大変

妹からのSOS~姪の皮膚が大変だ~解決編~

妹は、水素の入浴剤とお塩を入れたお風呂に入ったり、サプリメンを飲みはじめたら、ウンチよく出るようになったという

 

それは、赤ちゃんも同様だった

 

やはり、赤ちゃんは、母乳良くしてあげることで、結果に繋がるのですね

 

そこで、れのあの教えを伝えたいとして、れのあのホームページをもう一度隅々まで読みました

 

そして、次のことを妹へ伝えました

 

かゆみが強い時
化粧水 → クリームまたはオイル

 

洗顔方法
赤みがある時、基本ぬるま湯で洗う

 

タオルドライ
タオルの洗濯は柔軟剤や合成洗剤を使用しない
オーガニックコットン100%、柔らかいタオルそっと水分を抑えるようにする

 

身体の洗い方
石鹸もボディソープも使わない
必要以上に皮脂膜を落としたくない

 

アトピーの人は、皮脂膜が薄いから、さらに石鹸で落としてしまうのは逆効果

 

すると、なるほどと思う内容のメールが届きました

 

赤ちゃん皮脂が多いから、しっかり石鹸で洗うように病院で言われたから、その通りしてたよ。」

 

洗いすぎかも

 

「しばらくお湯だけで洗っておわりにしてみるよ。」

 

そして、翌朝、結構早い時間に

 

「夜、風呂上がりミストクリームを塗ったら、ジュクジュクてて赤いのが収まってたよ!」
ありがとう

 

赤ちゃん凄いね、変化が早いとは聞いていたけれど、本当でした

 

赤いほっぺきれいになった

 

こんな風に、お薬に頼らないで、生活して、健康な子に育ってほしいと心から願っています

妹からのSOS~姪の皮膚が大変だ~④~

贈り物が届いてしばらくすると、からメールがきました

 

水素風呂2日連続で入ってるよ。
時々の方が良いのかな?
お湯がまろやかになるね。
は湯船入ると痒くて、殆ど温まらずに風呂を終えていたけど、ゆっくり入るようになったよ。」

 

そして、もうひとつ相談が書いてありました

 

「赤ちゃんが、母乳を飲むと時々、まぶた赤く腫れる
気になるのよ。
何かの食品のアレルギーかなと。
いま、様子をみてるとこ。」

 

いつも、妹の送ってくれる、生まれて数ヵ月の、かわいい赤ちゃんの写真に癒やされていました

 

仕事帰りに届いた赤ちゃんの写真は、ほっぺ赤くなりかけていて、慌てて妹へ電話をしていました

 

きっと、不安だろう、心配だろう

 

妹の話を聞いていたら、こんな事を言った

 

皮膚科の薬は塗るとすぐに治るけど、すぐ治りすぎてこわいから、使いたくないんだぁ」

 

それから、水素の入浴剤を入れたお風呂に、はじめて赤ちゃんが入ったとき、気持ち良かったのか、お風呂ウンチしたんだよ~しかもたくさーん

 

糖鎖カルシウムサプリメントを飲みはじめたら、も、授乳中の赤ちゃんも、たくさんウンチが出ているという

 

なんか、健康ーって感じーって妹は、笑っていた

 

赤ちゃんほっぺ心配だけれど、こんな話が出来て、わたしは安心した
快方に向かいそうな感覚があったのです

 

つづく

妹からのSOS~姪の皮膚が大変だ~③~

年が明けて、いつものように町田れのあへ行ったとき
温熱をうけながら、みほちゃんに尋ねました

 

しもやけが、ひどいらしく、どうしたらいいかな…」

 

ミホちゃんから、それは水素風呂が良いよ!

 

そして、大切なことを教えてもらった

 

「妹さん、とても忙しく、見たり読んだりするのも大変な時だね」

 

妹へ、れのあホームページをみたら参考になるから、読んでごらん、見てごらん、ライン相談したら良いよと言っていた

 

れのあ任せ妹任せの言葉だったなぁ
もう少し、力になれることをしよう

 

今すぐに水素風呂レンタルをする決断にはならなかったけれど、妹宅でこれなら出来ると、水素入浴剤を、お風呂で使ってみることになった

 

スキンケアの、ミスト2クリーム2

 

サプリメントは、糖鎖カルシウム

 

ミホちゃんにきいた大切なアドバイスを、姉の言葉にして手紙に託し、妹へ贈りました

 

 

つづく

妹からのSOS~姪の皮膚が大変だ~②~

SOSメールから数日後、姪のしもやけの足に合う、新しい靴を買いに出掛けたと、妹からのメールがありました

 

わたしも行ったことがある、その靴屋さんには、イケメンシューヒッターのドイツ人マイスターがいるのです

 

妹は、マイスターから、こんな事を教えてもらったそうだ

 

「マイスターにもきいたら、
しもやけは血流をよくしないとなんだってー」

 

「内臓が冷えてると手足が冷えるから、腹巻きしなさいと、ドイツ語で説明されたよ!」

 

ナイス、マイスター!!

 

そうなのよ、血流!

 

れのあでいつも、言われてきたことも、血流だもの!

 

姪が靴を履きはじめた幼い頃から、ずっと、みてもらっているから、マイスターの言葉が腑に落ちたらしい

 

私がれのあを信頼しているように、妹は、マイスターを頼りに信頼しているのだ
まさかの援軍でした

 

しかし、ドイツ語で「しもやけ」って、なんて言うのだろう…

 

姪は、腹巻きとレッグウォーマーを使いはじめたそうだ

 

年が明けて、わたしは、いつものようにれのあへ行きました

 

つづく

妹からのSOS~姪の皮膚が大変だ~はじまり編~

ちょいと相談
昨年暮れに妹から、相談メールが届きました

 

「子供ころだったか?足や手にしもやけ出来て酷かったイメージがあり?今はどう?
大人になったら、ならなくなった?

 

(姪)のしもやけが酷くて、皮膚科通院中なの。

 

しもやけ、改善した対策とかあったら教えてー」

 

「あと、肌はアトピーみたいな湿疹はでてないんだけど、乾燥していて、アトピーぎみと言われた。

 

食事はどんな感じが良いかな?」

 

・しもやけ
皮膚科
・アトピー気味

 

というキーワードに、これは何とかしなければいけない
心がざわざわしながら、その時に書いた私の返事は…

 

便秘して、何日も溜め込むと、今でも皮膚が赤くなったりガサガサになること
・れのあのアトピー用の化粧水をつけて、クリームとかで対処しているうちに良くなったこと
・子どもの頃から大人になってからも使っていた、皮膚科の薬は、皮膚をゴワゴワにしちゃって、わたしは良くなかったなぁと、今は後悔していること
・お風呂の水素水レンタルがスゴく良いこと
・とにかく、れのあホームページをみること!
みほちゃんの動画を見てーと薦めていました

 

そして、妹からの返事は

 

「歩くのも辛いくらいだから、まずは皮膚科の薬を使って様子みてみるよ」

 

でした

 

…今読み返すと、私の言葉に、妹への心遣い、寄り添う気持ちが足りないことがわかる

 

そして、もやもやした気持ちのまま、次の作戦を模索していました

 

つづく