排泄

元気に排泄して腰痛予防

週末、れのあへ来店して、いつものようにFBA測定をしました

 

以前のような、3倍測定になることは、この頃不思議と、ほぼありません
ほぼなので、たまにはあります…

 

この時も、標準測定でした
ラインも大きな波がなく、良い感じ、少し腎のラインが元気がない事かな

 

「小豆が良いですよ」と、アドバイスをいただきました

 

家に帰ると、さっそく、カップ1杯分の小豆を炊きました
炊き上がりに、お塩を少し入れて調えます

 

夕飯の時
「塩小豆だよ」と言って、夫にすすめてみたら、不思議な顔をして、
「このまま食べるの?」

 

甘くない小豆は、珍しいのですね

 

わたしは、美味しくパクパク食べられたけれど、夫の口には合わなかったようでした

 

毎日、少しずつ食べたいから、冷めたところで、残りは冷凍庫へ入れました

 

小豆食べたし、れのあでデトックスルームに入ったしで、翌日の排泄が元気でした

 

腰回りの、鈍い痛みも和らいでいます

 

腰回りが痛いとき、内臓からきているなぁと、わたしの場合は感じています
便秘や、おしっこの出に元気がなかったり、ただただ冷えているときに、腰が重くて鈍い痛みを感じます
だから、すっきり排泄出来ると、腰の痛みもすっきりなくなります

 

数年前は、不安な気持ちいっぱいで、小豆を食べていたなぁと思うのですが、
今日食べた小豆は、鼻歌でも歌っちゃいそうな、ルンルンな感じで食べました

 

こうすると良くなる、これをすると元気になる

 

そういう味方がわかってきて、前よりも、安心して暮らせるようになりました

デトックスコース(有害重金属の排泄を促し免疫アップ)

排毒をうながす特別な「デトックスルーム」
マイナスイオン(トルマリンの35倍・備長炭の460倍)、
テラヘルツ波、ホルミシス効果、育成光線効果など
様々な作用のある特殊なデトックスルームでアトピー改善を目指します。
(ガスタイナー・ハイルシュトレンからヒントを得ました)

ガスタイナー・ハイルシュトレン

 
 

ガスタイナー・ハイルシュトレン治療法のメカニズム

肺と皮膚から取り込まれる希ガスのラドンは、素早く身体全体に運ばれ、治癒を促し、炎症を鎮静化する。
さらに免疫系が活性化し、自己治癒力が高まる。

「鉱山労働者のリウマチや関節痛が良くなる」という不思議な現象から、インスブルック大学で研究解明され、ヨーロッパ各地から治療に人々が訪れる保養地になっている。

 

アトピー改善のスピードアップに「デトックスコース」

デトックスコースで、体内に溜まった有害重金属の排泄を促しましょう!
抗酸化力の高いデトックスルームで横に寝てると、じわじわと汗をかいてきます。
この特別なお部屋での施術により、通常の運動や入浴では出せない「皮脂腺からの汗」を出すことができ、体内に溜まった「重金属を排出」することができます。
重金属は、脂に溜まっているのですね。

たとえ汗をかいていても、あなたの汗は「汗腺からの汗」かもしれません。「皮脂腺からの汗」を出すのは大変なことです。

体内の有害物質を排出できたら、アトピー改善・健康への道のりは断然スピードアップできます。
デトックスコースを上手に利用され、体の内側から元気できれいな皮膚を目指しましょう!

 

デトックスコースで期待できる効果

①酸化や老化により働きにくくなった細胞を活性化します。
②日常では排泄しずらい老廃物(有害重金属等)を排泄します。
③エイジングケア(老化・酸化の防止)に役立ちます。

 

自分の体内に溜まっている有害重金属を知りたい方へ。

体内のミネラル&有害金属検査は、れのあで測定できます。→ミネラルバランス測定

 

このような方におすすめいたします。

●アトピーの方
●薬を使われていた方
●冷え性が気になる方
●肩こり・腰痛・関節痛が気になる方
●睡眠不足の方
●むくみやすい方
●低体温の方
●寝ても疲れが取れない方
●皮膚疾患のある方
●のぼせのある方
●生理痛・生理不順のある方
●電磁波のある環境に長時間いる方(パソコンワーク等)

 

体験された方の声

20代女性「いつも生理の時に身体が重いのですが、1日目にこのお部屋で温まると不思議に身体が軽くなり、生理だということを忘れてしまうほどです」
30代女性「夏バテで全く食欲がなかったのに、1回で改善して元気モリモリです」
50代女性「更年期で指が曲がりづらく痛かったのですが、1回で痛みが楽になりました」
40代男性「首から後頭部にかけていつも痛みがあって辛かったのですが、すっかり取れて快適です」
30代女性「皮脂腺から汗をかくというので、ベタベタするのかと思っていましたが、思ったより汗がサラサラしていて辛くなく、施術中はぐっすり眠れました」
40代女性「パソコンの仕事をしていますが、施術前の帯電電位の数値が400と恐ろしかったのに驚き、また施術後10まで落ちていたのにも驚きました」
30代男性「1週間ほど夏バテが続き、施術後に指の毛細血管の状態を見ると、血行促進されていることがわかり、あの調子の悪かった1週間が嘘みたいに元気になりました」
20代女性「足や身体全体から沢山の汗が出て、足のむくみが取れました」
30代女性「生理の時のお腹の重い感じ、貧血で身体がダルイ感じが今までになく楽になりました」
40代男性「朝起きた時に出来ていた首の寝違えの痛みが取れました」

 

自然の鉱石などをふんだんに使い、
特殊なデトックスルームが出来上がりました!

【特長1】100%天然素材の免疫力UPシートを、両面にびっしり施工

安眠シート25年の天然鉱石の研究から、電子作用(脳に良い影響を与える電磁波、遠赤外線やテラヘルツ波、波動、イオン等)に秀でた鉱物を選び、幾重にも活性化を促す仕組みを素材に与え、混合するための触媒を作り成形し、元の素材の力を何倍も高めています。

細胞や脳にたいして、テラヘルツ波・波動・遠赤外線・微弱な電子など多種類のアプローチをすることで、細胞が活発に動き出す起爆剤となるのがこのシートの特長です。

またシートをふんだんに使い、シート自体の、面積を増やすことで、細胞にアプローチする力をさらに強力にしています。
 

【特長2】最高級の黒鉛珪石を大量に使用

平成上ノ国鉱山の黒鉛珪石(通称:ブラックシリカ)は、世界でも日本の北海道でしか確認されていない希少性のある鉱石で、通産省から黒鉛珪石として法定鉱石に認められています。

黒鉛鉱石の特徴

黒鉛珪石(通称:ブラックシリカ)珪石のなかに黒鉛が混じるという世界的にも大変珍しい天然鉱石で、常温で遠赤外線を放射するという学術的にも非常に珍しい鉱石です。
(平成上ノ国鉱山付近は、冬場雪が積もらないとか樹木が大きく茂り動物たちが集まってくるなど、昔から不思議な場所として知られ、アイヌの人々に神聖な場所として崇められていたそうです)

この奇跡の鉱石の持つ遠赤外線効果にいち早く注目したのはNASAです。
NASAの研究により、細胞の新陳代謝の促進効果があると報告され「育成光線」と呼ばれました。
一般的なパワーストーンは熱を加えると遠赤外線を放射するのに対し、平成上ノ鉱山の黒鉛珪石は、常温にて遠赤外線を放射していることが判明しました。

育成光線とは・・・

育成光線とは、遠赤外線の中でも最も身体に良いと言われており、4~14ミクロンの波長帯です。
人間の身体に最も効果的に作用する自然エネルギーであり、
生体の代謝・成長・育成に不可欠な波長と言われるエネルギーが集中している光線です。

地球上の物質はすべて遠赤外線(3~1000ミクロン)を発しており、人体からも遠赤外線を発しています。
遠赤外線は生物に吸収されやすく、人体から発している遠赤外線の波長と遠赤外線の波長が重なる時、体内で波長が共鳴し、皮膚の表面から吸収され熱に変わり、その熱が血液などによって身体の内部に伝わり、身体を芯から温めます。
(日光浴で身体が芯から温まる感じがするのも遠赤外線の作用によるものです)

平成上ノ国鉱山の黒鉛珪石は、育成光線を常温に置いて、98%以上放射する学術的にも大変珍しい天然の鉱石です。

特に8~14ミクロンの波長の遠赤外線は「成長光線・テラヘルツ波」と呼ばれています。

 

【特長3】ガスタイナーハイルシュトレンのバドガシュタイン鉱石を40kg配置

バドガシュタイン鉱石とは・・・

バドガシュタイン鉱石オーストリア・ザルツブルグ州のアルプス山脈にあるガスタインの地中から採掘された自然の鉱石(ラジウム鉱石)で、
採掘された自然の鉱石でもっともラドンガスの発生効率が良いと言われています。

ガスタイナーハイルシュトレンとは・・・

第2次世界大戦中、ナチスが金鉱山として開発しようとした坑道です。
捕虜による金探鉱が行われる中で、厳しい労働下にも関わらず、誰もが元気で持病が治るなどの報告があったことから、
廃坑前に坑内の調査が行われました。
その結果、坑道内の高いラドン濃度が確認されたのです。
ラドンガスの作用については、インスブルック大学で研究されて解明されています。
1952年より坑道を利用したラドン浴療法が始められ、現在ではラドン浴を目的として、世界各国から多くの人が訪れています。

ガスタイナー・ハイルシュトレン治療法のメカニズム

肺と皮膚から取り込まれる希ガスのラドンは、素早く身体全体に運ばれ治療を促し、炎症を鎮静化します。
さらに免疫系が活性化され自己治癒力が高まります。

 

【特長4】特殊な酵素が練り込まれた陶板の床タイル

陶板の床タイルお部屋に敷き詰められたセラミックの陶板には、特殊な酵素が練り込まれています。
周辺のフリーラジカルや活性酸素を還元し、抗酸化効果を高めます。

 

デトックスルームに期待できる効果

1.高いマイナスイオン値

なんと28000個ものマイナスイオン!
トルマリンの約35倍、備長炭の460倍ものマイナスイオンたっぷりの、還元力・抗酸化力の高いお部屋です。

2.テラヘルツ波(命の光)

目に見えるすべての物は微弱に放射しており、放射量の多さでいえば赤ちゃんが一番多く、年齢を重ねるごとに減っていきます。
命の光と言われる所以は、あらゆる生命の育成に効果があるからです。
ストレスを受けると細胞は、本来の正しい生命波動をしなくなり、細胞が傷ついた状態になります。
この傷ついた細胞を人間の細胞の波動と同じ波動を持つテラヘルツ波が
体内の有機物に吸収され、DNAや細胞の修復にまで期待されます。

テラヘルツ波は1秒間に1兆回振動(健康細胞の周波数)し、皮膚より10cm透過し細胞を振動させています。
ストレスや加齢により、私たちの細胞は正しい周波数の波動を打たなくなります。
テラヘルツ波を浴び、健康細胞の周波数に戻すことで、DNAや細胞の修復に期待できます。

3.ホルミシス効果(ラジウム鉱石)

ドイツ・オーストリアの医療現場では保険適用され、奇跡を呼んでいます。

4.育成光線効果(遠赤外線効果)

遠赤外線の中でも8~14ミクロンの波長(テラヘルツ波)の光線を育成光線といいます。
自律神経や内分泌系に作用し血行促進・代謝の活性化・治癒力を高めます。

5.通常の汗では出ないと言われる「皮脂線からの汗」がかける

温度上昇などによって体温調整のために表面だけ出る「汗腺からの汗」ではなく、
じんわりじっくりと体の奥・芯から温めた時に出る「皮脂腺からの汗」を出すことで
重金属の汚れを体外に排泄
します。

 

デトックスコースを受けられる際に

 

●デトックスコースを受ける際にお着替えはお貸しいたします。(無料)

着衣

※ご自分の浸出液や血がついてしまうなど気になる方は、お着替えや汗ふきタオルをご持参ください。
※汗が出ますので、替えの下着をお持ちいただくと安心です。

●その他

ヘアドライアー・ヘアブラシのご用意があります。

●女性の方へ

※汗をかくため、お化粧が落ちてしまう場合がございます。
施術後のスキンケア用品やお化粧用品はご持参下さい。
※生理中の方でもデトックスコースをお受けいただけます。安心してお越しください。


PRICE|料金

デトックスコース

約 30 分  3,500 円(税別)

【この様な方はご遠慮ください】
・心臓疾患(ペースメーカー) ・脳疾患 ・腹水 ・骨折
・手術後2ヶ月以内 ・妊婦 ・糖尿病 ・感染症 ・重度の水虫

 

ご予約について

デトックスコースをご希望の方へ(はじめてご来店の方へ)

下記のメニューをお受けいただく方が対象となっております。
詳細ページをご覧のうえ、お電話にてご予約ください。

▼初回コース

 

施術が2回目以降の方は、全ての施術メニューをお受けいただけます。

単独で「デトックスコース」をお受けいただけます。お電話または施術来店時にご予約ください。

▼きれいになる施術メニュー
 

赤ちゃんのアトピー改善。本来のツルピカお肌に戻るためのポイント9つ

アトピーの赤ちゃんを持つ、全てのお母さんへ

 
「ステロイドや薬を使わずに赤ちゃんのアトピーを治したい」

赤ちゃんとママ自分のアトピーなら、かゆさも我慢の度合いもわかりますが、
お子さん、特にお話のできない赤ちゃんのことになると、お母さんは理解が難しいため神経質になります。
世論はすでにステロイドに批判的ですので、はじめは薬なしで赤ちゃんのアトピーを治したいと思われるお母さんは多いようです。

ですが試行錯誤する中、なかなか改善しない赤ちゃんの様子を見ていたり、だんだんひどくなる状態に不安を感じたり、家族に反対意見が出ると、だんだん自分のやっていることに自信がなくなり、
いろいろな療法に手を出して悪化させたり、医師に叱られたりしています。

アトピーくらぶ れのあが今まで相談を受けてきたアトピーの赤ちゃんをお持ちのお母さんたちは、実際どう判断し対処していけば良いのか困っておられました。

れのあはそんなお母さんたちのご相談に33年間のってきました。
そして気づいたことがあります。

下記のようなお母さんは読み進めてみてください。
可愛いかけがえのない赤ちゃんが、本来のツルピカお肌に戻るために。

●赤ちゃんのアトピーに薬を使いたくない方
●薬を使うか使わないかお悩みの方
●お薬に不安のある方
●薬は怖いけれどお薬を使わないと耐えられないと思っておられる方

 

赤ちゃんのアトピーは、お薬を使わないと早く改善する

アトピーくらぶ れのあは、「ステロイドなどの薬を使わずに赤ちゃんの改善を目指す」と、ご自分の意志で決められたお母さんのご相談にのっています。

赤ちゃんのアトピーは、お薬を使わないと早く改善することを32年の経験の中で確認してきたからです。

全くお薬を使ったことがない赤ちゃんと、結構お薬を使ってしまった赤ちゃんとでは、
改善するスピードに違いがありました。

お薬を使用した期間が短いほど、改善が早く進む赤ちゃんが大半でした。
もちろん元々免疫力が弱くて、全くお薬を使っていないけれど時間がかかってしまったという赤ちゃんもいます。
でも、たいていの赤ちゃんは薬を使わない方が断然早く、そして楽に改善されました。

この情報は薬を使わずに体質改善を希望するお母さんに朗報だと思います。
薬とはステロイドに限りません。

ここから先は、赤ちゃんが本来のツルピカお肌に戻るために、誰でも取り組めることをお伝えします。
ポイントは全部で9つです。
全て実体験からお伝えします。

 

赤ちゃん

 

記:アトピーくらぶ れのあ代表・笛木紀子(ふえきのりこ)

<出版物>
●アトピーっ子の安心ごはん
●自分の力でアトピーが消えた!
●アトピーを脱いで本当の自分に出逢う

▼モスバーガー「やさしい豆乳スイーツ」発起
▼セブ島「Rumahホテル」美と健康コンセプト-監修
 

0.授乳中がアトピー改善のチャンス

赤ちゃんも大人もそうですが、アトピー体質を改善しようとすると、
はじめは体内にたまった老廃物が皮膚から出てきます。
赤ちゃんは生まれたばかりでも、へその緒を通してお母さんから栄養をもらっていました。
だから生まれたばかりでも、体質はそれぞれ違うし老廃物もあります。

不要なものがあれば吐き出そうとします。
アトピーが出る赤ちゃんは、皮膚からの排泄をしやすい赤ちゃんなのです。
この体質を改善するのです。

不要な物を捨てて、身体に必要な物を摂取させてあげる。
これが赤ちゃんの体質を丈夫にさせていく方法です。

赤ちゃんへのアプローチは集中して行うのがベストです。
そして授乳中が改善のチャンスです。

成長するにつれ、アトピー改善には時間がかかるようになります。
離乳食が始まると固形物が入ってくるので、腸の状態も変わってきます。
自我が芽生えると、食べ物の好き嫌いがうまれ、食事のコントロールは難しくなります。

大人になってからのアトピー改善は大変です。
アトピーはできるだけ小さいうちに改善させてあげましょう。

 

1.赤ちゃんのアトピーは焦らず一日は放置しましょう

赤ちゃんのアトピーは、免疫疾患です。
免疫力が弱い赤ちゃんの皮膚にアトピーは出ます。

慌てずに、ただじっと観察してください。

赤ちゃんの代謝のスピードは速いので、今日おでこに湿疹ができても放置したら明日には消えているという事はよくあります。
ですから赤ちゃんの皮膚に何か見たことのないものが出ても、焦らず一日は放置してみましょう。

 

2.赤ちゃんに日光浴・海水浴をさせましょう

そして暖かい日なら、ぜひ日光浴をしてみてください。
昔の赤ちゃんも肘関節やひざ関節にあせもを出しました。
おむつかぶれもしました。
そんな時、お母さんは海に連れて行ったり日光浴をさせていました。
それが立派な治療でした。

ですからまず1~2日は慌てず、昔のお母さんの真似をしてみてください。

兄弟

日光浴する場合

ひっかいたり気温差など、何かの刺激で浸出液がドロッと出てきた時は、お日様に当たってジュクジュクしたお肌を乾かします。表面が乾いてパリッとします。
スキンケアパウダーをしっかり塗布して、紫外線からお肌を守りながら日光浴をしましょう。

【用意するもの】
●皮膚を清潔にする沁みない化粧水
●皮膚に優しいクリーム
●皮膚に優しいベビーパウダー

【使用する順番】
化粧水 → クリームを薄くのばして塗る → パウダーをのせる

<れのあ基礎化粧品の場合>
ミスト2クリーム#2スキンケアパウダー(太陽光を乱反射させ紫外線防止)
※冬で日光浴ができない時は、太陽の光に近い光線をレンタルしています

海水浴する場合

海水は肌をしっとりさせます。海水に浸かりお日様に当たるという動作を繰り返すことで、よりお肌が丈夫になっていきます。
夏は海水浴に行く努力をしましょう。
赤ちゃんの柔らかい肌に市販のSPFやPA表示のあるクリームやオイルは避けましょう。
皮膚に優しい刺激性の少ない紫外線防止クリームを選択しましょう。

【用意するもの】
●皮膚に優しいクリーム
●皮膚に優しいベビーパウダー

【使用する順番】
クリームを薄くのばして塗る → パウダーをのせる

<れのあ基礎化粧品の場合>
●海へ出かけた時: クリーム#2スキンケアパウダーを1:1で混ぜて塗り(手作り紫外線防止クリーム)、仕上げにスキンケアパウダーを塗る(太陽光を乱反射させ紫外線防止)

家庭用プールを海水にする場合

近くに海が無い時、海に入れない場合には海水浴と近い環境を作ります。
家庭用プールに自然な塩を入れて海水を作り、日光浴をします。

【用意するもの】
●塩素除去され制菌作用のあるお水
●天然の塩

【使用する順番】
お水と塩を混ぜ、海水の濃度くらいの濃さにします。初めは沁みるかもしれないので、薄めに。徐々に濃くします。大量に作れない場合はスプレーで肌にかけてもいいです。

<れのあのケア用品・基礎化粧品の場合>
コアのシャワーヘッドコアの水
深層海水塩

 

3.お母さんの母乳を見直しましょう

それでも改善しなければ、お母さんの母乳を見直しましょう。
私たちの身体は「食べて吸収した物」で作られています。

それは赤ちゃんの身体も同じで、小さな身体ほど食べ物の影響を受けやすいものです。
お母さんが甘いものを食べたらおっぱいは甘くなり、お子さんのかゆみは増します。

外食すると添加物をたくさん食べることになるので、赤ちゃんの免疫力は下がります。
お母さんが外食やお腹に優しくない食生活を繰り返していると、赤ちゃんの免疫力はどんどん下がっていきます。

赤ちゃんの栄養である母乳から変えていきましょう。

どんな食生活が理想的なのかは、「アトピー改善のために摂ってほしい食事・摂ってほしくない食事」を参考にしてください。

赤ちゃんの栄養が人工乳の場合

まだ人工乳が始まったばかりでしたら、助産婦さんを訪ねて、おっぱいが出るようにマッサージしたり温めたりしてもらってください。

助産婦さんは母乳の大切さをよくご存じなので、相談にのってくれます。
赤ちゃんの最高の栄養が母乳です。
諦めずにトライしてください。

おっぱいの量が少なかったら、もち米や黒米を食べてみてください。
断乳してからかなり時間がたっている場合は、赤ちゃんの離乳食でがんばりましょう!

 

4.赤ちゃんの便の様子を観察しましょう

お母さんはいつも赤ちゃんの便の様子を観察してください。
便の色や匂いで体調がわかります。

お母さんが良い食事をしていると、赤ちゃんの便は黄金に輝く黄色で少し甘酸っぱい匂いがします。そしてトロっとしています。

お母さん自身の便の状態も観察してください。
お母さんの便の状態が良いと、良い食べものを食べているので、良い母乳と言えるでしょう。
そうすると赤ちゃんの便の状態も良くなっていくことでしょう。
便の状態についてはこちらのページをご覧ください。

赤ちゃんのために食事を気を付けているお母さんは多いと思います。
でも気を付けるポイントがずれていたり、どんなに心がけても母乳に栄養が足りない時は赤ちゃんの皮膚に変化は現れません。
そんな時はサプリメントのお世話になりましょう。

 

5.お母さんがサプリメントを利用しましょう

サプリメントを使うのは、もちろんお母さんです。
お母さんのお腹の消化力を通して、赤ちゃんに栄養をあげることになります。
そのためにも、お母さんの健康状態を整えていく必要があります。

品質が大事になりますので、私がお伝えしているサプリメントは、野菜や植物、自然の鉱物から作られています。
不自然な物を原料にしていません。
アトピーの人たちが改善してきた実績もあります。

私も2002年ぐらいまではサプリメントに頼ることに抵抗がありましたので、食事の改善だけで体質を変える努力をしてきました。
しかし現代の野菜や穀物にはもはや栄養も力もなく、昔と同じように食べても無農薬の野菜を用意してもなかなか栄養が摂取できない状態になっています。

そんな中で、赤ちゃんのために一生懸命お母さんが食事の改善をしても変化が見られないと、がっかりするどころか皆さん諦めてしまわれます。
歴史と実績のあるサプリメントに手伝ってもらって、一日も早くアトピーの苦痛から離れていただけたらと思います。
私がお伝えしているサプリメントはこちらをご覧ください。

野菜の栄養価

※三訂日本食品標準成分表

 

6.赤ちゃんの体温を上げましょう

身体が冷えていては免疫力が上がりません。

赤ちゃんのお腹を触ってみてください。ちょうどおへその位置です。
温かいですか?冷たいですか?

冷たかったら、お母さんの手の平で温めてあげます。
もちろんそれで温まらない赤ちゃんは他の方法で温めていきます。

赤ちゃんのアトピーが全身から出やすいのは、汗腺が全身に分布しているからです。
赤ちゃんは本来、汗を沢山かいて全身から排泄をするものですが、
体温の低い赤ちゃんは、「汗」をあまりかけません。その代わりに「アトピー」で排泄します。

皮膚とはもともと排泄器官ですので、皮膚から吐き出されるものがあるのは悪いことではありません。
でもアトピーは異常な排泄です。

体温が高い赤ちゃんは、皮膚からは「アトピー」ではなく、「汗」で排泄します。

成長するにつれ、汗腺が局所に集まり、ひじの内側やひざ裏、首などから排出が行われます。
ちょうど降り曲がったところに老廃物がたまるようです。
お顔以外たくさんのところから排泄を起こす赤ちゃんやお子さんには、水素風呂をおすすめします。
水素風呂に関する詳細はこちらをご覧ください。(※スマホから見ている方はこちらから。)

 

7.赤ちゃんの免疫アップは鼻呼吸が大事

赤ちゃんは母乳を飲んでいる間は鼻呼吸です。
でも「あぁ~」と言葉が出た時から口呼吸を覚えます。

そして鼻で呼吸するより楽なので、どんどん口呼吸の割合が増えてきます。
赤ちゃんのお口がポカンと空いていたら、その都度そっと閉じてあげてください。
体温を保持するためにも、身体に必要な湿度を保持するためにも大切なことです。

口呼吸は、免疫の司令部である喉にチリやほこりが直接当たります。
また、うつぶせ寝も呼吸困難の原因になったり口呼吸になりやすくなるので、その都度仰向けにしてあげてください。
口呼吸は歯並びにも影響してきます。

 

8.アトピーの赤ちゃんの入浴方法

赤ちゃんのお肌はとてもデリケートですから、石鹸もボディソープも一切使いません。
お湯で優しくなで洗いします。

お肌を清潔に保つために、お水の質を変えましょう。
シャワーや湯船は、お肌に刺激のないよう塩素の除去をおすすめします。
さらにお水にパワーがあるとベストです。
昔は石清水の水や井戸水を利用していました。

お顔や頭皮のアトピーが落ち着いてきたら、シャンプーを使いましょう。
一般のシャンプーは、合成原料、香料、大量の界面活性剤を使用している可能性が高いため、
それらを避け、天然成分を高配合にしている物を選びます。
また、ゴシゴシ洗わずに、泡立たせそっと皮膚にのせて優しく洗いながせるタイプの物を選びましょう。
赤ちゃん用と書いてあっても、材料や使い方などしっかりみてから選びましょう。

【用意するもの】
●塩素除去され制菌作用のあるシャワーヘッド
●頭皮に優しいシャンプー

<れのあの場合>
コアのシャワーヘッド
●湯船:コアのシャワーでお湯をためます。
●シャンプー: レノリアシャンプー

 

9.アトピーの赤ちゃんも使える安心のスキンケア

赤ちゃんのお肌はデリケートです。
防腐剤や香料、着色料不使用、刺激の極端に少ないものを選びます。
乾燥や痒がっているときには、こまめにケアをします。

【用意するもの】
●皮膚を清潔にする沁みない化粧水
●保湿効果の高いオイル
●ベビーパウダー

【使用する順番】
化粧水 → オイル → ベビーパウダー

<れのあ基礎化粧品の場合>
化粧水ミスト2オイル#1スキンケアパウダーをご利用ください。

ミスト2でお肌を清潔にしてオイルで保湿します。
赤ちゃんは汗を沢山かくので、オイルの後にスキンケアパウダーで軽くおさえます。
スキンケアパウダーは、あせもおむつかぶれにもお使いいただけます。

 


(※冒頭の赤ちゃんは、こんなにツルピカになりました。)

 

以上で、誰でもできる、赤ちゃんのアトピー改善に必要な9つのポイントをお伝えしました。
アトピーに関するご相談やセミナーにご興味がある方は、以下をご覧ください。

 
 

笛木 紀子(ふえき のりこ):株式会社レノアコーポレーション 代表、アトピーくらぶ・れのあ 所長アトピーくらぶ れのあ 代表 笛木紀子(ふえきのりこ)

<出版物>
●アトピーっ子の安心ごはん
●自分の力でアトピーが消えた!
●アトピーを脱いで本当の自分に出逢う

株式会社レノアコーポレーション
東京都町田市高ヶ坂1-1-22
電話:042-726-1107

 
 

▼アトピー改善法についての記事はこちらから → 「33年間アトピーだけを追求。改善に必要な5つのこと
▼れのあ式についての記事はこちらから → 「元の皮膚より美しくを目指す「5つのれのあ式」
▼水素(水素風呂など)についての記事はこちらから → 「水素でアトピー対策!簡単に出来るセルフケア
▼スキンケアについての記事はこちらから → 「【スキンケア方法】アトピーの状態によって使い分けよう
▼食事についての記事はこちらから → 「アトピー改善のために摂ってほしい食事・摂ってほしくない食事
▼お水についての記事はこちらから → 「「コアのお水」はアトピー改善の心強い味方
▼カルシウムについての記事はこちらから → 「アトピー改善のための免疫アップに欠かせない骨作り

 

【無料】<音声講座>アトピー改善の基礎セミナー

【無料・音声講座】アトピー改善の基礎セミナー
笛木紀子の<無料・音声講座>アトピー改善の基礎セミナー
(約28分/ 無料)
はじめての方からベテランさんまで。
アトピー改善に必要な最新の内容をお伝えします。
33年間のアトピー改善サポートの経験から得てきた、アトピー改善に欠かせない大切な知識・情報を約28分の中にギュっと詰め込みました。
アトピーとはどんな病気なのか、また改善のための基礎知識をつけましょう。

 

体温を上げてアトピー改善

血流を良くする全身の血流を良くして、体温を上げましょう。
体温の上昇は免疫力の強化となり、アトピー改善へと近づいていきます。

 

体温が一度上がると、免疫力は30%上がる

血液が流れているところには、病気はありません。
反対に、血液が滞っているところ(=冷え)には、病気の回復はありません。
血流が良くなることを目指し、身体を温めましょう。
『体温が一度上がると、免疫力は30%上がる』と言われています。

私たちの三大排泄、尿・便・生理(男性は体毛)で出せなかった老廃物は、皮膚という排泄器官から排泄されます。
体温の高い方・代謝能力のある方は、汗やニキビで老廃物を出せますが、
体温の低い方・免疫力の低い方は、アトピーという形で吐き出すようです。

ご家庭では、毎日水素風呂にお入りください。
水素風呂は保湿効果を高め、血流を良くし、酸化を取ってくれます。

また、1日40分間連続して歩きましょう。
このくらい歩くと、じんわりと汗をかいてきて全身の血流が良くなってきます。
汗をかける身体になることも大切です。

 
 

▼アトピー改善法についての記事はこちらから → 「33年間アトピーだけを追求。改善に必要な5つのこと
▼れのあ式についての記事はこちらから → 「元の皮膚より美しくを目指す「5つのれのあ式」
▼水素(水素風呂など)についての記事はこちらから → 「水素でアトピー対策!簡単に出来るセルフケア
▼スキンケアについての記事はこちらから → 「【スキンケア方法】アトピーの状態によって使い分けよう
▼食事についての記事はこちらから → 「アトピー改善のために摂ってほしい食事・摂ってほしくない食事
▼お水についての記事はこちらから → 「「コアのお水」はアトピー改善の心強い味方
▼カルシウムについての記事はこちらから → 「アトピー改善のための免疫アップに欠かせない骨作り
▼赤ちゃんについての記事はこちらから → 「赤ちゃんがアトピー。本来のツルピカお肌に戻るためのポイント9つ

 

【無料】<音声講座>アトピー改善の基礎セミナー

【無料・音声講座】アトピー改善の基礎セミナー
笛木紀子の<無料・音声講座>アトピー改善の基礎セミナー
(約28分/ 無料)
はじめての方からベテランさんまで。
アトピー改善に必要な最新の内容をお伝えします。
33年間のアトピー改善サポートの経験から得てきた、アトピー改善に欠かせない大切な知識・情報を約28分の中にギュっと詰め込みました。
アトピーとはどんな病気なのか、また改善のための基礎知識をつけましょう。