水素風呂

水素風呂は、生活の一部です

自宅で水素風呂に入ることが、生活の一部になってから
わざわざ銭湯へいくことがありません

 

お風呂掃除の後、夫がついでに水素の機械を立ち上げ
水素風呂の準備をしています

 

私がちょっと体調崩していると
水素の足湯したかぁ
ゆっくり風呂で温まれよー
温まると元気になることを夫が世話焼いてくれます
ありがたい日々です

 

日が暮れるのが早くなって、冷えを感じる季節になりました

 

温かい水素風呂にゆっくり入る時間は
とても気持ち良く癒しの時間です

 

職場で冷えに困っている人の話を聞いて、水素風呂をおすすめしました
というか、冷えで困っている話をほっとけなくて…熱くプレゼンしました

 

しかし、自宅で機械を導入することは、ハードルの高さがあるのですね…スゴく良いのになぁと思うけれど、プレゼン上手くいきませんでした
タブレットなら、出来そうよと、重炭酸タブレットは取り入れやすさがあるみたいです

 

わたしは、冷えから具合が悪くなることを、何度も経験してきているので
これからの季節は、用心して、いつもやっている対策を、忘れないように暮らしていきます

新しい足湯はじめました

職場と自宅を、車で通勤して
直行直帰な日々です

 

夫は、自宅でテレワークなので、いつもお家に居てくれる安心感があります
通勤がない分、洗濯したり、ご飯研いでおいてもらえて助かってます

 

週末は、スーパーへ行く位で、自粛生活

 

はじめて見る映画をテレビで見たら、けっこうハマったり
こまめに色々洗濯をして、衣替えしたり

 

家でよく食べる、手も良く洗うから、洗剤や手洗い石鹸の減りが早いこと

 

休みの日、朝起きたら、その日の時間割りを決めることが大事だと気付きました
そうしてないと、何となく1日が終わってしまうのです

 

そんな生活の中、新しいこともはじめました

 

それは、「ホットタブ」を使った足湯です

 

これをした後、足の裏がつるつるっとなりました

 

湯船は、やっぱり水素のお湯がトロンとなめらかで、肌に優しく感じます

 

水素風呂とホットタブ、使い分けて、健康維持に役立てていきます

水素風呂・水素吸引でアトピー対策!簡単に出来るセルフケア【動画追加】


<アトピー改善のための最強の入浴方法>

 

自宅で簡単に「血行促進・抗酸化」

水素はアトピー改善のためにも、再発防止のためにも、予防にも役立ちます。

『水素には抗酸化作用があり、細胞から元気にする』働きがあるからです。

アトピーは酸化の病気とも言われます。

体中を見て黒ずみがあったり、シミや白髪があったらそれが酸化(=老化)です。
酸化とは、電子が不足している状態であり、細胞としては元気を失った状態です。

骨作りや腸内の健全化もとても大切ですが、体内がサビていると、他のことをしても上手く事は運ばないようです。
車にガソリンも入っているし部品もそろっているけれど、全部サビている状態だと車が正しく動かないと言えばわかりやすいでしょうか?

私たちは酸化無しで「オギャ~」と生まれ、酸化しきって亡くなっていきます。
当然酸化を防ぐ「還元」に力を入れたら、老化は遅れます。

では、この「還元」の働きのある水素をどのように体内に入れていくのが有効的なのでしょうか。
水素水を飲めば十分でしょうか?

アトピーと水素(抗酸化)の関係をお伝えしながら、ご家庭で簡単にできる「水素を使ったアトピー対策」をお伝えします。

 

記:アトピーくらぶ れのあ代表・笛木紀子(ふえきのりこ)

<出版物>
●アトピーっ子の安心ごはん
●自分の力でアトピーが消えた!
●アトピーを脱いで本当の自分に出逢う

▼モスバーガー「やさしい豆乳スイーツ」発起
▼セブ島「Rumahホテル」美と健康コンセプト-監修
 

1.「水素風呂」自宅でできる毎日の抗酸化ケア

水素風呂

皮膚が辛い、黒ずみや赤みが気になる時などに

水素風呂の特長は、なんといっても全身の皮膚から水素を取り入れることが出来ることです。
皮膚から吸収された水素は、毛細血管を通して全身に送られます。
また、入浴中も呼吸によっても取り込まれます。

使い方は簡単です。
機械をセットし、電源を入れスイッチを押すだけです。
標準は30分間の水素生成ですが、水素溶存量を高めるために60分間の水素生成をおすすめします。
その水素風呂に15分ほどの入浴をしてください。
症状が辛い時は、朝晩2回入ると良いでしょう。

【動画で見る 水素風呂の簡単な使い方】

この水素風呂はレンタルで利用することができます。
費用も安価なため、誰でも利用できるようになっています。

水素風呂レンタルの詳細はこちらから ▶http://renoa.net/user_data/suisoburo.php
※スマホから見ている方はこちらから。

 

2.「水素吸引」で上半身の徹底抗酸化

お顔や頭皮、上半身の強い赤み、カサカサ、痒い、眠りが浅い、疲れやすい、呼吸が浅い、気持ちが落ち込む時、目の疲れ、首・肩こりなどに

※特に首のアトピーの改善が遅い方は肩こりによる血行不良を疑って下さい。

水素の働きを体内に直接取り入れるために、水素吸引のご紹介をします。

から呼吸と一緒に取り入れた水素は、に充満されます。
そこから毛細血管を通り、頭部に行き、全身へと巡ります。

デスクワークやスマートフォンにより、コリで血行不良になる方におすすめします。

使い方はシンプルです。
機械をセットし、鼻に専用のカニューレを装着。
電源を入れてスイッチを押すだけで、鼻から水素が吸入できます。

1日に何回でも何分でもお使いいただけます。
15分、30分、60分のタイマー機能付きで、
テレビや読書の時間などご自宅のリラックスタイムに手軽にお使いいただけます。

水素吸引はレンタルでご利用することが出来ます。
(▶水素吸引の詳細はこちらをご覧ください。 ※スマホから見ている方はこちらから。)

 

3.アトピー改善のために水素を利用する理由

そもそも、どうしてアトピー改善に水素を使うのかお伝えします。

アトピーは、皮膚をはじめ体内の各所で炎症が起きている状態です。
その炎症が免疫のアンバランスに繋がり、体質によってアトピーという状態で現れます。

例えば、アトピーの人に多い、腸のリーキーガット症候群(LGS)というのは、腸管に穴が開き、菌やウィルス、食べ物などが血液中に漏れ出てしまいます。
そして漏れ出たものを免疫細胞が異物として認識して攻撃するため、炎症が起きてしまいます。
炎症が生じ、免疫細胞にアンバランスが起きるとアトピーなどの自己免疫疾患と言われる症状に繋がってきます。

炎症が起きている場所には、大量の活性酸素が発生しています。
この活性酸素が多くなると、生体膜や細胞、たんぱく質などに障害を与えて身体の機能に障害をもたらします。
この活性酸素を抑えるものが、抗酸化物質と呼ばれるものです。
ビタミンCやポリフェノール、カテキンなどがあり、水素も抗酸化物質の一つです。

では、その中でもどうして水素がこんなに注目を浴びるのでしょうか?

その理由は、水素の分子量と使い易さにあります。
水素は地球上で一番小さな原子ですので、身体の隅々まで侵入していくことができます。

代表的な還元物質との分子量比較イメージ

また、水素は悪玉の活性酸素と選択的に反応し、最後は無害な水になって体外に排出されていきます。
そのため副作用の心配もありません。

※アトピー性皮膚炎は、リンパ球のTh1細胞とTh2細胞の不均衡があることが分かっています。アトピーと水素の研究で、「水素はTh1細胞とTh2細胞のバランスを取る」ことが分かりました。

 
これは、アトピーの方に生じている免疫のアンバランスを調整する働きが水素にはあるということです。

炎症のあるところには、活性酸素があり、活性酸素を抑制するのが水素と分かりました。

では、アトピーの人は具体的にどこに炎症があるのでしょうか?

アトピーの炎症の元は、「34年間アトピーだけを追求。改善に必要な5つのこと」のページでもお伝えしていますが、可能性として高いのが「腸と咽頭」です。これらの場所に炎症がある場合、その炎症の元にアプローチしていく必要があります。(炎症へのアプローチ方法も上記に記載しています)
炎症元へのアプローチと、水素の抗酸化作用を併用していくと効率的に不調箇所に対処していくことができます。

 

4.入浴によるデトックス方法

38度~39度の温度でじっくり20分、毎日入浴することを習慣化してください。
続けることで体温が上がり、デトックスしやすい身体になっていきます。

「水素風呂(水素生成)」+「ホットタブ」のダブル入浴をしていただくことで、体内に溜まった有毒な重金属の排泄を促します。

<参考商品>
●重金属の排泄:ホットタブ(重炭酸浴)

 

<参考データ>
・フリーラジカルの医学 吉川敏一氏
http://www.f.kpu-m.ac.jp/k/jkpum/pdf/120/120-6/yoshikawa06.pdf

 

笛木 紀子(ふえき のりこ):株式会社レノアコーポレーション 代表、アトピーくらぶ・れのあ 所長アトピーくらぶ れのあ 代表 笛木紀子(ふえきのりこ)

<出版物>
●アトピーっ子の安心ごはん
●自分の力でアトピーが消えた!
●アトピーを脱いで本当の自分に出逢う

株式会社レノアコーポレーション
東京都町田市高ヶ坂1-1-22
電話:042-726-1107

 

▼アトピー改善法についての記事はこちらから → 「34年間アトピーだけを追求。改善に必要な5つのこと
▼骨についての記事はこちらから → 「アトピー改善のために欠かせない背骨作り
▼食事についての記事はこちらから → 「アトピー改善のために摂ってほしい食事・摂ってほしくない食事
▼腸内環境についての記事はこちらから → 「腸内環境を整えましょう
▼スキンケアについての記事はこちらから → 「【スキンケア方法】アトピーの状態によって使い分けよう
▼お水についての記事はこちらから → 「「コアのお水」はアトピー改善の心強い味方
▼筋肉についての記事はこちらから → 「筋肉を鍛えて、基礎代謝能力を上げましょう
▼体温についての記事はこちらから → 「体温を上げてアトピー改善
▼呼吸についての記事はこちらから → 「口呼吸をやめて免疫力を上げましょう
▼赤ちゃんについての記事はこちらから → 「赤ちゃんがアトピー。本来のツルピカお肌に戻るためのポイント9つ

 

はじめての方におすすめ。
アトピー改善に役立つ「無料WEB会員登録」

アトピー改善に役立つ「無料WEB会員登録」

 

こむらかえりの変な習慣でした

こむらかえりになると、ふくらはぎや、太ももの裏がつって痛くて痛くてたまらない

 

寝ているとき、バサッと布団をはいで、こむらかえりの足をさすっていたり

 

昼間、テレビを見ているとき、突然それはやって来たり

 

いっしょに暮らしはじめた頃、しょっちゅう夫が、こむらかえりになっていた

 

運動してきた後になることも、たまにはあったけれど、そうばかりではない

 

一緒に暮らしてからは、湯船に毎日入る習慣ができて、数年前から水素風呂にも入るようになった

 

この頃は、夫が水素風呂の準備をしてくれるようになった

 

準備といっても、水素の盤をポチャンと湯船に入れて、スイッチを押すだけなのだけど
夫が準備したお風呂に入れることは、うれしい

 

ふと思った、今年も、こむらかえりに襲われている夫の姿を見ないなぁ

 

この冬は、いつもより暖かかったからだと、夫は言うけれど、それだけじゃないと思う

 

水素風呂に入ってから起きた変化なのだと思う

 

冷え
血行不良

 

ここを解決すること、本当に大事なことです!

2年前、水素風呂をはじめました

たまには大きなお風呂に入ると気持ち良かったり、美人湯とか炭酸泉とか入りたくて、週末になると、夫と銭湯へ行きました

 

自宅で水素風呂をはじめてから
わざわざ銭湯へいくことがなくなりました

 

毎日、夫が機械を立ち上げ
水素風呂の準備をしています

 

「今日は銭湯に行くかぁ?」
と言う日が全くなくなりました

 

それは、家のお風呂が気持ちいいからだと思うのです

 

夫が、疲れて帰ってきたとき
水素風呂にゆっくり入ると良いよーとわたしが言って
夫「そうだなぁー」

 

日が暮れると、少しずつ冷え込むこともあって、温かい水素風呂にゆっくり入る時間が、とても気持ち良く感じます

 

水素風呂は、生活の一部となって、日々の健康を支え、癒しの時間です