朋子

宇宙飛行士のアドバイス ~自宅待機のコツ~

自宅待機を乗り切るコツ
国際宇宙ステーション(ISS)で204日過ごした宇宙飛行士がアドバイス
3/30(月) 14:35配信
引用

 

今や世界中の国々で、人々は自宅待機や外出の自粛を求められる前例のない事態を迎えている。限られた空間の中で社会から孤立する生活に戸惑う人も少なくない。そこで国際宇宙ステーション(ISS)で言わば究極の孤立生活を体験した宇宙飛行士が、「社会的距離」を保つコツをアドバイス。

 

宇宙飛行士ニック・ヘイグ氏は国際宇宙ステーション(ISS)で204日間を過ごし、地球上の軌道を3000回以上周回したのち、昨年末米国に戻った。現在はテキサス州ヒューストンの自宅で家族と過ごしている。

 

ヘイグ氏は自身が宇宙で経験した究極の孤立生活が、今地球上で求められる「社会的距離」を保つのに役立つと話す。

 

単純なことだ。毎日のルーチンをすること。予定を組んでそれを守ること。そうすれば家族が1日のうちに何があるのかわかる。1日の過ごし方をコントロールして、はっきりしていれば気分を大いに改善できる。

 

大切なことは自分自身を管理することだ。あらゆる事態に備えるべく、元気を取り戻すことは何か考えてみる。

 

私の場合、自分の身の回りの日常から逃げ出すことだ。具体的には映画を見て気分転換することであったり、誰かとのつながりを求めることも大切だ。

 

家族や友人とテレビ電話をしたり、仕事のプロジェクトに取り組んだり。宇宙にいたときは息子たちとビデオチャットをしながら、一緒にクロスワードパズルをしたよ」

 

ISSでの居住スペースは、クローゼットほどの大きさしかなかったと話すヘイグ氏。それに比べればテキサス州の自宅はずっと広いが、この前例のない事態を乗り切るため、彼はISSでの経験を現在の生活にいかしているという。

 

~引用おわり~

 

不安や心配になったとき、それならどうしようかと考える
たくさんある情報の中
自分にない経験をしてきた人達の言葉
勇気付けてもらえる人達の存在に励まされています

 

いろいろな人に会い、いろいろな世界を見てきた人達はたくましい

 

また、出掛けられるようになったときは、そういう人になりたいと思う

 

まずは今、乗りきることを模索していく

新聞より引用します

~新聞より引用~

 

江戸時代の医師、香月牛山に至言が残っている

 

《畏の一字を守り、頼の一字を去るべし》

 

おそれ慎む態度を守り、過信を捨てることが大切だという

 

『老人必要養草』農山漁村文化協会

 

この心構えは、今の医療現場の忙しさにも通じるものがあるだろう

 

新型コロナウイルスの患者が急増している
入院ベッドは足りるか
マスクや消毒薬は十分か
院内感染は発生していないか
緊張の連続に違いない
……引用おわり

 

実際の医療現場からの声
知識、良識のある方々の強い語り口
わかる人ほど、理解している人ほど、恐れている、恐れを知らせてくれている

 

それは、真実だから、やはり恐い

 

見えない嵐が過ぎ去るまで、外へ出ない、人に会わないことが今するべき事と思う

 

けれども、介護施設は、そこへ行かないと…。
トイレに行けない
食事を食べられない
お世話をする誰かがいないと、生きられない人達がいる

 

でも、自分自身のことも守らなければならない

 

お年寄りのお世話を続けられるのは、自分が感染せずに、しっかり生きていることである

 

まず、電車通勤をやめてみようと思う

 

車の中をしっかり殺菌して、車通勤へ変更してみようと思う

 

感染の恐怖を少し、なくせるだろうか…

 

正しく恐れることが、出来ているだろうか…

 

本当に、大変な世の中になりました

いちばん泣いた日

つい最近、どこかで聞いたのか読んだのか…心にとまった言葉です

 

「いちばん泣いた日が、いちばん味わい深い思い出になる」

 

いちばん泣いたと思っていた日を、思い出してみました

 

幼い頃、迷子になった日

 

中学、最後の試合に負けた日

 

部活を引退した日

 

卒業した日

 

失恋した日

 

祖母が亡くなった日

 

乳癌を告知された日

 

抗がん剤治療が辛かった日

 

髪が抜けた日

 

杉浦貴之さんのライブへ行った日

 

「大丈夫、大丈夫だよ」歌に救われた日

 

我慢をしていることに、気が付いた日

 

自由に生きるを覚悟した日

 

両親へ泣きながら自分をさらけ出した日

 

自分が情けなくて泣けた日

 

等々

 

いちばん辛かったはずのあの日が、今は、味わい深い思い出になっている

 

いちばん辛かったあの日があったから、今、生きている

 

2010年、12月、ガンサバイバーとして参加した、ホノルルマラソンの帰国の時

 

ホノルル空港で、飛行機の時間が少し遅れました

 

偶然、同じ場に居合わせていた、笛木さんとお話しが出来ました
いろいろなお話しをして、その時、心にとまった言葉です
たしか、こんな感じでした

 

「我慢しないで生きたら、もう、病気はやってこないよー」

 

誰にも、転機になる出来事があると思います
それは、何年も後になったときにわかるのですね
あぁ、あの時だったのだ

 

わたしは、大きな病気の経験があったから、いちいち大袈裟に考える癖がつきました
とても、心配性になりました

 

生きること、健康でいることは、運や偶然だけではない

 

運や偶然はお任せして、自分はどうにか出来ることを、やっていく

 

今、出来ること、やるべき事をコツコツと続けていきます

今年も咲いた、町田のサクラ

町田駅かられのあへ向かう通り道、今年も桜が開花していました

 

暖かい陽気の中、行き道の午前中に比べて、午後の帰り道に見たら、たくさん咲いていました
驚いて、パシャリと写真をとりました

 

桜越しの青空が、とても気持ちの良い日でした

 

こんな日は、いつもよりたくさん歩きたくなります
寒すぎなくて、暑すぎなくて、しかも、春のお花を眺めながら♪

 

電車に乗ると、手すりにつかまることを躊躇する
ガタンと揺れに、結局、慌ててつかまっている

 

大切なのは、免疫力
動いて、食べて、眠る

 

それと、ウイルス対策
つけない、持ち込まない
すごく意識をしている日々です

 

れのあで教わり、ずっとやってきたことが、免疫力の強化です

 

今をしっかり生きて
乗りきっていきます

姿勢をよくしたら、お腹に良かった話

職場の出入り口、開けっ放しの扉の目の前に、わたしのデスクはあります

 

開けっ放しの扉の前を、たくさんの人たちが通っていきます

 

パソコンの大きなデスクトップに隠れるように、背中を丸めて作業する習慣になっていました

 

ふと、祖母の話を思い出しました

 

母方の祖母は、わたしよりも大きくて、お年寄りの中に入ると頭ひとつ身長が高くて目立ちました

 

90代になったときも、腰が曲がっていないことが、祖母の自慢でした

 

なぜ、腰が曲がらなかったのかという物語を、祖母は何度も話して聞かせてくれました

 

まだ、祖母が幼い頃の話し
すでに背が高くて、女のくせに大きいことが、とても恥ずかしくて、いつも背中を丸めて、小さく見えるようにしていたという

 

そんな祖母へ、お姉さんが、そんな格好していたら、余計にかっこ悪い
シャキッと背筋を伸ばしていなさいと言ったという

 

大好きなお姉さんの言うことを聞いて、シャキッと背筋を伸ばして生きてきたら、90歳を過ぎても背中が丸まっていないよ

 

何度も聞いてきた、祖母の言葉を思い出しました

 

背中をシャキッとしてみたら、椅子の高さや、パソコンの画面の位置がチグハグでした

 

今まで座っていた、椅子の高さを調節して、分厚い座布団も使って、椅子と自分の足の高さを合わせました

 

椅子と足の高さがちょうど良くなったら、自然に背筋が丸まらなくなりました

 

姿勢が良くなったら、お腹の調子も良くなりました(笑)

 

背中シャキン!

 

祖母の思い出に温かい気持ちになりながら、姿勢の大切さを実感しています♪