笛木 紀子

春の辛いアトピーと花粉対策に「アトリアクリーム」

春の排泄で、アトピーが辛いというお声を聞くようになりました。
皆さんはどのような皮膚の状態になりますか?
強烈な痒みで掻き壊してしまうでしょうか。
赤みが強くなるでしょうか。
リンパ液が出てくるでしょうか。
皮膚の落屑が増えるでしょうか。

そのように皮膚の荒れが強い時には、
「アトリア クリーム」
をお使いになられてはいかがでしょうか。
アトリア クリーム」は旧「クリーム#2」です。
成分はそのままに、アトピーさん向けスキンケアシリーズ「アトリア」として、
新たなパッケージでリニューアル発売しました。

使い方はこれまでと同じく、
オイルやデイクリーム、クリーム#1では追い付かない程に乾燥が強い所や、
リンパ液が出ている所、
お肌が特に辛い部分
にお使いください。

また、今の花粉の時期には、
朝、鼻の穴の中に綿棒で耳かき1杯分くらいを塗っていただくと、
花粉がクリームにくっついて、
体内への侵入を抑えることができます。

風邪の季節などにも効果的ですし、
ほこりなども有効です。
1年中お使いいただくと免疫アップに繋がります。

ぜひ「アトリア クリーム」を活用してくださいね。
今後、アトリアシリーズに移行していく化粧品はまだあります。
楽しみにお待ちいただければ幸いです。
アトリアシリーズを宜しくお願いします。
 
 

水素でアトピー対策!簡単に出来るセルフケア

アトピー改善のためには、水素が良いと聞いたことはありませんか?
水素をおすすめする理由が、『水素には抗酸化作用があり、細胞から元気にする』働きがあるからです。

アトピーは酸化の病気とも言われます。

体中を見て黒ずみがあったり、シミや白髪があったらそれが酸化(=老化)です。
酸化とは、電子が不足している状態であり、細胞としては元気を失った状態です。

骨作りや腸内の健全化もとても大切ですが、体内がサビていると、他のことをしても上手く事は運ばないようです。
車にガソリンも入っているし部品もそろっているけれど、全部サビている状態だと車が正しく動かないと言えばわかりやすいでしょうか?

私たちは酸化無しで「オギャ~」と生まれ、酸化しきって亡くなっていきます。
当然酸化を防ぐ「還元」に力を入れたら、老化は遅れます。

では、この「還元」の働きのある水素をどのように体内に入れていくのが有効的なのでしょうか。
水素水を飲めば十分でしょうか?

アトピーと水素(抗酸化)の関係をお伝えしながら、ご家庭で簡単にできる「水素を使ったアトピー対策」をお伝えします。
水素の働きを得るために、私が実際に行っている具体的な方法をお伝えします。

 

記:アトピーくらぶ れのあ代表・笛木紀子(ふえきのりこ)

<出版物>
●アトピーっ子の安心ごはん
●自分の力でアトピーが消えた!
●アトピーを脱いで本当の自分に出逢う

▼モスバーガー「やさしい豆乳スイーツ」発起
▼セブ島「Rumahホテル」美と健康コンセプト-監修
 

1.「水素風呂」自宅でできる毎日の抗酸化ケア

水素風呂

皮膚が辛い、黒ずみや赤みが気になる時などに

水素風呂の特長は、なんといっても全身の皮膚から水素を取り入れることが出来ることです。
皮膚から吸収された水素は、毛細血管を通して全身に送られます。
また、入浴中も呼吸によっても取り込まれます。

使い方は簡単です。
機械をセットし、電源を入れスイッチを押すだけです。
標準は30分間の水素生成ですが、水素溶存量を高めるために60分間の水素生成をおすすめします。
その水素風呂に15分ほどの入浴をしてください。
症状が辛い時は、朝晩2回入ると良いでしょう。

【動画で見る 水素風呂の簡単な使い方】

この水素風呂はレンタルで利用することができます。
費用も安価なため、誰でも利用できるようになっています。
水素風呂レンタルの詳細はこちらから→ http://renoa.net/user_data/suisoburo.php
※スマホから見ている方はこちらから。
 

4日間で学ぶ、アトピー改善のための水素風呂活用法メール講座(無料)

毎日1テーマずつ、アトピー改善に役立つ水素風呂の活用法をお伝えします。→ご登録はこちらから

 

2.水素サプリメントを飲む

黒ずみや赤み、カサカサ、かゆい、眠りが浅い、疲れやすい時などに

飲む水素水素の働きを身体に取り入れるために水素サプリメントもご紹介します。

水素のサプリメントというのは、胃の中に入って水と反応すると水素ガスを発生するものです。
そして毛細血管から水素が入って全身に行き渡ります。

水素のサプリメントは各社出されていますが、私はアトピーの方のために特別に作っていただいた水素サプリメントを扱っています。
例えば、水素の他に抗酸化作用があるエンジュが含まれています。エンジュには、ケルセチンという抗アレルギーの働きがあります。
また、それ以外にも身体の機能を支えるミネラルや、免疫と関係するビタミンDも配合させています。

アトピー改善を目指す場合、水素の力は大きな助けになります。
細胞から元気になるように是非水素を活用してみてください。

 

<れのあの水素サプリメントの場合>
飲む水素ATP

 

3.アトピー改善のために水素を利用する理由

そもそも、どうしてアトピー改善に水素を使うのかお伝えします。

アトピーは、皮膚をはじめ体内の各所で炎症が起きている状態です。
その炎症が免疫のアンバランスに繋がり、体質によってアトピーという状態で現れます。

例えば、アトピーの人に多い、腸のリーキーガット症候群(LGS)というのは、腸管に穴が開き、菌やウィルス、食べ物などが血液中に漏れ出てしまいます。
そして漏れ出たものを免疫細胞が異物として認識して攻撃するため、炎症が起きてしまいます。
炎症が生じ、免疫細胞にアンバランスが起きるとアトピーなどの自己免疫疾患と言われる症状に繋がってきます。

炎症が起きている場所には、大量の活性酸素が発生しています。
この活性酸素が多くなると、生体膜や細胞、たんぱく質などに障害を与えて身体の機能に障害をもたらします。
この活性酸素を抑えるものが、抗酸化物質と呼ばれるものです。
ビタミンCやポリフェノール、カテキンなどがあり、水素も抗酸化物質の一つです。

では、その中でもどうして水素がこんなに注目を浴びるのでしょうか?
その理由は、水素の分子量と使い易さにあります。

水素は地球上で一番小さな原子ですので、身体の隅々まで侵入していくことができます。
また、水素は悪玉の活性酸素と選択的に反応し、最後は無害な水になって体外に排出されていきます。そのため副作用の心配もありません。

※アトピー性皮膚炎は、リンパ球のTh1細胞とTh2細胞の不均衡があることが分かっています。アトピーと水素の研究で、「水素はTh1細胞とTh2細胞のバランスを取る」ことが分かりました。

 

これは、アトピーの方に生じている免疫のアンバランスを調整する働きが水素にはあるということです。

炎症のあるところには、活性酸素があり、活性酸素を抑制するのが水素と分りました。
では、アトピーの人は具体的にどこに炎症があるのでしょうか?

アトピーの炎症の元は、「33年間アトピーだけを追求。改善に必要な5つのこと」のページでもお伝えしていますが、可能性として高いのが「腸と咽頭」です。これらの場所に炎症がある場合、その炎症の元にアプローチしていく必要があります。(炎症へのアプローチ方法も上記に記載しています)
炎症元へのアプローチと、水素の抗酸化作用を併用していくと効率的に不調箇所に対処していくことができます。

 

笛木 紀子(ふえき のりこ):株式会社レノアコーポレーション 代表、アトピーくらぶ・れのあ 所長アトピーくらぶ れのあ 代表 笛木紀子(ふえきのりこ)

<出版物>
●アトピーっ子の安心ごはん
●自分の力でアトピーが消えた!
●アトピーを脱いで本当の自分に出逢う

株式会社レノアコーポレーション
東京都町田市高ヶ坂1-1-22
電話:042-726-1107

 

参考データ
・フリーラジカルの医学 吉川敏一氏 http://www.f.kpu-m.ac.jp/k/jkpum/pdf/120/120-6/yoshikawa06.pdf

 
 

▼アトピー改善法についての記事はこちらから → 「33年間アトピーだけを追求。改善に必要な5つのこと
▼スキンケアについての記事はこちらから → 「【スキンケア方法】アトピーの状態によって使い分けよう
▼食事についての記事はこちらから → 「アトピー改善のために摂ってほしい食事・摂ってほしくない食事
▼赤ちゃんについての記事はこちらから → 「赤ちゃんがアトピー。本来のツルピカお肌に戻るためのポイント9つ

 

【無料】笛木紀子のアトピー改善・メール講座

8日間で学ぶ、アトピー改善法のメール講座です。
毎日1テーマずつ、アトピー改善に役立つ大切な基本をお伝えします。
33年間のアトピー改善サポート経験を通して得てきた知恵と情報をギュっと込めました。
一度きりの人生です。
本当の自分の皮膚を取り戻すきっかけにしていただけたらと願っております。

第1回 アトピーとは?
第2回 アトピーの根本原因
第3回 アトピーの方に最適な食事
第4回 腸内環境は「便」が教えてくれる
第5回 皮膚とスキンケア
第6回 体温と免疫
第7回 サプリメント(糖鎖)
第8回 学んだ人から改善する

は必須項目です。

【ご登録フォーム】笛木紀子のアトピー改善・メール講座 全8回
  (例)日本
名  (例)花子
メールアドレス  (例)nihon@example.co.jp

 

【有料】<音声講座>アトピー改善の基礎セミナー

はじめての方からベテランさんまで。アトピー改善に必要な幅広い内容をお伝えします。
どのような食事が良いのか、どのような食事を避けたほうがよいのか。
また、アトピーと骨の関係、酸化、糖鎖の働きなどをお伝えします。
詳しくはこちらから → 笛木紀子の<音声講座>アトピー改善の基礎セミナー(54分 2,000円税別)
笛木紀子のアトピー改善の基礎セミナー

 

小さな積み重ねで変わっていく体調

免疫の7割をつかさどる腸

 

 

100兆個・500種類もの微生物が住んでいるという世界です

 

腸内フローラという言葉が使われる様になってから久しいですが
そのバランスが崩れると体調は不調を訴えるようになってきます

 

便秘
下痢
ガス
便のにおい
コロコロ便
少量便

 

しっかりご自身の便を観察されていますでしょうか?

 

日常普通に見過ごしてしまうことが実は病気へのイエローカードなのです

 

私たちの生活は便利すぎるのです

 

 

忙しい生活のサイクルに無理に身体を合わそうとします

 

しかも毎日

 

そしてその生活に次第に慣なれていきます

 

体調が悪くなるのは実は当たり前なのかもしれません

 

 

便秘だけではありません
頭痛に腰痛に冷え性に生理痛

 

それらを簡単に調整してくれる薬剤

 

この積み重ねがしっぺ返しにならなければ良いのですが・・・

 

病気は一日でやってきたりしません

 

悪循環の中から生れて来るのです

 

それに気づいたら何か始めませんか

 

温める
水を変える
歩く
冷たい物を飲まない
睡眠時間の確保
コンビニには出入りしない

 

この小さな積み重ねがあなたを守ってくれる一つなのだと思います

 

↓赤ちゃんのような透明感のある素肌美をつくりたい方へ↓

パソコンの方はこちらから

 

音声講座・アトピー改善の基礎セミナー
↑笛木紀子のアトピー改善のための知識と情報をまるごと収録↑

 

アトピー改善のプロになりたい方はこちら↓
http://www.renoa.co.jp/pro-course/

アトピーの人は腸内環境を整えて!!

アトピー改善は腸内環境を整えることが大切です

 

それは大人子供赤ちゃんも同じこと

 

皆さんは自分の便をよ~~~く観察していますか?

 

毎日自分の便をチェックしましょう!

 

その前に毎日便は出ていますか?

 

毎日出ないのは怖いですよ

 

そんな人は毎日出るように、生活を見直しましょう

 

 

小さいお子さんや赤ちゃんはお母さんが毎日便の状態を確認しましょう

 

なかなか見せてくれない年齢になったら
ウンチにこんなニックネームをつけてはいかがでしょうか?

 

柔らかいウンチは      うんぴー
硬いウンチは         うんご
よいウンチは         ウンチ

 

シャイなお子さんでもお母さんに伝えやすいかもしれません

 

便の状態は食べたものによって大きくく変わります

 

授乳中の赤ちゃんの便はお母さんの食べた物で決まります

 

という事は何を食べたら良いか便が教えてくれるのです

 

もし便が毎日出ない時には発酵食品を食べましょう

 

日本人はヨーグルトではなく納豆・味噌・お漬物ですね

 

この様にお母さんが母乳を通して栄養を赤ちゃんに送ります

 

もう一度認識しましょう

 

私たちの身体は食べて吸収された物で作られています

 

↓赤ちゃんのような透明感のある素肌美をつくりたい方へ↓

パソコンの方はこちらから

 

音声講座・アトピー改善の基礎セミナー
↑笛木紀子のアトピー改善のための知識と情報をまるごと収録↑

 

アトピー改善のプロになりたい方はこちら↓
http://www.renoa.co.jp/pro-course/

ヨガクリエイターayaさんと私の新デイクリームへの想い

新デイクリーム開発秘話です

 

そもそも

 

アトピーの人にスキンケアをしていただくことは非常に難しい

 

だって傷があるのだから

 

下手すればお水でも沁みます

 

でも保湿は免疫力の一つだから

 

何とか適応するものを作ってあげたい

 

それが私の想いの始まりでした

 

それから30年が過ぎ

 

スキンケアはシリーズと言えるほど増えました

 

お客様の要望に応え
またずっとアトピーの方の皮膚に触れてきた人間として必要に迫られ

 

でも紫外線をカットすることは非常に難しかった
もちろん皮膚に優しいままでということです

 

時が過ぎ

 

いつしか

 

世の中の人は敏感肌なっていきました

 

昔アトピーさんがいなかったのにアトピーという病気ができたように

 

昔そんなに敏感肌の人はいなかったのに

 

今は丈夫な皮膚の人がいない

 

 

なんで

 

なんで

 

空気汚染
電磁波
重金属の蓄積
食べすぎ
飲み過ぎ
睡眠負債
添加物に保存料

 

あまりにも自然から離れすぎたよね私たち

 

私は時々気が狂った様に海が見たくなる
砂浜に寝ころびたくなる

 

いっぱいいっぱいなんだよ身体が

 

こうしてバランスを保とうとする

 

すると皮膚も答えてくれる

 

敏感だった皮膚も丈夫でいようとがんばってくれる

 

そこに気づいている人はいい

 

でもそうでない人は敏感肌がますます敏感に

 

超敏感肌に

 

なのに強いUVを上から重ねる

 

皮膚トラブルの元にもなりかねない

 

やがて一部の人はかぶれる体験を持つ

 

だから

 

ヨガクリエイターayaさんの力を借りて敏感肌の人に伝える

 

 

自分の皮膚を見直そう

 

スキンケアをきちんと考えよう

 

毎日の積み重ねが10年後のあなたの皮膚を作っていく

 

という訳で

 

ayaさんと一緒に考えたデイクリーム

 

使ってみてください

 

http://renoa.net/product/detail/65

 

↓赤ちゃんのような透明感のある素肌美をつくりたい方へ↓

パソコンの方はこちらから

 

音声講座・アトピー改善の基礎セミナー
↑笛木紀子のアトピー改善のための知識と情報をまるごと収録↑

 

アトピー改善のプロになりたい方はこちら↓
http://www.renoa.co.jp/pro-course/