朋子

カフェの光景

コーヒーが飲めるカフェで
白髪のご夫婦が窓際の席に並んで座っていた

 

奥様が何やらずっと夫へ話をしていて、夫は、時々うなずきながら、サンドイッチを食べていた

 

ご夫婦でカフェに来れるという現実
かけがえのない時間を見ることが出来て
せつない気持ちになった

 

施設では、ご夫婦で暮らせなくなった人達が多く暮らしている

 

車椅子の生活になってしまったから
同じ食べものが食べられないから
外食に行かなくなったと聞く

 

車椅子だとしても
同じ食べもの食べられなくても
外食には行けるけれど

 

前と違うという現実は
高い壁になるようだ

 

そんな壁は、わたしが一緒にぶち破るよ

 

元気に長生き
ピンシャンころりん

 

そうありたいと、誰もが望むこと

 

そうばかりいかない、現実の歯がゆさ

 

それでも、自分なりの健康のあり方、健康の方法、継続したり新しく始めたりを繰り返して行った先に未来がある
病気をしたからこそ、健康への道が切り開かれることもある

 

カフェでの光景
たまには、カフェでコーヒーを飲む
そんなご夫婦の生活に、素敵だなぁって心が温かくなりました

きもちがいいと触りたくなる

9月になる頃から、顔や腕など、皮膚がかさかさして痒みがでまし

 

痒みにあわせてボリボリしたら、よけいに赤くなって、かさぶたできたりしてます

 

自分より夫の方が顔はよく見えて、皮膚の状態が、ずっと良かったから、
かさかさな皮膚になって、痒がっていると、気になるみたいです
なんか変なもの食ったのかぁ~
一緒に食べたものを思い出している様子

 

こんな時は、まず、水素のお風呂と足湯に頼ることにしています

 

お休みの日、水素の足湯をしていたら、顔や首、背中からじわりじわりと汗をかきました
とても、気持ち良い汗でした

 

汗をかけるときは、体調が良い、これから良くなる証しです

 

朝起きたとき、顔をさわると、あごの横辺りで、でこぼこしていた皮膚が、昨日よりつるつるっとしてきました

 

あごの下や首をさわると、ところどころ、ざらつきがあるけれど、
おでことほっぺは、つるつるっとしていて、さわると気持ちが良いです

 

皮膚の元気を取り戻すまで、もう少しかなと思っています
おうち水素に助けられています

 

106年の人生とは

職場の高齢者施設で暮らしていた
106歳のお年寄りが
静かに
穏やかに
幕引きをされて
お見送りをしました

 

もう
何人もの
お年寄りのお見送りを
経験してきているけれど

 

身寄りのなかったこの方は
私たちを家族として
十数年の長い時間
施設で暮らしていた

 

今も
淋しくて
涙がでます

 

100歳を越えたとき
県のえらい人が
表彰状を持ってきて
紅白幕を飾り
お祝いしました

 

あの時
車椅子から
スッと立ち上がって
大きな表彰状を頭の上へ掲げて

 

ありがとうございます
ありがとうございます

 

ここにいる
皆さまのおかげです

 

長生きするには
人を憎まないこと!
人のことを悪く言わないこと!

 

腹から大きな声を出して
みんなに言って聞かせてくれました

 

だからと言って、人を悪く言わないわけではない人なので

 

出来る出来ないより、そういう心で生きていく大切なことを教えていました

 

戦前
戦中
戦後を生きて
想像できない経験されて
106年のおわりのひと時
出会えたことに感謝します

 

ありがとうございました

 

もうすぐ今年の夏祭り

8月になって直ぐの日曜日、とても暑ーい真夏の日
職場の高齢者施設では、毎年、恒例の夏祭りをしていました

 

今年は、30度を超える暑さを避けて、9月の開催としています

 

今は、準備期間です

 

お年寄りといっしょに、お花紙を折りたたみ、御神輿とやぐらに貼り付けるお花をたくさん作っています

 

夏祭りの準備が進む中、最高齢の106歳のかたのいのちが、おわりへ進んでいます

 

いつも参加していた、音楽サークルで、誰よりも大きな声と、長い息で発声練習をしていた声が、今はベットの上でお声を聞いています

 

身寄りがなく、ここの皆さんが家族だよと、いつも話していました

 

夏祭りは、いつも、少しせつくなります

 

夏祭りが終わると、1年分のイベントが終わったように感じるほど、ホッとして、毎年ドッカーンと疲れがでます

 

昨年は、安眠シートを引いた布団で、ぐっすり、休みの数日を過ごしました

 

睡眠は本当に大事

 

寝ているときに、細胞をしっかりと修復して、また、大好きなお爺さんお婆さんの居る場所で、元気に働きまーす

夏の冷えから生理がはやい

毎月、生理は28日周期で来ています

 

7月、8月は、数日早くなりました

 

わたしの場合、生理の前日、瞬間的に爆睡してしまうことで、明日辺りに生理がきそうだなぁと予測できます

 

仕事帰りのバスに乗って、30分の道のりで、2、3時間は寝ていたんじゃないのかなと思う程に、深い眠りに入ります
そんな日の翌日に、だいたい生理がきます

 

いつものように、眠くなって、生理のお知らせは来たけれど、早すぎると思っていました
でも、予兆通りに翌日に生理がやってきました

 

夏の生理が、早くきたと言うことは、冷えているなぁ…

 

クーラーの効いた電車で通勤して、クーラーの効いた部屋で仕事をしています

 

家に帰ると、水素風呂にゆっくりはいっています

 

クーラーの効いた部屋で仕事をしても、以前のように具合が悪く寝込むことがありません
前と比べると、強くなりました

 

夏の冷えに、水素風呂を活用して生活していきます