「丈夫な骨作り」=「健康できれいな皮膚作り」

骨はからだの根っこです

骨はからだの根っこです骨という土台に支えられて、はじめて健康な皮膚が作られていきます。
れのあはアトピーさんと共に、三十余年過ごしてきました。
骨作りに取り組んでからは、より多くのアトピーさんに改善がみられるようになりました。
何をやっても改善しなかったのが、嘘のように改善したと喜びの声をいただくようになりました。

 

アトピーの原因は皮膚にない・・?

●免疫疾患
●日光アレルギー
●甘い物の食べ過ぎ
●運動不足
●冷え性
●便秘 etc..

今までアトピーの原因は色々と言われてきましたが、はっきりしてきませんでした。
皮膚に症状が出るから、皆アトピーが出ると皮膚科に行きました。
痒いし赤いしジュクジュクするしということで、何とかこの症状を抑えることに躍起になっていました。
でも、何も変わりません。
皮膚に原因がないからです。
 

アトピーと骨と免疫には深い関わりがある

アトピーくらぶれのあが、アトピーと骨の関係性を知ったのは2001年6月7日のことでした。
それまでは食事や温めでアトピーの方の体質改善のお手伝いをしてきましたが、
ある時、代表の笛木の骨をレントゲンで見ていただきました。

すると、ある骨に大きく問題があったのです。
既にアトピー症状のない笛木でしたが、「アトピーだったんですね」と言い当てられました。
それから骨を丈夫にする取り組みをおこない、アトピーの方へ伝えてきました。

その後、300名のアトピーのお客様のレントゲン写真を提携医の元、撮ってきました。
皆さん同じように骨に問題を抱えていました。

日本皮膚科学会でもステロイド性骨粗しょう症の論文が発表されています。

日本皮膚科学会

アトピーくらぶれのあは、ステロイドを使用していなくてもアトピーの人は骨に問題があることを
レントゲンという経験から知っています。

そして2012年、「骨と免疫の夜明け」という記事を日経新聞に見つけました
東京大学の高柳教授の研究でした。
そして2015年高柳教授を会長とした「骨免疫学会」が発足しました。



日本骨免疫学会 理事長 2015年発足
東京大学大学院医学系研究科 免疫学 教授
高柳 広(たかやなぎひろし)氏

<骨の機能>
●ミネラル代謝
●造血
●免疫と骨の相互作用


そこには免疫と骨の相互作用とあります。
アトピーくらぶれのあが、長年追い求めてきた事実が世の中でも認識されるようになった瞬間でした。
お客様に丈夫な骨作りのためにカルシウムの摂取をお伝えするようになってから、すでに14年の月日が流れていました。
 

骨作りは、身体の土台作り

骨作りを取り入れてから、なかなか改善できなかったお客様も改善できるようになってきました。

カルシウムは骨と歯を作る大切な無機質として誰にも必要と知られていますが、
その他にも生命活動を支える重要な働きをしています。

厚生労働省では、「日本人の食事摂取基準」(2005年)において、生活習慣の予防に重点を置き、
増やすべき栄養素としてカルシウムを成人600mgとしました。
しかし国民栄養調査では、十分なカルシウム量を摂取できていないことが分かりました。

アトピーも生活習慣病の一つだとれのあは捉えています。

アトピーの方に特に関係するカルシウムの活動は、

  • 傷の治癒力
  • 免疫力
  • ホルモン分泌の調整

などです。

骨は身体の土台です。
根本から身体を丈夫にしていくために、骨の建て直しから行います。
きちんとカルシウムを摂取し、丈夫な骨作りをしていくことが、きれいな皮膚作りをしていく基本です。
カルシウムが、毎日毎日一定量身体に入ってこないと、正しいカルシウム代謝ができあがりません。

れのあ式が骨作りを取り入れてから、改善された後に繰り返しアトピーを発症する事例が減り、
食だけでは改善できなかった重度のアトピーさんも元気になってきました。

これは、根本的に基礎から改善した結果だと思われます。

(文中引用:神戸大学教授 医学博士 藤田拓男著『カルシウムのすべて』)
 

骨の成長に影響を及ぼすステロイド

骨は破骨増骨を繰り返し、新陳代謝します。
ステロイドを長期間使用すると、骨芽細胞が抑制されます。
アトピーの慢性的な炎症は、破骨細胞を活性化させます。

このように現代人の生活は、骨が十分に成長できる環境がございません。

子供の骨は、小さくて未熟です。
アトピーはそんな時代の症状でした。
決して昔は病気ではありませんでした。
あせものひどいものと思っていただいても良いくらいです。

やがて成人し、骨が丈夫になるとともに、一人前の免疫力がついてくれば自然と消えていく症状でした。
ですから、昔の医者は「生理がくれば治るよ」と言っていました。

しかし医療が身近になった現代人は、病院に行き、薬局で薬を求め、外側からの簡単なケアばかり施そうとするあまり、治らないアトピーを作り上げていくのです。
 

カルシウム不足の現代人

アトピーは元々子供の病気でした

医学書にはじめにアトピーという病名が載ったのは、幼児性アトピーです。
すなわち骨が丈夫になる前の病気です。

しかし最近では成人性アトピーもあります。
これは大人になっても骨が丈夫になっていないことを表しています。
骨は十分なカルシウムを摂取して成長していきます。
現代は、そのカルシウムが口から入ってこなくなったのです。なぜでしょうか?

現代人はなぜカルシウム不足なのでしょう?

ひじき、ゴマ、大根葉昔の日本人は、ひじき・ゴマ・小松菜・大根の葉・小魚などからカルシウムを摂取していました。
日本は火山国のため元々カルシウム含有率が低い土壌です。
そこへ近代的な農法や化学肥料の乱用により、作物自体が昔と比べてずっと栄養価の低い食品になっています。
野菜や果物が栄養失調になったことで、私たちも栄養失調になったのです。

その上、インスタント食品やレトルト食品などの加工食品には、リン酸塩などの添加物が使用されています。
これらの添加物を多く取りすぎるとカルシウムの吸収が阻害されるだけでなく、化学物質を体外に排出するためにも多くのカルシウムが使われてしまいます。

 

牛乳のカルシウムで骨作りは出来る?

乳製品昭和30年代頃から私たちの骨は牛乳カルシウム神話で作られてきました。
元来、日本人は牛乳でカルシウムを摂取してきた人種ではありません。

しかし牛乳は学校給食にまで登場し、強い骨は牛乳から作られると国の指導が入りました。
たしかに牛乳をはじめとする乳製品にはカルシウムは豊富に含まれていますが、日本人は牛乳を分解する酵素を持ち合わせていません。
分解できない物は吸収されないので、栄養にはなりません。

またその他にも乳脂肪や乳糖やカゼインの害があります。
分解できなかった乳製品は腸に宿便として残ったり、身体を冷やし、リッキーガット症候群(※注1)の心配もありアレルギーをお持ちのお子さんには大敵です。

特に最近の牛乳はホルモン注射で育てられたり、妊娠中から搾乳されたりと、自然な牛乳とはもはや言えない飲み物になっています。

(※注1)リッキーガット症候群・・・腸の壁(腸壁)に穴が開いてしまい、毒素・細菌・未消化の食べ物などが血液中に侵入してしまうことを言います。

 

カルシウムサプリを活用し、丈夫な骨を作る

食事だけでは骨を丈夫に出来ない現代

骨は身体の根っこです。
既にお分かりのように、骨と免疫には深い関係があります。
そしてアトピーは免疫疾患です。
丈夫な骨を作っていくことが、アトピー改善に欠かせないセオリーです。

現代は、もはや食事だけで骨を丈夫にすることが困難な状況にあります。
そこでサプリメントの力を借りてしっかりとした骨を作っていきます。
レントゲンで確認してきた、しっかりと骨になる実績のあるアラゴナイトカルシウムをおすすめします。

骨まで届かないカルシウムサプリがある

世の中には非常にたくさんのカルシウム補助食品が市販されています。
その多くが活性化した「イオン化」カルシウムです。
「イオン化」カルシウムは、摂取すると血液中のカルシウム濃度を急激に高め、せっかく摂取しても骨まで到達しないばかりか、カルシウムパラドックスを引き起こす要因にもなります。

カルシウムパラドックスとは、カルシウムが不足しているにも関わらず、脳や血管にカルシウムがどんどん増えてしまう現象をいいます。
どういうことなのでしょう?
カルシウム不足の状態が長く続くと、いつも骨から過剰なカルシウムが溶かしだされ、無理やり細胞にカルシウムを多く取り込んでしまい、行き場がなくなったカルシウムは入ってはいけない血管や脳、軟骨や色々な細胞の中に入り込んで沈着してしまいます。

骨まで届くアラゴナイトカルシウム

カルシウムパラドックスの状態にならないように、ゆっくり体内に吸収される「非イオン化」カルシウムをおすすめします。
「非イオン化」カルシウムとは、食品では、ひじき・小松菜・大根の葉・ゴマ・小魚などがそれに当たります。
血液中のカルシウム濃度がゆっくり上がるので、実は安心なのです。
体内に石がたまる心配もありません。
体内でカルシウムを利用するスピードに合わせて必要な分をゆっくりと吸収していく「非イオン化」カルシウムとは、前述した食べ物や、アラゴナイトカルシウムがそれに当たります。
れのあのアラゴナイトカルシウムは、化石である太古のニシキ貝(アラゴナイト)を主原料としています。

毎日コツコツ骨作りをしていくことは、遠回りのようで実は改善への近道になります。
体の土台である骨をしっかり作っていくことで、健康で丈夫な皮膚に出逢えていきます。

またカルシウムを飲まれても、なかなか成果の出ない方は、「糖鎖」と同時に飲まれることをおすすめします。
糖鎖は、カルシウムの吸収アップにも役立ちます。
アラゴナイトカルシウム

 

アラゴナイトカルシウムの飲み方

アラゴナイトカルシウム

健康維持のために飲まれる方 1日3粒
生活習慣や健康が気になる方
(積極的に飲まれる方)
1日6粒
アトピーを積極的に改善したい方 1日9粒~12粒
小学生以上のお子様 1日3粒まで
※1粒から始めてください。
小学生以下のお子様 1日1/2粒(半量)まで
※カプセルから粉を出して、耳かき1~2杯から始めてください。
授乳中の赤ちゃん お母さんが飲んで、母乳から栄養を与えてください。
【注意事項】 一度にたくさん飲むとお腹が緩くなる場合があります。
その場合は、1回に飲む量を減らして、何回かに分けてお飲みください。

まずは3ヶ月間、まずはしっかりお飲みください。

約3ヶ月後、皮膚に改善が見られましたら、カルシウムの摂取量を減らしてください。

ほとんどアトピーが消えたら、以後はカルシウムの摂取を完全に止めるのではなく、
健康維持と、繰り返しアトピーにならないよう、少量を飲み続けましょう。

炎症がひどい時は、傷の修復のためにカルシウムが消費されますので、
その時はしっかり飲み続けてください。

※ アラゴナイトカルシウムは摂取量の30%が吸収すると言われています。
吸収を助けるために、運動したり日光浴をしたり(ビタミンD)、添加物を避けてください。

※ 50歳以上、または閉経された方は積極的にお飲みください。

※ カルシウムの摂取を始めて、半年経っても大きな変化が起きない方は、カルシウムを「吸収する力」に問題があると思います。LINE@相談室にご相談ください。

 
 

【無料】笛木紀子のアトピー改善・メール講座

8日間連続で1テーマずつ、アトピー改善法の基本についてお伝えします。

は必須項目です。

【ご登録フォーム】笛木紀子のアトピー改善・メール講座 全8回
  (例)日本
名  (例)花子
メールアドレス  (例)nihon@example.co.jp

 

【有料】<動画で学ぶ>アトピー改善の基礎セミナー

はじめての方からベテランさんまで。アトピー改善に必要な幅広い内容をお伝えします。
どのような食事が良いのか、どのような食事を避けたほうがよいのか。
また、アトピーと骨の関係、酸化、糖鎖の働きなどをお伝えします。
詳しくはこちらから → 笛木紀子の<動画で学ぶ>アトピー改善の基礎セミナー(1時間22分 3,000円税別)
笛木紀子のアトピー改善の基礎セミナー