アトピー

がんばる105歳

職場の高齢者施設で生活している、105歳の方が、昨年の秋頃、急に食事を食べなくなりました

 

気丈な方で、お粥や刻んだ軟らかい食べものは嫌だと言い、食べさせてもらうことも、首を振って嫌がりました

 

でも、何か食べてもらいたくて、何か飲んでもらいたくて

 

好きな果物なら食べるかな
好きなお寿司なら食べるかな
みかんと、マグロは、食べたよ
小さなお饅頭を食べたよ
あれを食べた、これを飲んだ…
今日は美味しいと言ったよ

 

ろうそくの炎を命と例えたら、その炎は細く細く、何かの拍子にっと消えてしまいそうなことを、誰もがわかっていました
105歳の炎です、もう十分であろうこともわかっていました

 

食事の時間になると、いつも隣に誰かが座って、声をかけていまし
気丈なその方がお口を開けて、私たちがお手伝いするスプーンを、受け入れてくれる様になっていました

 

嬉しいような寂しいような、時間がゆっくりと経過していきました

 

新しい年を迎える頃、また、ご自分で食事を食べられるようになりました

 

生のみかんより、缶詰めのみかんを好むようになりました

 

ご飯の粒よりも、粒のないムース状のお粥を好むようになりました

 

ゼリーなんて大嫌いだったけれど、今は美味しいとおっしゃっいま

 

105歳の秋、食べられなくなったのは、食べられるものが変わったからでした

 

生命力の強さに驚き、励まされています

 

身寄りがないその方は、ここにいるみんなが家族だと言います

 

職員はその方より、みんな年下だけれど、おとうさん、おかあさんと、親しみを込めて呼ばれています

 

長生きの秘訣は何ですか?と尋ねると
何でも食べること」(←と言うけれど、実際は好き嫌いがけっこうある)

 

みんなに感謝すること」(要望も多いけれど、ありがとうを何度も言っている)

 

こういう気持ちで、生きることが大切なのだと、教えてもらっています

たくさん食べても栄養失調

美味しい物をいっぱい食べて

 

みんな栄養が行き渡っていると勘違いしている

 

飢えていない
痩せこけていない
手足が細くてお腹がポッコリしていない

 

だからなかなか現実に気づかない

 

でももしアトピーがずっと治らなかったら
ちょっと耳を貸してください

 

昨日食べた物
糖質が多くないですか?

 


↑これはれのあの食事

 

パンにご飯にパスタにピザにお蕎麦にうどん
糖質はケーキだけではございません

 

実は

 

現代人はカロリーオーバーの栄養不足なのです

 

もちろん私も例外ではありません

 

さらに運動不足です

 

アトピーの人たちと過ごし32年

 

病気を治すためにはつくづく良質な栄養が必要だと痛感しています

 

良質な栄養ってどこにあるんだろう?

 

 

必死で探しに行くようですよね

 

そして見つけた時は大騒ぎするのに
いつしかまた元の生活に戻ってしまう

 

それが現実だし普通のこと

 

1933年にアトピーという病名はできましたから
完全な現代病です

 

 

私たちはよく考えれば自分が摂取した栄養で生きています

 

その食べ物に栄養がなかったら身体に栄養があるはずがありません

 

 

そして食べた物をしっかり吸収できる腸さえおかしくなっている

 

栄養がない身体は果たして元気になっていくでしょうか?

 

そこに気づいたら逆のことをしてみませんか?

 

糖質の少ない食事
よく噛む
腸の調子を気にする

 

大事な事だと思います
結局毎日の積み重ねが大事なのですね

 

音声講座・アトピー改善の基礎セミナー
↑笛木紀子のアトピー改善のための知識と情報をまるごと収録↑


アトピー改善のプロになりたい方はこちら↓
http://www.renoa.co.jp/pro-course/

風邪やインフルエンザ

職場の高齢者施設では、お正月休みが明けた頃から、風邪やインフルエンザが流行りはじめました

 

わたしも、風邪の症状があり、悪化しないよう、気合いを入れて過ごしております

 

と言って、気合いだけで治れば楽ちんなのですが、そうともいかないわけでして

 

粗食にして、味噌と葱で温まり、鼻うがいでヌメヌメを排出し、腹巻きしたり、水素風呂で温まる
梅干しを入れたお茶は、のどをさわやかにしてくれる

 

風邪をひいて、鼻呼吸がツライ今、寝る前に鼻うがいをすると、スッーと空気の通り道が出来て、鼻呼吸が楽になることを実感しています

 

風邪の原因、食べ過ぎ飲み過ぎ、免疫力の低下

 

年明け早々のデトックスでスッキリしたら、また今年も元気に、お年寄りのそばでお仕事を頑張っていきます!

 

その為に、免疫力のアップを目指しまーす!

心が落ち着いた言葉

~ガンの辞典より引用~

 

ガンという病気になったことは手放しで喜べなくとも、それをきっかけに青空を取り戻し、あなたの本当の人生の物語を進めていくだけで、あなたの周囲を幸せな気持ちにします。

 

もし、親や環境から受けた心の負の遺産があり、ガンがそれに気づかせてくれたなら、負の連鎖を断ち切るチャンスです。あなたで止めることができれば、次世代へのプレゼントになります。

 

より良い社会は、制度を変え環境を整えることだけで実現されるのではありません。ひとり一人が、自分の青空で生きると、世の中はもっと素晴らしくなっていきます。

 

この世は愛に充ちている。
人生は美しい。

 

~引用おわり~

 

ふと、書き留めておいた言葉です

 

昨年末、職場の先輩が乳ガン治療のため、休職することを発表されました

 

先輩を応援する気持ちと、過去の自分を負の思い出として思い出し、どうしようもない気持ちになり、そんな自分にガッカリした

 

そんな時、書き留めていた言葉を読んで、スッーと心のざわざわしたものが治まった

 

そうだ、わたしはわたしを生きているのだ

 

休職前に先輩と話をする機会があって、過去の乳ガン治療の経験を話しました

 

そして、先輩から
とても励まされたよ、話せて良かったと言葉をいただいた

 

あの時、頑張ったこと
あの時、諦めなかったこと
あの時の悔しさ、痛み、恥じた自分の過去が、励ましに変わっていた

 

経験を生かすとは、こういうことなのだろう

 

私事ですが、2度目の結婚記念日を迎え、結婚生活3年目になりました

 

助け合いながら、毎日を暮らしています

 

乳ガンとアトピーを経験し、体質改善に取り組む中で、はじめはずっと隣の人の青空をうらやみ追いかけていました

 

今は、少しずつ自分の青空を見つめ、自分の真上を見上げられるようになりました
隣をうらやむ気持ちも出るけれど、それも良し

 

この世は愛に充ちていて、人生は美しいです

新年の抱負を立ててみませんか

2019年も、どうぞよろしくお願いいたします

 

お屠蘇にお餅におせちにと満たされたお腹は皮膚を干渉していませんか?
そろそろ日常の節制生活に戻りたいものですね

 

そのためにも新年らしく
そうせっかく新年ですから
あと何回迎えることができるやら
などと考える年にもなり
それでも新年はなぜか晴れやかな気持ちなので

 

 

抱負でも立ててみませんか?

 

行き先を持たずに旅に出る人もいますが
大抵の場合、行き先を決めて準備をして出発するものです

 

ナビを確認しながら目的地をめざしますが
その目的地が目標ではないでしょうか?

 

今年は顔のアトピーはさよならする
便秘は解消する
骨を丈夫にする
ケーキは一日1個にする

 

目標を立てたならおのずと生活の仕方も変わってくるはずです

 

新しい年は気持ちを入れ替えやすい雰囲気があります

 

その雰囲気を十分に活用して自分を励まし前進してみませんか?

 

進んでいく中で違うなぁと思ったら
いくらでも方向転換していいのです

 

私など方向転換だらけです

 

そして暮れを迎えた時
いい年だったなぁと思える一年にしたいですね

 

アトピーくらぶれのあが皆さんのお手伝いをできたら嬉しいです

 

33年目に入りました

 

ますます充実した一年を作っていきたいと思います

 

本年もどうぞよろしくお願いいたします

 

 

↓赤ちゃんのような透明感のある素肌美をつくりたい方へ↓

パソコンの方はこちらから

 

音声講座・アトピー改善の基礎セミナー
↑笛木紀子のアトピー改善のための知識と情報をまるごと収録↑


アトピー改善のプロになりたい方はこちら↓
http://www.renoa.co.jp/pro-course/