水素風呂

下剤を飲んでいた夫の話

夫と暮らしはじめた頃、彼は寝る前に下剤を飲む習慣があった

食生活を聞いていると、朝はパンとカットサラダ、昼は社食、夕食は牛丼屋かスーパーのお惣菜を食べていた
休みの日、自炊はインスタントラーメンをつくること

わたしも、スーパーのお惣菜を食べることはあるけれど、選んで食べる
下剤は飲まない、もし便秘に悩んだら、他の方法で出す

だから、一緒に食事を食べて暮らしていくと、夫も下剤はいらなくなるだろうなぁと未来予測をしていた

白米を食べている夫に、玄米を食べてもらえるのか、はじめは気になった
あなたの健康にも良いのよという言葉より、わたしは、自分の健康のために玄米を食べます
自分の健康のために、水素風呂に入ります
と伝えた方が、受け入れられることがわかった

自分のやりたいことを、一緒にやろうって、こわくて中々言えなかった
けれども、自分ためにやりたいことを、やりますと言って良かったんだ、今は思えるようになった

結婚してもうすぐ1年になる

ずいぶん前から、夫が下剤を飲む姿を見ていない
それより、うんちがよく出るよー、1日に2回か3回出るよ、参ったなぁと笑っている

乳ガン治療を経験した、アトピーが治るまでの痒くて痛くて、ダルい日常生活を経験した
けれども、結婚して、夫婦で笑い合える日常生活をしている今がある

生きていてよかったと、しみじみと感じています

水素風呂後の皮膚のお手入れも大切

あれは先週の月曜日、突然、おでこやほっぺや首、髪の生え際にアトピー出現!

 

マスクで口まわりを覆ったり、ハイネックを着たり、真っ赤になった顔の痒みに耐えていました。
いましたと、過去形で話せるのは、今はおでこもほっぺもアトピーがないからです。

 

デイサービスへ通ってくるお年寄りから、
「先週は、おでこがボコボコしていたね、どうしたのかと思ったよ」
と、心配して声をかけてもらうほど、見た目も気になりました。

 

アトピーが出てきて、過去の経験から少しの不安な気持ちもありました。
このまま、また全身かゆかゆに出てくるのかしら…
いやいや、食い止められるよね…

 

たくさん学んできた今の私は、薬に頼らないアトピーの治し方は知っている。
やって来てきたことを、丁寧に実践して、結果を待てばいいのだ。
もしも、たくさん痒くなったとしても、そうなるべくしてなっているのだから、
受け 止めて、治るまで待つと腹を決めた
待つと言っても、何もしないわけではない、やることはたくさんある。

 

原因として思い当たる事も出てきた。
新しい場所で外食をしたとき、日常の食事にはない様な高級な食材を食べた。
例えば、分厚い牛肉、うに、高級なチーズなど。
チーズは特に、乳ガンとの関係もあるので、普段から食べていなかった。
楽しく美味しく過ごした会でしたが、1日2日間、便秘になってしまった。

 

正に、食べたものを便で出せなくて、アトピーで出したのでした

 

腹を決めてやったこと、とにかく便を出すために、意識して歩く、サプリメント、
お腹を冷やさない、きのこと海藻、野菜をちゃんと食事でとるなど、ちょっとしたこと。
れのあでいただいたアドバイス、消化酵素を出すため、
梅干し、大根おろし、乳酸菌のサプリメントを少し増やす。
乳酸菌のサプリメントは、以前のような常用はしなくなったけれど、
常備して必要なときに飲んでいます

 

そして、アトピー肌のためのお手入れが大切と、改めて強く感じました。
60分の水素風呂は、毎日、15分以上湯船に入ると、皮膚がすこーしずつ、柔らかくなっていった。
お風呂後のお手入れに使う、ミストやクリームは、出勤時も携帯する必要があった。

 

痒くて、ワッーと掻いたり、剥がしたりして、顔に傷をつけないように、
ミスト、クリームやオイルで落ち着かせて、気をつけた。

 

おかげさまで、今は痒くない!
仕事に集中出来る!

 

治った幸せを感じています。

水素でアトピー対策!簡単に出来るセルフケア

アトピー改善のためには、水素が良いと聞いたことはありませんか?
水素をおすすめする理由が、『水素には抗酸化作用があり、細胞から元気にする』働きがあるからです。

アトピーは酸化の病気とも言われます。

体中を見て黒ずみがあったり、シミや白髪があったらそれが酸化(=老化)です。
酸化とは、電子が不足している状態であり、細胞としては元気を失った状態です。

骨作りや腸内の健全化もとても大切ですが、体内がサビていると、他のことをしても上手く事は運ばないようです。
車にガソリンも入っているし部品もそろっているけれど、全部サビている状態だと車が正しく動かないと言えばわかりやすいでしょうか?

私たちは酸化無しで「オギャ~」と生まれ、酸化しきって亡くなっていきます。
当然酸化を防ぐ「還元」に力を入れたら、老化は遅れます。

では、この「還元」の働きのある水素をどのように体内に入れていくのが有効的なのでしょうか。
水素水を飲めば十分でしょうか?

アトピーと水素(抗酸化)の関係をお伝えしながら、ご家庭で簡単にできる「水素を使ったアトピー対策」をお伝えします。
水素の働きを得るために、私が実際に行っている具体的な方法をお伝えします。

 

記:アトピーくらぶ れのあ代表・笛木紀子(ふえきのりこ)

<出版物>
●アトピーっ子の安心ごはん
●自分の力でアトピーが消えた!
●アトピーを脱いで本当の自分に出逢う

▼モスバーガー「やさしい豆乳スイーツ」発起
▼セブ島「Rumahホテル」美と健康コンセプト-監修
 

 

1.「水素風呂」自宅でできる毎日の抗酸化ケア

水素風呂

皮膚が辛い、黒ずみや赤みが気になる時などに

水素風呂の特長は、なんといっても全身の皮膚から水素を取り入れることが出来ることです。
皮膚から吸収された水素は、毛細血管を通して全身に送られます。
また、入浴中も呼吸によっても取り込まれます。

使い方は簡単です。
機械をセットし、電源を入れスイッチを押すだけです。
標準は30分間の水素生成ですが、水素溶存量を高めるために60分間の水素生成をおすすめします。
その水素風呂に15分ほどの入浴をしてください。
症状が辛い時は、朝晩2回入ると良いでしょう。

【動画で見る 水素風呂の簡単な使い方】

この水素風呂はレンタルで利用することができます。
費用も安価なため、誰でも利用できるようになっています。
水素風呂レンタルの詳細はこちらから→ http://renoa.net/user_data/suisoburo.php
※スマホから見ている方はこちらから。

 

2.水素サプリメントを飲む

黒ずみや赤み、カサカサ、かゆい、眠りが浅い、疲れやすい時などに

飲む水素水素の働きを身体に取り入れるために水素サプリメントもご紹介します。

水素のサプリメントというのは、胃の中に入って水と反応すると水素ガスを発生するものです。
そして毛細血管から水素が入って全身に行き渡ります。

水素のサプリメントは各社出されていますが、私はアトピーの方のために特別に作っていただいた水素サプリメントを扱っています。
例えば、水素の他に抗酸化作用があるエンジュが含まれています。エンジュには、ケルセチンという抗アレルギーの働きがあります。
また、それ以外にも身体の機能を支えるミネラルや、免疫と関係するビタミンDも配合させています。

アトピー改善を目指す場合、水素の力は大きな助けになります。
細胞から元気になるように是非水素を活用してみてください。

 

3.アトピー改善のために水素を利用する理由

そもそも、どうしてアトピー改善に水素を使うのかお伝えします。
アトピーは、皮膚をはじめ体内の各所で炎症が起きている状態です。
その炎症が免疫のアンバランスに繋がり、体質によってアトピーという状態で現れます。

例えば、アトピーの人に多い、腸のリーキーガット症候群(LGS)というのは、腸管に穴が開き、菌やウィルス、食べ物などが血液中に漏れ出てしまいます。そして漏れ出たものを免疫細胞が異物として認識して攻撃するため、炎症が起きてしまいます。
炎症が生じ、免疫細胞にアンバランスが起きるとアトピーなどの自己免疫疾患と言われる症状に繋がってきます。

炎症が起きている場所には、大量の活性酸素が発生しています。
この活性酸素が多くなると、生体膜や細胞、たんぱく質などに障害を与えて身体の機能に障害をもたらします。
この活性酸素を抑えるものが、抗酸化物質と呼ばれるものです。
ビタミンCやポリフェノール、カテキンなどがあり、水素も抗酸化物質の一つです。

では、その中でもどうして水素がこんなに注目を浴びるのでしょうか?
その理由は水素の分子量と使い易さにあります。

水素は地球上で一番小さな原子ですので、身体の隅々まで侵入していくことができます。また、水素は悪玉の活性酸素と選択的に反応し、最後は無害な水になって体外に排出されていきます。そのため副作用の心配もありません。

※アトピーと水素の研究では「水素水がTh1およびTh2応答の調節を介してアレルギー性接触皮膚炎に影響を及ぼすことを示唆している」と発表しています。アトピー性皮膚炎は、リンパ球のTh1細胞とTh2細胞の不均衡があることが分かっています。
The Drinking Effect of Hydrogen Water on Atopic Dermatitis Induced by Dermatophagoides farinae Allergen in NC/Nga Mice https://www.hindawi.com/journals/ecam/2013/538673/

 

これは、アトピーの方に生じている免疫のアンバランスを調整する働きが水素にはあるということです。

炎症のあるところには、活性酸素があり、活性酸素を抑制するのが水素と分りました。
では、アトピーの人は具体的にどこに炎症があるのでしょうか?

アトピーの炎症の元は、「31年間アトピーだけを追求。改善に必要な5つのこと」のページでもお伝えしていますが、可能性として高いのが「腸と咽頭」です。これらの場所に炎症がある場合、その炎症の元にアプローチしていく必要があります。(炎症へのアプローチ方法も上記に記載しています)
炎症元へのアプローチと、水素の抗酸化作用を併用していくと効率的に不調箇所に対処していくことができます。

 

笛木 紀子(ふえき のりこ):株式会社レノアコーポレーション 代表、アトピーくらぶ・れのあ 所長アトピーくらぶ れのあ 代表 笛木紀子(ふえきのりこ)

<出版物>
●アトピーっ子の安心ごはん
●自分の力でアトピーが消えた!
●アトピーを脱いで本当の自分に出逢う

株式会社レノアコーポレーション
東京都町田市高ヶ坂1-1-22
電話:042-726-1107

 

参考データ
・The Drinking Effect of Hydrogen Water on Atopic Dermatitis Induced by Dermatophagoides farinae Allergen in NC/Nga Mice https://www.hindawi.com/journals/ecam/2013/538673/
・フリーラジカルの医学 吉川敏一氏 http://www.f.kpu-m.ac.jp/k/jkpum/pdf/120/120-6/yoshikawa06.pdf

 

▼アトピー改善についての記事はこちらから → 「31年間アトピーだけを追求。改善に必要な5つのこと
▼スキンケアについての記事はこちらから → 「【スキンケア方法】アトピーの状態によって使い分けよう
▼食事についての記事はこちらから → 「アトピー改善のために摂ってほしい食事・摂ってほしくない食事

 

【無料】笛木紀子のアトピー改善・メール講座

6日間連続で1テーマずつ、アトピー改善法の基本についてお伝えします。

 
 

【有料】笛木紀子のアトピー改善の基礎セミナー

はじめての方からベテランさんまで。アトピー改善に必要な幅広い内容をお伝えします。
どのような食事が良いのか、どのような食事を避けたほうがよいのか。
また、アトピーと骨の関係、酸化、糖鎖の働きなどをお伝えします。
詳しくはこちらから → 笛木紀子のアトピー改善の基礎セミナー(2時間 5,000円税別)
笛木紀子のアトピー改善の基礎セミナー

おでこツルツル

数日前、ガサガサと皮膚が剥がれていた、
おでこやほっぺが、今はツルツルしている。

 

意識して変えたことは、水素風呂に入っている時間だ。

お湯に入ってから15分に近づいてくると、身体の中から、じわーっと込み上げてくる熱を感じる。
そこの感覚を、超えるか超えないかが、大事なことだった。

 

数ヵ月前、水素風呂に入り始めの頃の、
身体がツルツルになる感覚を再び実感することが出来ている。

はじめは、ちゃんと時間みてお風呂に入っていたんだろうな。
いつの間にか、自己流になって、綺麗になる、せっかくの機会を使えていなかった。

水素風呂は、水素発生60分、お湯に入って15分、わたしの身体の場合はこれがちょうど良いみたい。
更に改善を目指すので、休日は水素の足風呂をする。

 

やっぱり、皮膚はツルツル、スベスベが気持ち良くて、
心も柔らかくなる感じがします。

腕のガングリオンらしいもの、その後

夏のおわり、手首にポコッとしこりができた。
数日後、ポコッとしたのは引っ込んだけど、
皮膚を触るとコリコリした根っこが少し残っていた。

9月のおわり頃、膨らみが手首に再び出てきた。
ちょうど手首の関節部分、手を動かしたり、力を入れたときに、
膨らみが引っかかって、ピリッと痛かった。

何かまた出てきたよ、夫に見せた。

2、3日後、膨らみがきれいになくなったから驚いて、家で大騒ぎした。
昨日は膨らんでいたのに、今はないよ!
うんちと一緒に、出たみたい!

 

水素風呂に入って、ガンが消滅した事例があると聞いたときは、
へー、そういう事があるんですねぇ。と、他人事だったけれど、
手首のガングリオンらしいものが、デトックスされ、
そういうことも本当にあるのだと実感しました。

膨らみが消えた前日は、スゴく快腸で便の回数が普段よりも多かった。
わたしは、水素風呂で巡りが良くなって、
うんちと一緒にデトックスされたと本気で思っている。

水素風呂に入って1ヶ月過ぎた頃から、
身体の変化が出てきたように感じています。