朋子

がんばる105歳

職場の高齢者施設で生活している、105歳の方が、昨年の秋頃、急に食事を食べなくなりました

 

気丈な方で、お粥や刻んだ軟らかい食べものは嫌だと言い、食べさせてもらうことも、首を振って嫌がりました

 

でも、何か食べてもらいたくて、何か飲んでもらいたくて

 

好きな果物なら食べるかな
好きなお寿司なら食べるかな
みかんと、マグロは、食べたよ
小さなお饅頭を食べたよ
あれを食べた、これを飲んだ…
今日は美味しいと言ったよ

 

ろうそくの炎を命と例えたら、その炎は細く細く、何かの拍子にっと消えてしまいそうなことを、誰もがわかっていました
105歳の炎です、もう十分であろうこともわかっていました

 

食事の時間になると、いつも隣に誰かが座って、声をかけていまし
気丈なその方がお口を開けて、私たちがお手伝いするスプーンを、受け入れてくれる様になっていました

 

嬉しいような寂しいような、時間がゆっくりと経過していきました

 

新しい年を迎える頃、また、ご自分で食事を食べられるようになりました

 

生のみかんより、缶詰めのみかんを好むようになりました

 

ご飯の粒よりも、粒のないムース状のお粥を好むようになりました

 

ゼリーなんて大嫌いだったけれど、今は美味しいとおっしゃっいま

 

105歳の秋、食べられなくなったのは、食べられるものが変わったからでした

 

生命力の強さに驚き、励まされています

 

身寄りがないその方は、ここにいるみんなが家族だと言います

 

職員はその方より、みんな年下だけれど、おとうさん、おかあさんと、親しみを込めて呼ばれています

 

長生きの秘訣は何ですか?と尋ねると
何でも食べること」(←と言うけれど、実際は好き嫌いがけっこうある)

 

みんなに感謝すること」(要望も多いけれど、ありがとうを何度も言っている)

 

こういう気持ちで、生きることが大切なのだと、教えてもらっています

風邪やインフルエンザ

職場の高齢者施設では、お正月休みが明けた頃から、風邪やインフルエンザが流行りはじめました

 

わたしも、風邪の症状があり、悪化しないよう、気合いを入れて過ごしております

 

と言って、気合いだけで治れば楽ちんなのですが、そうともいかないわけでして

 

粗食にして、味噌と葱で温まり、鼻うがいでヌメヌメを排出し、腹巻きしたり、水素風呂で温まる
梅干しを入れたお茶は、のどをさわやかにしてくれる

 

風邪をひいて、鼻呼吸がツライ今、寝る前に鼻うがいをすると、スッーと空気の通り道が出来て、鼻呼吸が楽になることを実感しています

 

風邪の原因、食べ過ぎ飲み過ぎ、免疫力の低下

 

年明け早々のデトックスでスッキリしたら、また今年も元気に、お年寄りのそばでお仕事を頑張っていきます!

 

その為に、免疫力のアップを目指しまーす!

心が落ち着いた言葉

~ガンの辞典より引用~

 

ガンという病気になったことは手放しで喜べなくとも、それをきっかけに青空を取り戻し、あなたの本当の人生の物語を進めていくだけで、あなたの周囲を幸せな気持ちにします。

 

もし、親や環境から受けた心の負の遺産があり、ガンがそれに気づかせてくれたなら、負の連鎖を断ち切るチャンスです。あなたで止めることができれば、次世代へのプレゼントになります。

 

より良い社会は、制度を変え環境を整えることだけで実現されるのではありません。ひとり一人が、自分の青空で生きると、世の中はもっと素晴らしくなっていきます。

 

この世は愛に充ちている。
人生は美しい。

 

~引用おわり~

 

ふと、書き留めておいた言葉です

 

昨年末、職場の先輩が乳ガン治療のため、休職することを発表されました

 

先輩を応援する気持ちと、過去の自分を負の思い出として思い出し、どうしようもない気持ちになり、そんな自分にガッカリした

 

そんな時、書き留めていた言葉を読んで、スッーと心のざわざわしたものが治まった

 

そうだ、わたしはわたしを生きているのだ

 

休職前に先輩と話をする機会があって、過去の乳ガン治療の経験を話しました

 

そして、先輩から
とても励まされたよ、話せて良かったと言葉をいただいた

 

あの時、頑張ったこと
あの時、諦めなかったこと
あの時の悔しさ、痛み、恥じた自分の過去が、励ましに変わっていた

 

経験を生かすとは、こういうことなのだろう

 

私事ですが、2度目の結婚記念日を迎え、結婚生活3年目になりました

 

助け合いながら、毎日を暮らしています

 

乳ガンとアトピーを経験し、体質改善に取り組む中で、はじめはずっと隣の人の青空をうらやみ追いかけていました

 

今は、少しずつ自分の青空を見つめ、自分の真上を見上げられるようになりました
隣をうらやむ気持ちも出るけれど、それも良し

 

この世は愛に充ちていて、人生は美しいです

パンが好き

小麦の焼ける香ばしい香りが好きです

 

デパートの食品館やスーパーの焼きたてパンコーナー、カリッふわっと焼き上げてあるパンはどれも魅力的

 

パスタやピザは、食べなくても全然平気、食べるときはグルテンフリーパスタを使って満足できる

 

けれども、けれども…

 

パンはね…

 

米粉の香りと小麦の香りは違う

 

しかしながら、おでこや、ほっぺが粉を吹いたり、赤い顔になったとき、小麦を使った食べものを排除します

 

すると、粉ふきがおさまって、赤みもスッーと引いていく

 

先月、おでこやほっぺ、首の辺りが、赤くてガサガサの皮膚になりました

 

そんな姿をはじめて見た夫は、驚いて心配していました

 

わたしは、数年前までこうだったけれど、良くなったから、今回も大丈夫だよ
と言いつつ、心配な思いはありました

 

皮膚が悪化した、その時は、便秘をしていました
平日は全然出なくて週末になると、スッキリ排便がある習慣を繰り返していました
週末に出ているからまぁ良いかなと思ったけれど、やっぱり良くないですね

 

腸の不調の原因は、グルテンかなぁ、小麦パンとか、小麦を使っている食べものは、やめてみました

 

やめてから、だんだん皮膚の調子が良くなりました
今も、小麦パンは食べなくなりました
食べたい気持ちに蓋をしているのか?
皮膚が悪化しないために食べないのは、必要なことで、正しいけれど、消極的だ

 

何でも食べられる、元気な腸にしたい

 

今年れのあで買った米粉パンを、家で焼いたとき、香ばしい良いにおいがしました
数年前よりも益々美味しくなっていました
都合をつけられず、米粉パン教室へ今年は行けなかったけれど、次回は参加したいです!
開催待ってます!

 

今年さいごのブログは、大好きなパンのお話になりました

 

今年もありがとうございました

 

皆さま、良いお年をお迎えください(^^)

あの日のドリームが、目の前で実現していたーー

数年前、アトピードリプラでプレゼンテーションをしました

 

お年寄りの心の声を映像で伝えたかった

 

心って見えないよ、心の声って何??

 

お話しが出来なくなった人達の声を映像で伝えるため、知恵をしぼりました

 

心の声は、想像力です

 

そしてあの時、想像力を振り絞って、心の声を表現しました

 

寝ているだけに見えるお年寄り、わからない言葉を話す時、本当は何を伝えているのか、本心を想像していると、みんな愛おしくて抱きしめたい気持ちになります

 

息子さんや娘さんを、忘れてしまったような行動や言葉も、そこから本心を想像すると、決して忘れていない
スタッフに見せる表情と、家族といるときの表情は、全然ちがう

 

職場の高齢者施設で今年は、研修委員会に所属して、職場内の研修を企画運営しています

 

今年さいごの研修は、お年寄りの行動と心の声を学びます

 

職員が短い劇をして、心の声を想像して、なんでそうなのか、自分ならどうするか、みんなでディスカッションします

 

この研修の準備をしていたとき、まさに昨日、ふと、デジャブ?

 

あれ、これって私がやりたかったことが実現している?!

 

心の声、心の声、あっちこっちから、心の声って単語が聞こえてきた

 

特に私からこれをやりたいと、すごく頑張ったり、推したわけでなく、サラッと実現していて、気が付くのが遅くなったようだ

 

同じような思いの上司や仲間がいる

 

夢を意識して、言葉に変えて伝えたり、願ったりするのは、意味のあることなのだ

 

年の瀬や年明けのときは、振り返りや目標設定をする、良いきっかけになります

 

今のこと、少し先の未来のこと、ずーっと先の未来のこと、じっくり考える時間を持ちたいと思う