アトピー

「コアのお水」はアトピー改善の心強い味方【動画追加】

れのあのお客様から大絶賛されている「コア」のご紹介

コアとは、お水を作る装置のこと!
コアで作ったお水は美味しいだけじゃなく、すごいパワーがあるんです!

 

コアのお水
れのあでは、お水は塩素を不活性化し、水素や酸素を多く含む還元電子水「コアのお水」をおすすめしています。

活水器「コアのお水」は半永久的に使えて経済的です。
しかもメンテナンスフリー。

蛇口タイプとシャワーヘッドタイプ、浄水タイプ、
回転エネルギー水(ぐるぐるコア)タイプがあります。

 

世界5ヶ国で特許を取得した「コアのお水」

「コアのお水」は、世界5ヶ国で特許を取得済みです。
日本国特許 第4063768号 2008年11月。
その他、韓国、中国、米国、オーストラリア国にて取得済みです。

また、社団法人・日本水道協会(JWWA)、米国水質協会(WQA)の認証を受けています。
※名称としては「液体処理装置と処理済み液体の生産方法」として特許を取得。水を量子水に変換する技術も特許を取得。
 
 

「コアのお水」はアトピー改善の心強い味方

塩素を不活性化し、まろやかで美味しい飲み水に変化

水道水をコアに通すと、塩素臭やカルキ臭が和らぎ、柔らかく美味しいお水になります。
水道水に含まれるチリやごみは、浄水器を併用し除去してください。
 

コアのお水に浸けると、食品がイキイキ元気に

調理する前に

コアに浸けた野菜と肉

食品の腐敗は菌の繁殖から起こります。

4回通したコアのお水に野菜を浸けると、
農薬の害が抜けて、電子が入ります。

コアにつけると細胞がイキイキして、食品自体が元気になります。

【浸水時間の目安】
・野菜・・・1時間
・魚、貝・・・4時間(冷蔵庫保管)

 

デトックスが進む「コアのお水」

飲んだ後も、体内で徐々に水素を発生

コアのお水コアに通したお水は10%の水素が発生します。
そして飲んだ後も、体内で水素を発生し続けます。
摂取して48時間後、一番水素が発生します。

日常、電子を奪う物質は「活性酸素」です。
そして私たちの身体の中のあちこちに酸化物はあります。
例えば癌という酸化物は、どんな人も毎日体内で作られています。
コアのお水は、有害な活性酸素と随時結びつき、無毒化し、水になって排泄されます。
そのためコア水を飲むと尿が近くなります。デトックスが進みます。
そして元気になっていきます。
 

分子量が小さい

コアのお水は分子量が小さいため、飲んでも排泄しやすいお水になります。
 

まだまだある!元気なからだ作りに役立つ「コアのお水」

腸内環境の活性化

コアのお水は、乳酸菌の働きを助けることから腸内の環境にも優れています。
食べ過ぎた時や胃腸の調子が良くない時は、コアのお水を飲んでください。
飲む乳酸菌」と一緒に飲むとより効果的です。
 

副交感神経の活性化

10回以上通したコアのお水は、胃の働きを活性化しますので消化に役立ちます。
よく消化された食べ物は、小腸壁から吸収しやすくなりますのでアレルゲンになりにくくなります。
 

塩素を不活性化する「コアのお水」で安心な入浴タイム

コアのシャワーヘッド日本の水道水の塩素含有量の高さは世界に類を見ません。
アトピー・アレルギーの方に塩素は大敵です。
コアは塩素を不活性化します。(除去ではありません)
アトピーが全身にある時は、シャワーヘッドを通して湯船の水を溜めてください。塩素のピリピリ感が緩和されます。
 

美肌・黒ずみ・シミ対策にも「コアのお水」

アトピーさんの皮膚の黒ずみやシミは、酸化現象の一つです。
コアのお水に含まれる水素(マイナス電子)で防ぎましょう。

角質が取れてツルツルお肌

コアのお水は界面活性力があるので、毎日の洗顔に使うと老化角質を取ってくれます。
その結果、新陳代謝が良くなるのでシミにもなりにくくなります。
レノリアシリーズのパックと併用するとより効果的です。
 

お肌に水分補給

お肌のカサカサがミストだけで改善しない時は、コアを10回通したお水を始めに皮膚にかけてからミストを吹きかけてください。ミスト単独で使用する時より保湿力が増します。
10回通したコアは、ガラスやステンレスの入れ物に入れて3日間は効果を持続します。
 

地球にも優しくエコな「コアのお水」

洗剤の使用量が減る

軽い汚れでしたら、コアの界面活性力で落とせますので、洗剤の使用量が減ります。
 

ガスの利用時間が減る

水温の上昇が早いのでお水を沸かす時(お風呂など)などは経済的です。
コアを水道の元に着けたお水と水道水を比較した実験によると、ガスの利用時間が約5.3%ほど減りました。
 

キッチンや排水管の衛生化

シンクに菌が繁殖しないため、匂いや汚れが付きにくく衛生的です。
給水の水道管に赤錆が減り、排水管の臭いが少なくなり、汚れがつきにくくなります。
 

コアの基本的な使い方

お水を通す

コアのお水コアは六角形のステンレスで出来ています。
世界数カ国で特許を取得している技術が、たくさんの効果を生んでいます。

ここにお水を1度通すことを、1回通しと呼び、10回とは繰り返し10回通していくことです。
1回通しのお水と10回通しのお水を飲み比べてみると、違いがよく分かります。

このようにコアにお水を通すだけで様々な変化が生まれるこのお水は、世界中で評価されています。
日本・アメリカ・中国・韓国で特許を取得しているコアのお水は、様々なところで注目されています。NASAも注目しているお水です。
 
 

コアのお水の様々なデータ資料

 

静菌検査

大腸菌、レジオネラ菌、黄色ブドウ球菌、サルモネラ菌、ノロウィルス(擬似)について試験された結果、24時間後にはすべてにおいて「検出せず」という脅威の結果を出しています。
更にはMRSAなどにも静菌作用があることが分かってきました。

コアのお水静菌テスト
 

胃に優しいコアのお水

GVNA(胃副交感神経)の数値コアに通したお水は、胃の副交感神経を活性化させますので、胃に優しいです。
10回通すとかなり活性化されています。

 

お肉やお魚はコアに浸けましょう

冷凍塩ますの切り身を水で解凍した時の拡大写真お肉やお魚はコアに4時間浸けます。
細胞膜が壊れず、美味しくいただけます!
冷凍のお肉やお魚をいただく時は、コアのお水で解凍していただきましょう。
水道水の場合は、細胞膜が壊れて隙間ができていますが、コアの場合は、壊れていないことがわかります。

 

しじみの砂抜きのお水をコアにしましょう

遊離アミノ酸(17種)総量の比較コアのお水で砂抜きしたしじみは、アミノ酸の量が増えています。旨み成分のグルタミン酸、グリシン、アラニンなどが増え、味をより美味しくしています。

 
【増加しているアミノ酸群】
■体にとって良い効果を期待(アスパラギン酸)→ 細胞の代謝を活性化
■女性に朗報(プロリン)→ 皮膚細胞増殖促進効果、コラーゲン合成促進作用、角質保湿作用
■肝機能改善効果に期待(アラニン)→ 肝機能活性化作用
 
 

スタッフの体験談「ぐるぐるコア」

「解毒が進んでむくみが一気にとれた!」

食中毒がきっかけとなり、内臓の働きが悪くなりました。
尿が出なくなり、一晩で顔がパンパンに浮腫みアトピーもでました。
「ヘキサゴン30 れのあ量子水(通称:ぐるぐるコア)」を1,500回回して飲んだ結果、尿が大量にでてが解毒が一気に進み、むくみが取れ、肌も落ち着いた実例です。
改善までに1年はかかる見込みでしたが3日で楽になりました。



 
 

 
 

笛木 紀子(ふえき のりこ):株式会社レノアコーポレーション 代表、アトピーくらぶ・れのあ 所長アトピーくらぶ れのあ 代表 笛木紀子(ふえきのりこ)

<出版物>
●アトピーっ子の安心ごはん
●自分の力でアトピーが消えた!
●アトピーを脱いで本当の自分に出逢う

株式会社レノアコーポレーション
東京都町田市高ヶ坂1-1-22
電話:042-726-1107

 
 

▼アトピー改善法についての記事はこちらから → 「34年間アトピーだけを追求。改善に必要な5つのこと
▼れのあ式についての記事はこちらから → 「元の皮膚より美しくを目指す「5つのれのあ式」
▼水素(水素風呂など)についての記事はこちらから → 「水素でアトピー対策!簡単に出来るセルフケア
▼スキンケアについての記事はこちらから → 「【スキンケア方法】アトピーの状態によって使い分けよう
▼食事についての記事はこちらから → 「アトピー改善のために摂ってほしい食事・摂ってほしくない食事
▼カルシウムについての記事はこちらから → 「アトピー改善のための免疫アップに欠かせない骨作り
▼赤ちゃんについての記事はこちらから → 「赤ちゃんがアトピー。本来のツルピカお肌に戻るためのポイント9つ

 

はじめての方におすすめ。
アトピー改善に役立つ「無料WEB会員登録」

アトピー改善に役立つ「無料WEB会員登録」

 

宇宙飛行士のアドバイス ~自宅待機のコツ~

自宅待機を乗り切るコツ
国際宇宙ステーション(ISS)で204日過ごした宇宙飛行士がアドバイス
3/30(月) 14:35配信
引用

 

今や世界中の国々で、人々は自宅待機や外出の自粛を求められる前例のない事態を迎えている。限られた空間の中で社会から孤立する生活に戸惑う人も少なくない。そこで国際宇宙ステーション(ISS)で言わば究極の孤立生活を体験した宇宙飛行士が、「社会的距離」を保つコツをアドバイス。

 

宇宙飛行士ニック・ヘイグ氏は国際宇宙ステーション(ISS)で204日間を過ごし、地球上の軌道を3000回以上周回したのち、昨年末米国に戻った。現在はテキサス州ヒューストンの自宅で家族と過ごしている。

 

ヘイグ氏は自身が宇宙で経験した究極の孤立生活が、今地球上で求められる「社会的距離」を保つのに役立つと話す。

 

単純なことだ。毎日のルーチンをすること。予定を組んでそれを守ること。そうすれば家族が1日のうちに何があるのかわかる。1日の過ごし方をコントロールして、はっきりしていれば気分を大いに改善できる。

 

大切なことは自分自身を管理することだ。あらゆる事態に備えるべく、元気を取り戻すことは何か考えてみる。

 

私の場合、自分の身の回りの日常から逃げ出すことだ。具体的には映画を見て気分転換することであったり、誰かとのつながりを求めることも大切だ。

 

家族や友人とテレビ電話をしたり、仕事のプロジェクトに取り組んだり。宇宙にいたときは息子たちとビデオチャットをしながら、一緒にクロスワードパズルをしたよ」

 

ISSでの居住スペースは、クローゼットほどの大きさしかなかったと話すヘイグ氏。それに比べればテキサス州の自宅はずっと広いが、この前例のない事態を乗り切るため、彼はISSでの経験を現在の生活にいかしているという。

 

~引用おわり~

 

不安や心配になったとき、それならどうしようかと考える
たくさんある情報の中
自分にない経験をしてきた人達の言葉
勇気付けてもらえる人達の存在に励まされています

 

いろいろな人に会い、いろいろな世界を見てきた人達はたくましい

 

また、出掛けられるようになったときは、そういう人になりたいと思う

 

まずは今、乗りきることを模索していく

新聞より引用します

~新聞より引用~

 

江戸時代の医師、香月牛山に至言が残っている

 

《畏の一字を守り、頼の一字を去るべし》

 

おそれ慎む態度を守り、過信を捨てることが大切だという

 

『老人必要養草』農山漁村文化協会

 

この心構えは、今の医療現場の忙しさにも通じるものがあるだろう

 

新型コロナウイルスの患者が急増している
入院ベッドは足りるか
マスクや消毒薬は十分か
院内感染は発生していないか
緊張の連続に違いない
……引用おわり

 

実際の医療現場からの声
知識、良識のある方々の強い語り口
わかる人ほど、理解している人ほど、恐れている、恐れを知らせてくれている

 

それは、真実だから、やはり恐い

 

見えない嵐が過ぎ去るまで、外へ出ない、人に会わないことが今するべき事と思う

 

けれども、介護施設は、そこへ行かないと…。
トイレに行けない
食事を食べられない
お世話をする誰かがいないと、生きられない人達がいる

 

でも、自分自身のことも守らなければならない

 

お年寄りのお世話を続けられるのは、自分が感染せずに、しっかり生きていることである

 

まず、電車通勤をやめてみようと思う

 

車の中をしっかり殺菌して、車通勤へ変更してみようと思う

 

感染の恐怖を少し、なくせるだろうか…

 

正しく恐れることが、出来ているだろうか…

 

本当に、大変な世の中になりました

いちばん泣いた日

つい最近、どこかで聞いたのか読んだのか…心にとまった言葉です

 

「いちばん泣いた日が、いちばん味わい深い思い出になる」

 

いちばん泣いたと思っていた日を、思い出してみました

 

幼い頃、迷子になった日

 

中学、最後の試合に負けた日

 

部活を引退した日

 

卒業した日

 

失恋した日

 

祖母が亡くなった日

 

乳癌を告知された日

 

抗がん剤治療が辛かった日

 

髪が抜けた日

 

杉浦貴之さんのライブへ行った日

 

「大丈夫、大丈夫だよ」歌に救われた日

 

我慢をしていることに、気が付いた日

 

自由に生きるを覚悟した日

 

両親へ泣きながら自分をさらけ出した日

 

自分が情けなくて泣けた日

 

等々

 

いちばん辛かったはずのあの日が、今は、味わい深い思い出になっている

 

いちばん辛かったあの日があったから、今、生きている

 

2010年、12月、ガンサバイバーとして参加した、ホノルルマラソンの帰国の時

 

ホノルル空港で、飛行機の時間が少し遅れました

 

偶然、同じ場に居合わせていた、笛木さんとお話しが出来ました
いろいろなお話しをして、その時、心にとまった言葉です
たしか、こんな感じでした

 

「我慢しないで生きたら、もう、病気はやってこないよー」

 

誰にも、転機になる出来事があると思います
それは、何年も後になったときにわかるのですね
あぁ、あの時だったのだ

 

わたしは、大きな病気の経験があったから、いちいち大袈裟に考える癖がつきました
とても、心配性になりました

 

生きること、健康でいることは、運や偶然だけではない

 

運や偶然はお任せして、自分はどうにか出来ることを、やっていく

 

今、出来ること、やるべき事をコツコツと続けていきます

今年も咲いた、町田のサクラ

町田駅かられのあへ向かう通り道、今年も桜が開花していました

 

暖かい陽気の中、行き道の午前中に比べて、午後の帰り道に見たら、たくさん咲いていました
驚いて、パシャリと写真をとりました

 

桜越しの青空が、とても気持ちの良い日でした

 

こんな日は、いつもよりたくさん歩きたくなります
寒すぎなくて、暑すぎなくて、しかも、春のお花を眺めながら♪

 

電車に乗ると、手すりにつかまることを躊躇する
ガタンと揺れに、結局、慌ててつかまっている

 

大切なのは、免疫力
動いて、食べて、眠る

 

それと、ウイルス対策
つけない、持ち込まない
すごく意識をしている日々です

 

れのあで教わり、ずっとやってきたことが、免疫力の強化です

 

今をしっかり生きて
乗りきっていきます