V3

V3コース(脊椎にアプローチ)

背骨の圧迫をとり、脊椎神経を活性化することで、皮膚の健康を目指す

脊椎を正常に導き、皮膚を健康にしましょう!

私たちの体の柱は脊椎です。

V3コースは、温熱・お灸・指圧・けん引・マッサージ効果で、脊椎を矯正し刺激することにより、圧迫された神経を復旧してくれます。神経が正常に働くと、内臓器官が自分の機能をきちんと発揮できるようになります。

一人一人の体にぴったり合うスキャニングシステム(国際特許)。
人それぞれ身長が違うように、脊椎の長さも違います。
使用者の脊椎を自動スキャニングし、使用者にぴったり合うプログラムを提供します。
また、個人別に違う脊椎加圧ポイントと、脊椎と骨と骨の間にあるツボを刺激します。

(※脊椎医学を具現した医療機器)

 

脊椎は私たちの体の柱です!

いくら立派な家でも柱がしっかりしていないと、
砂の上の家と同じく不安定です。

であれば、体の柱はどこですか?

そうです!それは脊椎です。

脊椎を他の骨と同じと考えてはいけません。
脊椎の中には、私たちの体の生命線といえる脊髄脊髄神経があります。
この神経は、体の全ての生命活動をコントロールしているのです。

 

脊椎の中には脳とつながっている脊髄があり、
体の全ての機能を抑制および調節しています。

また、脊椎は、私たちの体重を支えると同時に
脊髄を保護する役割を担っています。
 

脊椎(24):頸椎7・胸椎12・腰椎5 +仙椎(5)+尾椎(3-6)

 

脊髄と脊髄神経

脊椎動物は、中枢神経系で構成されている神経細胞の集合体で、脊椎の中に位置し脳の下にある延髄の下に、合計31対の神経(脊髄神経)がつながって、生命活動と自律神経(交換・副交感)の内臓機能まで調節しています。

脳と脊髄はとっても大切で敏感な器官のため、
鉄より強い頭蓋骨がを、
そして腰まで下がっている脊髄は脊椎の骨が保護しています。

 

脊椎が正常であれば、血液の流れも良くなる!!

成人になると、血液のほとんどを脊椎の中で作ります。

そのため、脊椎が曲がったり異常が生じると
血液を正常に作れないことはもちろん、
神経系の根本である脊髄神経が圧迫され
各器官に問題が起き、血液循環も悪くなります。

血流が良くなると、体温も上がる」
体温が1度上がると、免疫が30%アップする」
と言われています。

ひとことで言うと、脊椎は、健康の基本であると同時に
万病の原因でもあります。

 

V3コース 5つの原理

温熱(体温上昇) 体温上昇
免疫力の活性化
血液循環改善
代謝増大
お灸(酸素活性) 組織再生、炎症治療
気血循環を促進
酸素活動増進、赤血球増加
治癒速度増進
指圧(矯正) 老廃物の排出
痛症緩和
栄養供給
けん引(弛緩) 椎間板空間確保
椎間板栄養供給
筋肉弛緩
神経増進
マッサージ(循環) 筋肉の弛緩
気の流れの促進

 

きれいになる施術メニュー

検査後、必要とされる方は施術に通っていただけるシステムがございます。

 

きれいになる施術メニュー

アトピー改善を目指すための施術をご用意しております。
低体温・低血流・低酸素・酸性体質から抜け出し、一日も早い改善ができるようお手伝いいたします。

プラズマコース

細胞内のミトコンドリアにアプローチし、細胞を元気にしていくコースです。
ミトコンドリアは、生命が活動するために欠かせないエネルギー「ATP」の生産量を増やして、細胞を活性化させます。 詳しくはこちら
 

V3コース

脊椎を正常に導き、皮膚の健康を目指すコースです。 詳しくはこちら
 

酸素ルームコース

酸素を身体のすみずみにまで届け、血行促進を目指すコースです。 詳しくはこちら
 

デトックスコース

細胞の活性化を目指すコースです。重金属の排泄にもおすすめします。 詳しくはこちら

 

 

「心(アイデンティティ)」へのアプローチ

アトピーくらぶれのあでは、「体」と「心」両翼へのアプローチでアトピーの根本改善を目指します。
 

 

 

 

施術に通われた方の 血液検査ビフォーアフター 参考例

【ケース1】50代 女性
・ステロイド歴18年
・2021年4月から週に1度のペースで施術に通い始める。
・特に辛かった2週間くらいはお仕事のお休みをもらい、毎日(週5日)施術に通っていた時期もある。

アトピーの数値を示すTARCは、2ヶ月で大幅に減少しました。
新しい細胞をつくるために必要なフェリチン(貯蔵鉄)の改善も見られます。
長期休暇をもらうほどに辛い状態が続いていましたが、2021年末には日常生活に支障がないほどにまで改善し、施術の頻度も2週に1回まで減らすことができました。

 

【ケース2】40代 女性
・ステロイド歴:生まれてから18年間使用。30代に3年間使用。
・2020年8月から施術に週1回通う。
・自宅ではサプリメント3種類(アラゴナイトカルシウム、飲む糖鎖、飲む乳酸菌)を摂取。

以前は体が辛くて仕事を休むこともありました。
アレルギーを示すIgEはかなり減少、TARCは標準以下にまで下がりました。
2021年5月の血液検査の頃には日常生活に支障はなく、趣味の事を始められるまでに回復されています。