アトピー

胃腸炎になりました②

胃腸炎が回復してきたとき
無性に「断捨離」に目覚めました

 

家にいて、長い時間寝ていたら、うつらうつらとした起きがけの、夢の中のような状態のとき

 

あそこの箱の中身をあっちの箱へ移したら
あの場所にスペースが出来る
スッキリするよ…とお告げがありました

 

もう着ないし使わないだろうに、捨てられなかった服や小物をまとめて処分することにしました

 

「断捨離」

 

胃腸炎から回復して、少しずつ食べられるようになり、今は食欲もしっかり戻りました

 

カラダも、心も、タンスの中も
少しの隙間があるのは、気持ちが良いなぁと感じています

 

隙間は、もので埋めたり、食べもので埋めたり、思い出が埋めてくれたり
埋めても良いし、埋めなくても良い

 

埋めても埋めなくても
自分次第でした
自分のこれからの生活
生き方は、隙間を埋めることよりも、隙間を保つ工夫を考えてスッキリ生きよう♪

胃腸炎になりました

年末年始のお休み明け、しばらくしたとき、夫の胃腸炎がうつりました

 

うつらないように、気にはしていたのですが、ダメでしたね…

 

吐き気があり、数日は、飲まず食わずでした

 

症状が落ち着いた週末、れのあへ行く日でした
プラズマコースもデトックスのお部屋も、弱っていた心とからだに染み渡りました

 

自宅に帰って、プラズマ水のお風呂は、お湯がいつもよりも、まろやかに感じて、本当に気持ちがよかったです

 

年明け早々、お仕事を休み、のんびりしたはじまりになりました

 

病んで思ったのは、基礎体力が大事!
筋力トレーニングを日常生活の中でやる!
スクワット1日100回と歩くこと!

 

基礎体力をつけることは、病を除けることに繋がり、これからも長く働く原動力になります

 

それから、わたしは家にいるのが好きだなと認識しました

 

通勤時間を今の半分に短縮して、生活する自分の時間をもう少しつくりたい

 

生活の拠点を変える、引っ越しについて、今年は夫婦で取り組もうと思います!

風邪やインフルエンザ

職場の高齢者施設では
お正月休みが明けた頃から
風邪やインフルエンザが流行りはじめました

 

わたしも、風邪の症状があり
悪化しないよう、気合いを入れて過ごしております

 

と言って、気合いだけで治れば楽ちんなのですが、そうともいかないわけでして

 

粗食にして、味噌と葱で温まり、鼻うがいでヌメヌメを排出し、腹巻きしたり、水素風呂で温まる
梅干しを入れたお茶は、のどをさわやかにしてくれる

 

風邪をひいて、鼻呼吸がツライ今、寝る前に鼻うがいをすると、スッーと空気の通り道が出来て、鼻呼吸が楽になることを実感しています

 

風邪の原因、食べ過ぎ飲み過ぎ、免疫力の低下

 

年明け早々のデトックスでスッキリしたら、また今年も元気に、お年寄りのそばでお仕事を頑張っていきます!

 

その為に、免疫力のアップを目指しまーす!

 

↑昨年の年明けに書いたブログ記事です
初心に戻り、今年もがんばります

ゆっくり、はじめます

年度はじめの4月から
朝の通勤経路を変えて
歩く時間を増やしていました

 

9ヶ月経過して
歩いていた効果を感じています

 

昨年やその前の年も
年末年始の少し長いお休みの後
いつもの通勤電車やバス
仕事に戻ると
体力がないことを痛感し
普通に戻すことに苦労しました

 

今年の仕事はじめ
いつものように
朝の通勤で
山道の階段をあがるとき

 

久しぶりだから
スゴくキツく感じるかなと
覚悟しました

 

ゆっくり ゆっくり
階段をあがりました

地面の落ち葉が
かっさかさに乾燥しています

 

ゆっくり ゆっくり
一歩 一歩 踏み出すと

 

息切れしなくて
上まであがれました

 

息を切らして
途中休憩しながら
早くあがることもできるけど

 

ゆっくり ゆっくり
自分のペースを守って
おわりまで信じる

 

ゆっくり 景色を楽しむ
ゆっくり 周りをよく見る
ゆっくり 答えを出す

 

今年はこれでいこう!

今年の検診も無事におわりました

わたしは、2度、乳癌手術の経験があります

 

2度目は5年前
1度目は10年前でした

 

1度目の後、はじめの1年は、胸の検診を受けていたけれど、検査に行くことが怖くて、やめました

 

2度目の乳癌に気が付いたのは、自分で触診をしたときでした

 

2度目の乳癌の後からは、年に1度、胸の検査を受けています

 

夫と結婚したとき、検査へ行くことを相変わらずビビっていたら、不思議そうにしていました

 

「結果を悪いと自分で決めちゃっているから、怖いんだろうなぁ」
「何もないって思って、行ってごらん、何もないんだからさ」

 

あぁ、そうかと思いました

 

わたしは、自分でいちばん嫌な結果を想像して、そうなったとき「ねっ、やっぱりそうだったでしょ」
って、思えるように、心構えをしていることに気が付いて、ハッとしました

 

そういうやり方はやめよう

 

大丈夫を積み重ねていって、安心しよう

 

いつもは
○月○日○時 検査予約

 

日付と時間を気に掛けて、数週間前から、どきどきして、数日前は、からだの具合が悪くなることもありました

 

それが、今年は、検査の時間をすっかり忘れていることを思い出して、前日に病院へ確認しました

 

「明日の検査予約、何時でしたっけ??」

 

実際、検査受けて、待合室で診断を待っている間は、ウンチもよく出ているし、大丈夫と思いつつ、ホントに大丈夫かなぁ…不安な気持ちになりました

 

診察室に入って
「異常所見なし」
医師からの言葉を聞いて、もの凄くホッとしました

 

夫と結婚してから、検査に行って、何もないことを確認するのも大事だなと思っています

 

読んでいただきありがとうございます
今年、さいごのブログになりました

 

人生は選択の日々です
その選択した結果が、今の自分なのだと、つくづく思う年になりました

 

今が良くないと思うとき、別の選択をする事があるけれど、今を継続することも選択した答えの1つです

 

でも、知らないことは選択できません
だから、行動すること、学ぶことは、とても大切だと思っています

 

年末年始は、家族と大切な時間を過ごします
暖かな時間、楽しみです

 

では、今年もありがとうございました
よいお年をお迎えください\(^o^)/