧水(アトリアクリーンミストがあります。

 

アトピーさんのお肌は傷ついています。

傷ついていると雑菌が入りやすいです。

雑菌によりアトピーが悪化することもあります。

 

 

菌は目に見えないので、

日頃から気をつけましょう。

 

 

首のアトピーの改善はゆっくりです。なぜなら・・・

 

首のアトピ―は他の部位と比べて改善がゆっくりです。

それは骨と関係しているからかもしれません。

 

 

現代病ともいわれるスマホ首(正式には:ストレートネック)

この頸椎の歪みが

血流の滞りや、

神経の伝達に影響を与えます。

 

 

れのあでは提携医の元レントゲンを撮ってきました。

骨が丈夫になることで、

皮膚が綺麗になっていくのをみてきました。

 

 

骨の代謝はゆっくりのため、

首のアトピーもまたゆっくり改善していきます。

 

 

私は全身アトピーが出ましたが、

一番最後に首のアトピーが改善しました。

 

 

「ミーホのアトピー体験談」はこちらからご覧いただけます。

 

 

脱ステロイドは自己流でできるのでしょうか?

 

生後6か月。

始まりは、乳児湿疹でした。

 

病院へ行ったら

ステロイドを処方され、塗るようになりました。

 

ですが

湿疹がどんどん広がっていき、

そのことに疑問を感じたお母さんは、

脱ステロイドを開始されました。

 

自己流の脱ステはどうしてよいかわからず、

難しいと感じたお母さんは、

脱ステ開始から1年後、

れのあに連絡をくれました。

一緒に体質改善の始まりです。

 

 

その当時6歳。

 

 

痒みや痛みに耐えながら、

家族2人3脚で体質改善です。

食べ物、運動、入浴、骨を丈夫にすることをしました。

 

そして3ヶ月後です。

周囲のお友達が驚くほどに劇的に綺麗になりました!

 

 

体質改善をスタートしたときに起きるお薬のリバウンドとは。

 

れのあ34年間の経験上、体質改善は一筋縄ではいきません。

 

それはどんな改善の方法を選択されても言えることだと思います。

 

お薬をお使いだった方は、

お薬のリバウンドからスタートしますから、

今までになくアトピーが辛い状態になる方もいます。

 

自分には合わない。

悪化してしまった。

と心が折れてお薬に戻られてしまう方もいらっしゃいました。

 

ですが、このリバウンドは体が元の状態に戻ろうと排泄している、

体の仕組みとして当たり前な状態です。

皆さんが通る道です。

 

この期間が長いと気持ちが疲れてしまうので、

早い改善のためにサポートしています。

 

 

このお写真の方は、

もともとはお顔のアトピーでお薬を塗られていました。

リバウンドにより今まで出たことのない手にまでアトピーは広がりました。

ですが、体質改善をすることで、こんなに綺麗になりました。