玄米

復活!土鍋でご飯を炊く日常

先月、オリゴスキャン(ミネラルバランス測定)の予約をして、受けてきました

結果の中で、重金属の蓄積は、
思っていたよりも、遙かに高い数値でビビりました

そこで、日常生活の何がそうさせているのか、振り返りました

いちばんに思い当たったことで、直ぐに変えられることが、
毎日食べているご飯でした

仕事から帰宅して、ご飯だけでも炊けていると、助かるような安心感があって、
タイマーセットした炊飯器でご飯を炊いていました

しかし、その炊飯釜が疲弊していて、
釜の内部のコーティングがところどころ、取れてきていました

オリゴスキャンの結果を知ってからは、危ないので、
炊飯釜は使わないと決めました
 
 
そこで、土鍋でご飯を炊く習慣を、もう一度取り戻すことにしました

結婚前、夫は土鍋でご飯を炊いていたそうで、土鍋でご飯を炊くことに大賛成、
二合炊きの、可愛らしい土鍋と、少し古くなった炊き方の説明書まで引っ張り出してきました

久しく土鍋ご飯を炊いていなくて、
はじめの2回は、硬かったり、スゴく焦げたりして失敗しました

それでも、3回目からは毎晩、美味しくご飯が炊けています

やってみると、美味しいご飯が、簡単に炊けちゃっています

前よりも、ご飯を食べ過ぎているかも… 炊き立ての土鍋ご飯が美味しくて…
 
 
オリゴスキャンを受けて、ひとつ、日常生活の習慣が変化しました

食卓に、土鍋を置いて、お茶碗へ炊き立てのご飯を盛って食べていると、
ホッコリとした幸せな気持ちです

この人と、結婚出来て良かったなぁと、ご飯を食べながら浸っています

かけがえのない大切な時間のためにも、美味しいご飯を食べて、
しっかり生きていこうと、決意の感情がわいてきています

土鍋で炊いた玄米

玄米は何歳から食べれるか?

お子さんの玄米食のスタートはいつ頃がベストか質問をいただく

 

 

肉体が大人なみになってからでいいと思う

 

例えば個体差はあると思うが

 

女の子なら生理が来てからとか
男の子ならひげが生えてきてからとか

 

れのあの玄米はとても柔らかい

 

 

 

消化のことも一つ頭に入れてこの玄米を選んでいる

 

精米機にかけると10秒でもかけてしまうほど柔らかい

 

だからお腹に優しい

 

この玄米の研ぐときの注意を今日は紹介します

 

れのあは酵素玄米を頂くので(消化のことを考えて)

 

 

小豆と一緒に炊くのですが

 

玄米と小豆を同時にステンのボールの中でけそぎます

 

上手くできない方はスリコギ棒でもいいですよ

 

その後3~6時間寝かせます

 

 

そして水分多めで炊きます

 

炊いてから3日間は寝かせさらに柔らかくします

 

これくらいしてやっと玄米は食べれます

 

ここまでしても大人でも毎日はきついので
3日に一度くらいにしていただいています

 

後の日は雑穀や黒米や分付米で勝負

 

主食って毎日いただくから選ぶの難しいですね

 

かといって白米に戻らないでくださいねぇ

 

 


↑笛木紀子のアトピー改善のための知識と情報をまるごと収録↑

 


7月はお休みします。

 

アトピー改善のプロになりたい方はこちら↓

http://www.renoa.co.jp/pro-course/

アトピー改善のために摂ってほしい食事・摂ってほしくない食事【食事療法】

私たちの身体は「食べて吸収された物」から作られている

アトピーの方に最適な食事ってどんな食事だと思いますか?

私は、アトピーであっても、アトピーでなくても、体にとって不自然な食事というのが問題だと思っています。

現代の食事は便利になり過ぎました。
どこにでもコンビニがあり、食べたい時に工場製品がお腹を満たしてくれます。
それらは防腐剤や添加物まみれで、栄養は期待できません。

私たちの身体は、「食べて吸収した物」から作られています。
栄養のある物を食べていかなければ、アトピーという病気は改善していきません。

個人差があることが前提になりますが、アトピー改善のために食事を変えたいとお考えの方にこの2つをお伝えします。

【1】アトピー改善のために摂ってほしい食事 ……  ○ 腸と栄養バランスを考慮した食事
【2】アトピー改善のために摂ってほしくない食事 … × アトピーの炎症を招きやすい食事

それでは順番にお伝えしていきます。
笛木紀子

記:アトピーくらぶ れのあ代表・笛木紀子(ふえきのりこ)

<出版物>
●アトピーっ子の安心ごはん
●自分の力でアトピーが消えた!
●アトピーを脱いで本当の自分に出逢う

▼モスバーガー「やさしい豆乳スイーツ」発起
▼セブ島「Rumahホテル」美と健康コンセプト-監修

1.アトピー改善のために摂ってほしい食事
【腸と栄養バランスを考慮した食事】

アトピーさんに摂ってほしい食事【腸と栄養バランスを考慮した食事】

まずは、アトピー改善のために摂ってほしい食事をお伝えします。

アトピーの方は免疫のアンバランスが起きているため、まずは腸内環境を整えていくことが大切になります。
これに関しては、下記のページで伝えているのでご覧ください。
32年間アトピーだけを追求。改善に必要な5つのこと

主食を見直そう

腸の健康を考えた時にまず食べた方が良い食事として、発酵食品(味噌・納豆・ぬか漬け・かつお節など)をおすすめします。納豆は合わない方がいらっしゃいます。また、塩こうじはおすすめしていません。
野菜の食物繊維も大切です。

主食の概念は日本人が特に持つものですが、賛否両論です。
一部では玄米が賛美され、一部では玄米は消化や栄養素の吸収を妨げると言われています。
アトピーくらぶれのあでは、長年の経験から、まず半年間の玄米食をおすすめします。
週の半分を玄米食、半分を胚芽米や分づき米に雑穀米を混ぜて食べられることをおすすめします。
その方にもよりますが、半年~1年経ちましたら、少しずつ玄米を減らしていきます。

ただし、リーキーガット症候群(LGS)や胃腸に激しい炎症がある方や小さなお子様は、玄米は消化が悪いため、はじめから胚芽米や分付米に雑穀米を入れて栄養を摂取するように心がけましょう。

玄米を炊く時の注意ですが、玄米には「フィチン酸」があり、ミネラルを体外に排泄させる働き(キレート作用)があるため、玄米を発芽させてから食べましょう。発芽させた時にできるフィターゼという酵素がフィチン酸を分解してくれます。
そのため、玄米は一晩浸水させてから炊きます。
玄米を洗う時は、ステンレスのボールに入れて泡だて器やスリコギで、玄米の硬い殻を壊すように洗って下さい。

また、白米やパンなどの精製された炭水化物は血糖値の急激な上昇を招きます。
それは身体への負担となるため、たまにごちそうとしていただきましょう。

× 精製された穀物: 白米・パン・パスタ・ラーメン・うどん
○ 未精製の穀物 : 玄米・雑穀

玄米と白米の栄養比較

アトピー改善のために良い食事法のポイント

主食を考える
発酵食品を積極的に食べる(醤油・味噌・糠漬け・かつお節・西京漬けなど)
旬の野菜を選ぶ(無農薬)
食物繊維が豊富なものを食べる(豆類・きのこ・海藻類・ネバネバ食品)
天日に干した塩を選ぶ(煮ていない製法)
調味料は国産を選ぶ(味噌・醤油)
オメガ3の油を摂る(青魚・亜麻仁油・ヘンプシードオイル)
● お肉よりもお魚を選ぶ(お肉なら鶏肉か豚肉(ゆでて油抜きした物少々)・お魚は焼き魚より煮魚)
精製炭水化物は控える(白米・パン・白砂糖)
グルテン(小麦粉)を避ける
●重金属を排泄させるために臭い食品を食べる(ニンニク・にら・たまねぎ)

 

改善が進んできたら、もっと自由にお食事が出来るようになります。

食事は食べて、分解して、吸収されてはじめて栄養になります。
よく噛んで、消化酵素が充分働ける状態にしましょう。

理想的な便の状態とは?

消化が十分に行われ、腸の状態がよくなってくると「便」の様子が変わってきます。
便は身体からの「お便り」です。

理想的な便とは・・↓↓

● におわない
● 一日2回出る
● 力まずストンと出る
● トイレットぺーパーが必要ないほどきれい
● 濃い黄色

みなさんの便はいかがですか?

動物性の食品を摂取しすぎていたり、水分が多いと、下痢や臭い便になります。
繊維不足や運動不足だと、便秘しやすくなります。

お食事をしっかり噛んでいただいていると、理想便に近づいてきます。
食事の摂り方の目安にしてください。

 

2.アトピー改善のために摂ってほしくない食事
【アトピーの炎症を招きやすい食事】

アトピーさんに摂ってほしくない食事【アトピーの炎症を招きやすい】

今度は、アトピー改善のために摂ってほしくない食事をお伝えします。

× 避けた方がよい食事

× 食品添加物(保存料、着色料、香料)
レトルト食品、冷凍食品、コンビニ弁当、スーパーの惣菜、お菓子、カップラーメンなど。

× 人工甘味料(アスパルテーム、スクラロース)
炭酸ジュース、清涼飲料水、お菓子、ガムなど。

× 遺伝子組換え食品があるもの
大豆、とうもろこし、なたね、じゃがいも、綿実、てん菜など。
豆腐、納豆、味噌、きな粉などには、遺伝子組換えの表示義務がありますので注意してみましょう。

× お酒・タバコ
ビール、日本酒、ワイン、焼酎、ウイスキーなど。

× トランス脂肪酸(マーガリン・ショートニング・ファットスプレット)
ケーキ(生クリーム、スポンジ)、ドーナツ、クッキー、スナック菓子、菓子パン、ポテトフライ、揚げ物など。

 

△ 出来るだけ避けた方がよい食事

 サラダ油
キャノーラ油、紅花油、コーン油、ゴマ油、サラダ油、マヨネーズなど。
→ これらの油は、体内で炎症を招きやすい種類です。

 乳製品
牛乳、アイスクリーム、ヨーグルト、チーズなど。
→ 牛に含まれるホルモン剤や抗生剤の影響、カゼインによる腸への影響。

 小麦粉
パン、パスタ、ラーメン、うどん、ピザなど。
→ 小麦粉に含まれるグルテンによる腸への影響。

 

上記を避けた方がよい理由

これらを避けた方がよい理由は、細胞の働きを悪くして身体の機能低下を招きやすい要素があるからです。
炎症を招きやすいもの、活性酸素を発生しやすいもの、栄養素の過不足を招きやすいものを列挙しました。

例えば、マーガリンやショートニングは、トランス脂肪酸という油の種類です。
これの何が悪いのでしょうか?

トランス脂肪酸とは油の一種類であり、分子構造がトランス型になっている油です。
トランス脂肪酸は動脈硬化を招きやすかったり、全身炎症を招いたりする性質があります。
また細胞膜は脂質でできているのですが、トランス脂肪酸のような柔軟性の無い材料で細胞膜が作られると細胞の働きが低下することになります。
2017年4月には、東北大学の発表により「トランス脂肪酸が細胞死を促進すること」も解明しました。
細胞死が促進すれば、臓器や組織の働きが悪くなり、身体にアンバランスが生じてしまいます。

このようにトランス脂肪酸は避けた方がよい食事として世界的に知られていますので、アメリカ食品医薬品局(FDA)では「一般的に安全とは認められない」と結論付け、2018年6月18日から規制を開始します。
(日本はその規制はありません。怖いですね。。)

日頃から、これらの食事を行っている場合、まず減らしていきましょう。
一定期間(最低2週間)でも完全にゼロにしてみると、それらの害を実感できるかもしれません。
少しずつ減らすというのが一番実感しにくいものですので、やめる時は徹底して取組みましょう。

 

参照:
トランス脂肪酸による疾患発症機序の一端を解明
https://www.tohoku.ac.jp/japanese/newimg/pressimg/tohokuuniv-press20170417_02web.pdf

トランス脂肪酸による動脈硬化性疾患の発生機序の解明と健康影響評価手法の確立
http://www.fsc.go.jp/senmon/gijyutu/gijyutu25/2_1009_hirata_seika.pdf

 

笛木 紀子(ふえき のりこ):株式会社レノアコーポレーション 代表、アトピーくらぶ・れのあ 所長アトピーくらぶ れのあ 代表 笛木紀子(ふえきのりこ)

<出版物>
●アトピーっ子の安心ごはん
●自分の力でアトピーが消えた!
●アトピーを脱いで本当の自分に出逢う

株式会社レノアコーポレーション
東京都町田市高ヶ坂1-1-22
電話:042-726-1107

 

▼アトピー改善法についての記事はこちらから → 「32年間アトピーだけを追求。改善に必要な5つのこと
▼スキンケアについての記事はこちらから → 「【スキンケア方法】アトピーの状態によって使い分けよう
▼赤ちゃんについての記事はこちらから → 「赤ちゃんがアトピー。本来のツルピカお肌に戻るためのポイント9つ

 

【無料】笛木紀子のアトピー改善・メール講座

8日間で学ぶ、アトピー改善法のメール講座です。
毎日1テーマずつ、アトピー改善に役立つ大切な基本をお伝えします。
32年間のアトピー改善サポート経験を通して得てきた知恵と情報をギュっと込めました。
一度きりの人生です。
本当の自分の皮膚を取り戻すきっかけにしていただけたらと願っております。

第1回 アトピーとは?
第2回 アトピーの根本原因
第3回 アトピーの方に最適な食事
第4回 腸内環境は「便」が教えてくれる
第5回 皮膚とスキンケア
第6回 体温と免疫
第7回 サプリメント
第8回 学んだ人から改善する

は必須項目です。

【ご登録フォーム】笛木紀子のアトピー改善・メール講座 全8回
  (例)日本
名  (例)花子
メールアドレス  (例)nihon@example.co.jp

 

【有料】<動画で学ぶ>アトピー改善の基礎セミナー

はじめての方からベテランさんまで。アトピー改善に必要な幅広い内容をお伝えします。
どのような食事が良いのか、どのような食事を避けたほうがよいのか。
また、アトピーと骨の関係、酸化、糖鎖の働きなどをお伝えします。
詳しくはこちらから → 笛木紀子の<動画で学ぶ>アトピー改善の基礎セミナー(1時間22分 3,000円税別)
笛木紀子のアトピー改善の基礎セミナー

 

下剤を飲んでいた夫の話

夫と暮らしはじめた頃、彼は寝る前に下剤を飲む習慣があった

食生活を聞いていると、朝はパンとカットサラダ、昼は社食、夕食は牛丼屋かスーパーのお惣菜を食べていた
休みの日、自炊はインスタントラーメンをつくること

わたしも、スーパーのお惣菜を食べることはあるけれど、選んで食べる
下剤は飲まない、もし便秘に悩んだら、他の方法で出す

だから、一緒に食事を食べて暮らしていくと、夫も下剤はいらなくなるだろうなぁと未来予測をしていた

白米を食べている夫に、玄米を食べてもらえるのか、はじめは気になった
あなたの健康にも良いのよという言葉より、わたしは、自分の健康のために玄米を食べます
自分の健康のために、水素風呂に入ります
と伝えた方が、受け入れられることがわかった

自分のやりたいことを、一緒にやろうって、こわくて中々言えなかった
けれども、自分ためにやりたいことを、やりますと言って良かったんだ、今は思えるようになった

結婚してもうすぐ1年になる

ずいぶん前から、夫が下剤を飲む姿を見ていない
それより、うんちがよく出るよー、1日に2回か3回出るよ、参ったなぁと笑っている

乳ガン治療を経験した、アトピーが治るまでの痒くて痛くて、ダルい日常生活を経験した
けれども、結婚して、夫婦で笑い合える日常生活をしている今がある

生きていてよかったと、しみじみと感じています

今年の初めの誓い

今年のはじめに書いた誓いを読み返しました。

2017年、新婚生活がはじまって、変わらず穏やかな日々を過ごしていきたいこと。

美味しくて健康になれる時短料理を習慣に出来るように、お料理を頑張ること。

お仕事では、コミュニケーション能力を向上したい。

 

今年のはじめ頃は、こんな事を書いていたんだなぁ。

穏やかな生活の中、毎日の時間の過ごし方は、せわしなさはある。
それでも、季節のお野菜と少しの果物をいただいて、食を楽しんでいる。

 

秋になって、身体の方は、顔、首、足の裏が荒れている。

こんな時は、カルシウム、糖鎖のサプリを少し増やしてしっかり飲む、

最寄り駅までの通勤、たらたら歩かず、張り切って歩こう、
本当は、ウォーキングの時間が必要なんだろう…。

食生活の見直し、時々食べる白米をお休みして、毎日食べるお米を玄米にする。

それから、睡眠時間を削らないで夜は早めに休むことも大切。

 

3ヶ月後、今年の年末までには、綺麗になっていることを、目指して、
今日からまた健康になることを意識した生活をしていきます。

 

たまたま見た番組で、女優の大地真央さんが、言っていた。

「健康に意識して生活をしていたら、綺麗がついてきた」

健康でいることを意識して、綺麗になろう。